漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『私たちはどうかしている』最新話のネタバレ【46話】目が見えていない椿

投稿日:2019年5月16日 更新日:

安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』はBE・LOVE連載中です。

 

『わたしたちはどうかしている』前回(45話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『私たちはどうかしている』最新話のネタバレ【45話】椿の思惑

安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』はBE・LOVE連載中です。   『私たちはどうかしている』前回(第44話)のあらすじは・・・   椿は、目の不調を抱えながらも日常を取り ...

続きを見る

選定会では、花がすみ、月光庵がそれぞれ選ばれた。御菓子製作のため週末こみちに宿泊することに。そこで2日間、椿と七桜は同じ旅館で御菓子を一緒に作こととなった。初日の夜、女性風呂の時間が来たと旅館の従業員に告げたれ温泉に入りに行く七桜。

ところが、実際は男性風呂の開始時間で女性風呂の時間は終了していた。男性風呂に入ってしまった七桜は椿と鉢合わせる。七桜を他の男客から隠すように椿が壁となってくれる。いっぽうで、栞は女将に自分の妊娠を告げるのだった―――。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『わたしたちはどうかしている』第46話のネタバレ、最新話

 

結婚式を挙げようと栞に提案する女将

栞の妊娠を聞き嬉しそうな女将。

 

椿が戻ってきたらすぐに結婚式を挙げようと栞に提案する。

 

その言葉に嬉しそうな表情を見せる栞。

 

栞  『結婚……』

 

女将 『だって子どもよ! 月光庵の跡取りよ!』『みんなにきちんとご報告しないと』

 

女将が部屋を去った後、意味深な言葉を呟き人りうずくまる栞。

 

栞  『イヤなの… あきらめるなんて もう できない…』

 

いっぽうで、男風呂に入ってしまった七桜とそれを隠す椿。

 

他の男性客が全員風呂からいなくなったことを確認した椿が脱衣所の様子を見てくるのでその隙に風呂をあがるように指示する。

 

風呂からあがった七桜を待っていたのは、先ほど七桜の部屋に風呂の時間を伝えに来た女従業員だった。

 

従業員『本当に申し訳ありません。私の間違いでとんだご迷惑をおかけしました。』

 

必死に謝罪する従業員を宥める七桜。

 

2人のやりとりを横目に風呂からあがった椿が部屋に戻る。

 

七桜は部屋に戻るが椿のことが頭から離れず、休憩場で夜の海を眺めていた。

 

すると、女将が七桜に話かけてきた。なりゆきで女将と話をしているうちに女将の父親は30年前高潮に呑まれ亡くなっていたことを知る。

 

 

部屋で酒を飲みながらお菓子の話をする二人

女将と話し終えた七桜が部屋へ戻ろうとすると七桜の部屋を訪ねた椿と鉢合わせする。

 

フェアの御菓子について考えた結果、”楽しい御菓子”のアイディアが良いのではないかと告げに来たという。

 

いいたいことはそれだけと言い自分の部屋に帰ろうとする椿に、女将からもらった酒を渡す七桜。

 

酒を渡し、自分の部屋へ戻ろうとした七桜。

 

椿『部屋で一緒に飲むか?』

 

七桜『は?』

 

突然の申し出に唖然とする七桜だったが、椿からの誘いを受け入れた七桜。

 

部屋で酒を飲みながら御菓子について話し合う2人。

 

そして、海をモチーフにした案を否定したのは女将さんの父親のことが原因なのかを確認する。

 

椿は依頼を受けてから旅館にふさわしい御菓子を作るため、旅館の歴史を調べたのだという。

 

海をモチーフにした案を否定した椿の思いを知った七桜はその上で自分の意見を述べた。

 

七桜『でも私はやっぱり海をモチーフにした御菓子を作りたい』

 

七桜の声に耳を傾ける椿

 

七桜『ここで仕事をしている人にとって 海はなくてはならないものでしょ』『人生の一部なんだと思う』

 

 

椿『どの瞬間の海がいいんだ?』

 

椿の思いがけない質問に驚く七桜

 

七桜『え?』

 

椿『作るなら 一番きれいな海だろう』

 

七桜『や やっぱり朝かな 朝日を浴びる海!』『和倉って日本海ではめずらしく朝日が見れるところだし』

 

椿『朝か… 夜の月光のほうがきれいじゃないか』

 

 

七桜『夕日もいいよね』

 

話し合いを進めていると一番きれいな海を表現する方法を思いつく。

 

コップの中に映し出された月のように小さな器に海を収めるのはどうか提案する。

 

すると具体的な提案が椿から飛び出す。

 

話し合いが盛り上がっていくうちに夢中になってしまった七桜。顔を上げると椿の顔がすぐそこにあった。

 

 

目が見えていないことを口止めする椿

気まずい思いを隠すため、急に御菓子の話から酒の話をしだした七桜。

 

その気を察した椿が七桜に話かしける。

 

椿  『そういえば こんなふうに おまえと飲むの2回目だな』『まえは 3年前の6月だったよな 五月雨亭の茶会のあとの祝い酒で…』

 

その日のことを思い出す七桜。

 

椿  『あの夜も 嘘だったのか?』

 

そういうと七桜のほほに触れる椿。挑発するように七桜が言う――

 

七桜 『確かめてみたら?』

 

キスをしようとした椿だが、途中でやめ七桜に自室に帰るよう促す。

 

立ち上がった椿は視界の悪さに足元をすくわれ倒れてしまう。

 

びっくりした七桜が椿を心配し駆け寄ると目を押さえている椿に気がつく。

 

七桜 『また目が見えないの?』

 

椿  『なんのことだ』

 

とぼける椿に七桜は以前から目が時々見えていないことを知っていたと話す。

 

七桜『この間の選定会のとき 五月亭の庭で椿に会ったの』『でも 椿は私が見えていないみたいだった…』

 

その事実を知り目の事は誰にも言うなと口止めする椿。

 

早期の治療を進める七桜の意見も聞かず、園遊会が終わるまでは治療しないと言いきる椿。

 

園遊会よりも自分の目の方が大切だと訴える七桜だが、月光庵の評判が下がることは視力を失うことに匹敵すると主張した椿。

 

そんな椿を見て七桜は椿のことを押し倒し、椿の上にのる。

 

七桜 『だったら 私は 月光庵を自分のもにすることをあきらめないから』

 

そういって椿にキスをする七桜。

 

いっぽうで多喜川の電話でのやりとり

 

多喜川『え… そんなことまでしたんですか?』『たしかに2人きりにしてほしいとは言いましたけど』『さすがに やりすぎじゃないですか』

 

電話を切った多喜川は仏壇に手を合わせ呟く

 

多喜川『さて どんな答えを出すのかな』『七桜ちゃんは――…』

 

 

 

『私たちはどうかしている』第47話のネタバレ、最新話

漫画最新話ネタバレ
『私たちはどうかしている』最新話のネタバレ【47話】

安藤なつみ先生の『私たちはどうかしている』はBE・LOVE連載中です。   『私たちはどうかしている』の前回(46話)のあらすじは・・・ 椿と七桜は一緒に観光地へ赴き宿泊することに。宿泊先で ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.