漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『私たちはどうかしている』第44話ネタバレ&最新話!七桜=さくらだと明かす

投稿日:

BE・LOVE連載中!

 

『私たちはどうかしている』前回(第43話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
「私たちはどうかしている」第43話ネタバレ&最新話!椿の目が見えていない

BE・LOVE連載中!   「私たちはどうかしている」前回(第42話)のあらすじは・・・ ComingSoon   「私たちはどうかしている」前回(第43話)のあらすじは・・・ & ...

続きを見る

 

月日が経ち、椿は目の不調を感じながらも日常を取り戻していた。そして七桜は、ある目的のために光月庵に復讐を誓い「花がずみ」をオープン。命運を懸けた選定会の勝者は光月庵となったが、椿の異変を察知した七桜は戸惑いを隠せない。一方、椿は自らの足で花が住みを訪ねるが!?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『私たちはどうかしている』第44話のネタバレ、最新話

「花蕾」

 

三年振りの再会

選定会での票を操作し光月庵を訪れていた議員の先生を、花がすみに招き入れた七桜。

 

七桜が亥の子餅を用意すると、先生はそれを絶賛し、持ち帰り用に包んでほしいと申し出た。

 

一方、椿もまた花がすみを訪れている。

 

そして、ショーケースに並ぶ御菓子にひとつひとつ目をやると、なんとも言えぬ感情が浮かび上がった。

 

“なんだ、この御菓子の感じ。俺は知っている…?”

 

そして、亥の子餅を食べている先生と椿が挨拶を交わしていると、店の奥から七桜が姿を現した。

 

三年振りに対峙する七桜と椿。

 

2人とも大きく目を見開いている。

 

“この気持ちは、愛なのか、憎しみなのか”

 

椿は、精一杯、

 

「七桜…」

 

と声を掛けるが、それ以上言葉が続かない。

 

七桜は、しばらく椿を見つめた後、視線を伏せ、先生に土産用の亥の子餅を手渡した。

 

その様子を、椿はじっと見つめている。

 

“髪がずいぶん伸びた。それに、すこしやせた?でも、紛れもなく七桜だ。どうして…、捜しても見つからなかったのに…”

 

 

七桜=さくらだと明かす

 

「七桜、なんでこんなところに…」

 

椿が声をかけると、七桜は少し黙った後、営業スマイルでこう言った。

 

「お客さま、お待たせして申し訳ありません。お持ち帰りでよろしいですか?おすすめは羊羹です。あと季節の上生菓子も」

 

椿は、シラを切るような態度の七桜の態度に困惑しながら、上生菓子を注文した。

 

そして出されたのは“ふくべ”という御菓子。

 

ふくべとは瓢箪の別名で、蔓が伸びて実が鈴になることから子孫繫栄のシンボルになり、縁起がよいとされている。

 

七桜は、

 

「光月庵も、“正しく”実り多き繁栄を迎えますように」

 

とにっこり笑った。

 

椿は、たまらず七桜を問いただした。

 

「あの火事の日!どうしてなにも言わず消えたんだ!」

 

険しい表情で七桜に迫る椿。七桜は冷静にこう言った。

 

「椿あのとき聞いたよね。いままでのことは全部嘘だったのかって。そうだよ、全部嘘だった。だってそうでしょう。ママを殺人者にした人のことを好きになるわけない。私は「さくら」なんだよ、椿」

 

七桜は、簪を外し、髪をおろしてみせた。幼き日のさくらと七桜の姿が重なる。

 

「椿だって、あの火事の日、私の約束より一番大事なものを取りに行ったでしょ。でもあれは私のものだから」

 

 

多喜川の登場

椿が七桜に声をかけようとしたその時、多喜川がそれを阻んだ。

 

椿は、花がすみに多喜川がいることに驚いている。

 

多喜川は、七桜の肩を抱き寄せてこう言った。

 

「ここは、彼女と僕2人の店だから。彼女は僕の大事なパートナーなんだよ。仕事の面でも、1人の女性としても。だから、彼女を傷つけることは許さない」

 

そして七桜は、キュッと口を結び、冷めた声で、

 

「お客さま、御菓子をお求めでなければお帰り下さい」

 

と言って、椿を退店させた。

 

 

愛なのか憎しみなのか

花がすみを出たあと、椿は何度も七桜の名前を口にした。

 

“会わなければよかった。幸せだった思い出だけ残して、大事にしまっておけばよかったんだ。忘れていたんだ。会えばまた、憎しみが生まれることをー…”

 

「七桜…」

 

椿は七桜と過ごした月日を思い出し、むせび泣いた。

 

 

七桜と椿の母の対峙

一方、光月庵には五月雨亭の女将さんがやって来ていた。

 

今度温泉で和菓子フェアを開催するらしい。

 

すると、椿は光月庵と花がすみが一緒にやるのはどうかと提案した。

 

もちろん椿の母は反対したが、椿が押し切った形で決まった。

椿の母は、小豆を花がすみに卸せないように手を回したが、炉開きの茶会当日、花がすみはとても美味しい亥の子餅を用意した。

 

“そんな…、そんなはず…”

 

椿の母が、御菓子に驚愕していると、作り手として七桜が紹介された。

 

七桜を見た椿の母は、愕然としている…。

 

 

 

『私たちはどうかしている』第45話のネタバレ、最新話

ComingSoon

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-女性マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.