漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

漫画『幼女戦記』第38話のネタバレ&最新話!ターニャの独白、甘さを捨てるグランツ

投稿日:

コンプエース連載中!

 

『幼女戦記』ストーリー

21世紀初頭の日本。徹底的な合理主義者でエリートサラリーマンであった主人公は、同僚の逆恨みで命を落とす。死後の世界、創造主を名乗る存在Xは主人公のリアリストな言動と無信仰を咎め、戦乱の世界で苦労して反省し信仰を取り戻させるとし、孤児の少女であるターニャ・デグレチャフとして別世界に転生させる。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらからどうぞ!アニメ版幼女戦記の視聴できます。

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

漫画『幼女戦記』第38話のネタバレ!

 

ターニャの独白

戦争で人は死ぬが、戦争以外でも人は死ぬ。

 

別に戦争だけが極限状態ではないのだ。

 

例えば日本における過労死や自殺。

 

そう、リストラした逆恨みで元部下にホームから突き落とされた人事担当とか。

正しい社会でレールの上に乗っていると思ったのに、本当のレールの上で殺されるとは馬鹿げた話だ。

 

さて、戦争では明確な敵がいるため、すべての死が戦争だからとまとめられてしまう。

 

なんという思考停止か。

 

神を詐称するあの邪悪な『存在X』は、そうやって常に己こそが超越者だと振舞う。

 

何という傲慢か。

 

だからアレーヌ市よ、私を恨むなよ。

 

引き金は国家理性が引くんだ、私じゃない。

 

 

ターニャ達の使命

帝国軍はアレーヌ市に潜伏するフランソワ共和国軍兵士に、無関係の一般市民を解放するよう要求していた。

 

それに対し、彼らは憤慨していた。

 

我々こそ解放されるべきだろうと。

 

いつの時代も、統制の取れていない民兵のやることは決まっている。

 

まともな軍隊と民兵は別物だ。

 

連中、自分たちだけでお得意の統括とやらをすればいいのに、善良な経済活動に従事しているだけの市民を巻き添えにするから救い難い。

 

 

ターニャ達はアレーヌ市上空でその様子を見ていた。アレーヌ市には敵兵しか残っていない。

 

やがてアレーヌ市で大規模な爆撃が始まる。

 

魔法で空を飛ぶ兵士。

 

火を噴く大砲。爆撃機による爆弾の投下。

 

建物が次から次へと燃えていく。

 

やがて街は業火に包まれ、人々はそれに巻き込まれていく。

 

 

『すでに敵の組織抵抗は排除した。作戦参加の各部隊は追撃戦に移行せよ』

 

ターニャ「ピクシー01了解。目標を願う」

 

追撃戦と司令部は言ったが、一体何を追撃するというのか。

 

この間、二〇三大隊は帝国臣民救助という名分のもと、混乱に乗じて共和国側の包囲を逃れた帝国の捕虜を奪還していた。

 

だが、これらが本来の任務となるのだという事を、二〇三大隊の熟練兵達が発する雰囲気が、これからおぞましい何かに加担するのだという事を如実に物語っていた。

 

司令部から命令が入る。

 

敵軍をみすみす逃すわけにはいかない。

 

殿軍を排除後、砲兵隊が再度掃射を行う予定だ。

 

二〇三大隊が命じられたのは、フランソワ共和国の魔導士たちの排除だ。

 

グランツ少尉は、ターニャの隣を飛べるという事に期待してしまった自身の愚かさを実感していた。

 

砲撃や火災から逃れる人々を守る魔導士たちである殿軍、彼らが文字通り掃討されたら、人々は…

 

 

甘さを捨てるグランツ

グランツ少尉はターニャに指揮の再考を求めたが、グランツ少尉に向けられる全員のただならぬ雰囲気に黙らされる。

 

ターニャは、グランツ少尉だって以前の戦いで既に敵兵を撃っている事を指摘し、もはやこの街には一般市民が一人もいない事を改めて言う。

 

ターニャ「自分のこの手を汚せというのか、とでも言いたげな顔だな少尉」

 

ターニャは自分も以前似たような二択を迫られたが、どちらを選択しても人は死んだと話す。

 

このアレーヌ市から敵対分子を排除し、一刻も早く鉄道網だけでも復旧させないと、結局様々な物資や人が犠牲になる。撃たねば撃たれるのだ。

 

ターニャ「どれ、手本を見せてやろう。よく見たまえグランツ少尉、こうだ」

 

ターニャは容赦なく打っていく。

 

だが、耐えられなくなったグランツ少尉はターニャの銃を持ち上げる。

 

そんなグランツ少尉をターニャは蹴り飛ばし、今の言動は見なかったことにしてやるから、銃を取れと言う。

 

 

ターニャ「仕事の時間だ」

 

ここに来てグランツ少尉はヴァイス中尉の言葉を思い出す。

 

『まずは自分が生き残る事を考えたまえ』

 

そう、まず自分が生き残り、二〇三大隊が生き残る事で、初めて大切な家族や人々が生き残るのだ。

 

まるでターニャが我々兵士を導く正しきレールだと思いながら、グランツ少尉も躊躇せずに撃ち始める。

 

 

 

漫画『幼女戦記』第39話のネタバレ!

ComingSoon

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.