漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

【私の少年】第24話ネタバレ&最新話!カラオケにいくまゆこと真修。そして聡子の気持ち。

投稿日:2018年11月22日 更新日:

ヤングマガジン連載中!

 

【私の少年】前回(23話)のあらすじは・・・

 

ついに自分の思いを口にした真修。

 

しかし、聡子から返ってきた答えは「大人として、あなたの気持ちに答えることはできない」というものだった。

 

二人の距離は、再び離れていってしまうのかーー?

 

最新話は「ヤングマガジン」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

【私の少年】第24話ネタバレ&最新話!

 

傷心の少年に訪れる朝

真友子からの「明日東京に行く」というメッセージで起きる真修。

 

 

傷心の真修は、10時間も寝ていた。

 

 

自室からリビングへ行くと、テーブルにはラップに包まれた食事が用意されており、

 

「狭山さんたちとお茶会いってきます。おばあちゃんより」

 

という書き置きが添えられていた。

 

 

“…明日から何しよう”

 

 

真修は再びベッドに横たわり、聡子を思い出していた。

 

 

すると、再び真友子から着信。

 

 

なんと、もう東京に着き、道に迷ってしまったというのだ。

 

 

真修に駅まで迎えに来てほしいという真友子に対し、

 

“…そんなの…さ聡子さんに頼れば…いいじゃないですか”

 

と言おうとするが、「聡子」という名を口に出すことすらちゅうちょしてしまう。

 

 

元気のない真修を気づかう真友子

結局、真修は駅へ行き、真友子と落ち合う。

 

 

会って早々弾丸トークで近況報告する真友子。

 

 

ひとしきり話し終わると、

 

「じゃっ、とりまココ壱いく?」

 

と唐突に誘った。

 

 

驚く真修に対し、

 

「だって、カレー食べたら元気なんない?真修くん元気ない気がするー」

 

と言い、クーポンがあったからと強引にカラオケへと連れて行った。

 

 

聡子のイメージソング

ノリノリで歌い続ける真友子に対し、やはり元気のない真修。

 

 

真友子は、真修のスマホに入っていたプレイリストから「前前前世」を選び、半ば強制的に歌わせた。

 

 

真修のことを全然知らない真友子は、その歌の上手さに驚き、更に歌わせようと他のプレイリストも勝手に見る。

 

 

「あれ、ゆら帝じゃん!渋!さっきのプレイリストと真逆すぎない!?」

 

 

「あ…それは…」

 

 

聡子から教えてもらった

 

「ゆらゆら帝国」

 

という曲で、聡子のことを思い出し、再び表情が曇った真修。

 

 

真友子は、そんな真修に気付き、

 

「お姉ちゃんもさ、ゆら帝めっちゃ好きなんだけど、あの人カラオケ超面白いんだよ」

 

と、聡子の話をし始めた。

 

 

聡子は、マイクを持つと鳥肌がとまらなくなり、お酒を飲んで酔わないと一言も発せないと言う。

 

 

聡子の泥酔カラオケエピソードを聞いた真修は、

 

「聡子さん、お酒好きなイメージわかないし…」

 

と、心底意外そうな様子。

 

 

すると真友子は、

 

「じゃーさ、真修くんのイメージするお姉ちゃんってどんな感じ?はい、ここでお姉ちゃんのイメソンを1曲。

 

この曲聞くと聡子さん~~!!ってなる曲!一曲くらいあるでしょ」

 

と、マイクを差し出した。

 

 

“1曲どころじゃない。これは、聡子さんに再び会えた頃、それでまさか失恋するなんて思ってなかった頃に平和な頭でダンロードした曲。

 

なんで俺、マフラー貸してもらったくらいで、聡子さんは俺の気持ちを受け止めてくれるなんて思った?”

 

 

聡子のイメージソングを歌い、また落ち込んでいると、真友子が吹き出し、爆笑した。

 

 

真友子の思う聡子と真修の思う聡子の姿に差がありすぎて笑ってしまったようだ。

 

 

それに対し真修は、

 

「俺の知ってる聡子さんは…こうです。こうだったんです…」

 

と言い、なぜ過去形なのかと尋ねる真友子に、

 

「昨日、聡子さんに振られましたから」

 

と答えた。

 

 

真修の決意

 

「な…なるほどなー…なんかあったかなーとは思ってたけど…」

 

 

真友子は真修の告白に驚いていた。

 

 

「…聡子さんは…子どもに言い聞かせるみたいなことしか言わなくて…俺…実際子ども…だけど、子どもなだけじゃない…」

 

途切れ途切れに話す真修。

 

 

「でもさー、真修くんの歌うお姉ちゃんって“神”っぽいよね」

 

 

真友子は、先ほどのイメージソングからそう発想したようだ。

 

 

「お姉ちゃんは、真修くんのこと完全に子どもだと思ってんじゃん。

 

そして、真修くんもお姉ちゃんのことを神とかだと思ってる。

 

それってフラットな会話とか無理くない?

 

恋とゆー感情にはさ、高低差とか優劣とかあったらいかんよ」

 

 

真修は、聡子が自分の気持ちを受け止めてくれると思っていたことを思い出していた。

 

 

そして、真友子は、真修に聡子の泥酔カラオケエピソードを聞いて嫌いになったかと問った。

 

 

「いや…もっと…色々知りたかったなと…」

 

 

真修の過去形での発言を咎めた真友子は、

 

「多分、あの人もまだ真修くんのことよく知らないよ。

 

わりと歌うまいこととか、けっこー真修くんが本気なこととか」

 

と言った。

 

そして真修は、

 

「…俺、まだ聡子さんと何も話せてないんですかね。じゃあ話したい。

 

もう一度話したい。もう一度聡子さんを知りたい。俺を知ってほしい」

 

 

そう決意した。

 

 

そしてカラオケルームから出ると、狭山さんに声をかけられる。

 

 

なんと同じカラオケ店に真修の祖母もいたのだ。

 

 

一方、聡子は、真友子からの

 

「真修とおばあちゃんにあったよ~」

 

という写真付きのメッセージに、思わず、

 

「は?」

 

と、声を漏らした。

 

 

 

【私の少年】第25話ネタバレ&最新話!

漫画最新話ネタバレ
【私の少年】第25話ネタバレ&最新話!真友子と真修の接近に驚く、聡子

ヤングマガジン連載中!   【私の少年】前回(第24話)のあらすじは・・・   ついに自分の思いを口にした真修。しかし、聡子から返ってきた答えは「大人として、あなたの気持ちに答える ...

続きを見る

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.