漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『私たちはどうかしている』最新話のネタバレ【51話】父・樹を殺したのは…?

投稿日:

安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』はBE・LOVE連載中です。

 

『わたしたちはどうかしている』前回(50話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『私たちはどうかしている』最新話のネタバレ【50話】

安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』はBE・LOVE連載中です。   『わたしたちはどうかしている』前回(49話)のあらすじは・・・   七桜を見て、栞は勇気を出し、3年前の ...

続きを見る

 

栞は隠しとおしてきた火事の時の真実を椿に打ち明ける。『椿は七桜の元に帰ろうとしていた』事。一方で、大旦那に自分が樹の娘であることを告げた七桜。

大旦那は椿と七桜に、除夜祭でそれぞれ御菓子を作ってくるように言う。より素晴らしい御菓子を作った者に、光月庵を譲ると言われた2人は…!?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『わたしたちはどうかしている』第51話のネタバレ、最新話

 

女将の企み

光月庵の大旦那は、隠していた遺言書を取り出し、燃やした。

 

『より美味しく魂をふるわす御菓子を作った者に、光月庵を譲る』

 

それは先祖代々の遺志に反する行為。

 

大旦那は並んだ遺影の下で、床に座り込み深々と頭を下げた。

 

女将は張り付けたような笑顔を浮かべ、大旦那に食事を出すが大旦那はお前の作ったものは食べない、と拒否し、後継者への考えも変えるつもりはないとキッパリと言い放つ。

 

大旦那の部屋を出て自室に戻った女将は、何とかしなければと策を巡らす。

 

そこへ、栞が話をしに来た。

 

女将は思いつき、薄笑みを浮かべた。

 

栞に式で着る白無垢の事を持ちかける。

 

戸惑いながらも、栞は妊娠しているというのは嘘だと告げようとした。

 

すると女将はとっくに気付いており、栞の肩を掴み、そんなことはどうでも良いと言う。

 

相手は誰でもいいから妊娠しなさい、子供が出来れば状況はかわり、幸せになれると詰め寄る。

 

底の見えない暗い瞳で笑いながら、栞を抱きしめた。

 

栞は蒼ざめ、恐怖を感じる。

 

女将を押し、そんなことはもうできないと後ずさる。

 

それでも食らいつく女将の背後から椿が来て、手を取った。

 

栞に店を頼み、部屋から出て行くように仕向ける。

 

 

父・樹を殺したのは…?

女将は椿を睨み、お義父様の心を動かす御菓子が作れるのか、と問う。

 

小刻みに震え、樹を七桜の母に奪われた恨みと、光月庵まで取られる不安を吐き出す。

 

女将は樹は七桜の母に殺されたと言い張り、2人の会話を聞いてしまった日の事を話し出した。

 

樹の腕の中で、『私と一緒に死んでくれる?』と言う女性・七桜の母。

 

2人は心から愛し合っており、樹は愛の言葉と共に、2人を永遠に繋ぐナイフを用意すると言った。

 

だが七桜の母は直前になって、子供を1人にできないと都合よく逃げ、樹を裏切り、殺したも同然だと、女将は吐き捨てる。

 

樹の亡くなった日の事を、思い出す椿。

 

母である女将に、真っ直ぐに向き合って言う。

 

「何もするな。栞さんにも、七桜にも。除夜祭の勝負は必ず俺が勝つ」

 

 

プロポーズ

その頃七桜は、花がすみを休みにし、残り20日しかない除夜祭まで必死に御菓子を作り続けた。

 

どうしても、勝たなくちゃ。

 

作っても、作っても、違う。

納得できない。

 

甘さ?風味?生地??

七桜の目の前が暗くなった。

 

多喜川が厨房に入ると、七桜が倒れていた。

慌てて抱きおこす。

 

少し休もうと言う多喜川に、七桜はまだ何も出来てない、と再び調理台に立つ。

 

ゴミ箱には、捨てられた御菓子が山のようにあった。

 

多喜川に、ポツリと呟く。

 

何を作ったらいいのか分からない。

何が大旦那様の心に響くのか。

 

好みすら知らない。

何の思い出もない。

どうしたら……

 

多喜川は、七桜をヒョイと抱え上げ、目をつぶって息を整えるように言った。

 

ふと、みかんの香りに気づく。

多喜川は優しく微笑んだ。

 

七桜を布団に運び、休ませる。

 

みかんを渡し、他愛ない話をして、七桜を和ませる。

 

御菓子を作るのが怖くなった、と俯き哀しげな顔をする七桜。

 

多喜川は、それは良かった、と笑う。

 

あまりにもへこたれなさ過ぎて、サイボーグかと思うほどで。

 

でも、弱音なんていくらでも吐いていい。

 

御菓子に囚われてるだけが、七桜じゃない。

 

光月庵を継いでも、花がすみに残っても、たとえ御菓子づくりを辞めたとしても、七桜は七桜のまま、何も変わらない。

 

だから、自信を持って作ればいい。自分が好きだと思う、自分の御菓子を。

 

多喜川の言葉は、スッと七桜の心に染み込んでいく。

 

「…多喜川さんは、どうして私の欲しい言葉が分かるんですか?」

 

「気づかない??君が、そうさせるんだよ」

 

多喜川は、七桜に優しく口付けた。

 

「君の夢が叶って、何もかもおわったら、僕と結婚して欲しい」

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『私たちはどうかしている』第52話のネタバレ、最新話

ComingSoon

 

 

『私たちはどうかしている』まとめ

今回は『わたしたちはどうかしている』第51話のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.