漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『弱虫ペダル』最新話のネタバレ【541話】決着したインターハイ

投稿日:

渡辺航先生の『弱虫ペダル』は少年チャンピオンに連載中です。

 

『弱虫ペダル』前回(540話)のあらすじは・・・

 

インターハイ3日目の最終日。ゴール手前50m付近では坂道と山岳の熾烈なデットヒートが繰り広げられていた。ゴールが40m、30mと近づく程に観客、総北高校、箱根学院高校の応援にも熱が入る。ゴールの20m、10m手前まで肩を並べて走行する2人。激闘のレースの決着はそのわずか9mの間に決まった。先にゴールテープを切ったのは総北高校 小野田坂道だった。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

『弱虫ペダル』第541話のネタバレ&最新話

 

決着したインターハイ

インターハイ3日目の勝者がついに決まった。1着でゴールを迎えたのは、総北高校 小野田坂道。

 

ゴールした坂道は1着であることをアピールするかの様に左手を大きく挙げた。

 

その横では疲労と悔しさでうなだれる真波山岳の姿があった。

 

坂道らがゴールを切ったと同時に総北高校の総合優勝のアナウンスが響き渡った。

 

アナウンサー『2度目の頂』

 

『インターハイ総合優勝は今年も千葉 総北高校!!』

 

それと同時に周囲にいた観客らの驚きと賞賛の声が飛び交う。

 

観客A 『総北!!』

 

観客B 『すげぇ』

 

観客C 『最後のスプリントヤバかった!!』

 

総北高校のメンバーは坂道の方へ向かって走り出す。

 

総北メンバー 『小野田!!』『小野田さん』『小野田くん』『まって、幹』

 

箱根学園のメンバーは悔しさを堪える者、真波を心配して声をかける者がいた。

 

箱学メンバー 『真波!!』『真波さん!!』

 

それぞれの学校のメンバーの声掛けには目もくれず坂道と山岳はゴールのその先の道をひたすらにこぎ続けた。

 

 

全てを出し尽くした闘いのあとに

周囲の観客の賞賛、歓声が聞こえていない程我を忘れて必死に自転車をこぎ続ける坂道と山岳。

 

坂道 『ハァ』『ハァ』『ハァ』

 

山岳 『ハァ』『ハァ』『ハァ』

 

坂道 『ハァ』『ハァ』『ハァ』『ハァ』

 

山岳 『ハァ』『ハァ』『ハァ』『ハァ』『・・・』

 

息が整いだし、我に返った山岳が坂道に向かって話しかける

 

山岳 『皆…』

 

『大興奮だよ』

 

坂道 『ハァ』『ハァ』『ハァ』

 

山岳 『走っているときは、集中していて気がつかなかったよ』

 

山岳 『こんなに応援してくれる人がいたなんて』

 

坂道 『…うん』

 

『すごい声援… …だね……』

 

『ボクも、今気づいたよ…』

 

周囲の歓声を受けながら、ゆっくりと我に返っていく坂道。

 

坂道 『終わったんだね…』

 

『勝負が…』

 

『皆の3日間の… 全力の… 闘いが…』

 

これまでの箱根学園との闘い、真波との闘いを走馬灯のように思い返す坂道。

 

坂道の投げかけに清清しくも穏やかな表情で返答する山岳

 

山岳 『…うん 終わった』

 

『2度目の俺たちの勝負が』

 

その言葉に1度目のインターハイの記憶を思い出す坂道は思わず山岳に声を掛ける。

 

坂道 『こういうの変かもしれないけど…あの』

 

『ありがとう…真波くん』

 

山岳 『は ”ありがとう”? オレに?』

 

『オレはすげーくやしいんだけど?』

 

その言葉に青ざめた坂道は、先ほどの言葉を取り消すかのように謝罪する。

 

坂道 『あっ あっ わわ そ… だよね!! ごめ』

 

坂道の言葉をさえぎり山岳が話し出す。

 

山岳 『全開でやった 出せるものは出した』

 

『キミの方が少しだけ想いが強かったってことだ』

 

『今は後悔はないよ』

 

その言葉に山岳の気持ちを察した坂道。

 

山岳 『あの時こうすればって―――思いは 今年はない』

 

『スッキリしてるよ』

 

『あの空みたいに』

 

そういわれて見上げた山岳と坂道の目の前には大きな青空が広がっていた。

 

 

新たな闘いに向けた思い

体力の限界が2人に訪れフラフラと蛇足走行をしだした坂道と山岳。

 

山岳 『けど やっぱさ 最終ステージの最後での勝負てのはさ』

 

坂道 『やっぱプレッシャーがデカすぎるよね』

 

力尽きた坂道と山岳は自転車から雪崩落ち始める

 

山岳 『来年もし2人ともインハイ出れてやる機会があったら―――』

 

坂道 「…うん」

 

山岳 『初日の山岳賞にしよう』

 

坂道 『うん』

 

山岳 『去年の東堂さんと巻島さんみたいに』

 

その言葉を最後に2人は自転車に乗ったまま気を失い、お互いの体にもたれあった。

 

その光景を見た各学校のメンバーが心配そうに2人の名前を叫んだ。

 

総北メンバー 『小野田!!』

 

箱学メンバー 『真波さん!!』

 

 

『弱虫ペダル』第542話のネタバレ、最新話

ComingSoon

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.