うそつきパラドクス4話

青年マンガ

『うそつきパラドクス』第4話のネタバレ&最新話!八日堂に元カノからの招待状が。

投稿日:

電子雑誌ハレムに連載中の漫画『うそつきパラドクス』のネタバレです。

 

『うそつきパラドクス』第4話のネタバレ!

 

妹に見つかる

八日堂の部屋にいる栖佑。

 

こたつに入りながら、なにやら喘いでいる。

 

八日堂妹「お兄ちゃん」

 

八日堂の妹がノックもせずに入ってくる。

 

栖佑一人なのかと聞く妹に、彼は外で電話だと話す。

 

そろそろ呼ぶが、まだ来てはダメだと言って部屋から出ていく。

 

八日堂「セ、セーフ」

 

こたつの中に隠れていた八日堂。

 

さっそく栖佑の胸に手を伸ばす八日堂。

 

実はこういうのが好きで、彼女が声を殺して耐えている姿がサイコーだと言う八日堂。

 

しかし、

 

「あっお兄ちゃんいたー! 二人ともどうぞ!」ドアを開けてきた妹に見つかる。

 

 

元カノからの招待状

 

「いっぱい食べてね~♡」

 

テーブルに並んだ豪華な料理に驚く栖佑。

 

母と妹にはしゃぎすぎだという八日堂だが、一回も栖佑を連れてこなかったから絶対フラれたと思って話題にも気を遣ったと言われる。

 

そして、こうして大人が付き合ってお互いの実家に行くという事は、当然結婚か、と言いかけた母の口を塞ぐ八日堂。

 

八日堂(雑に結婚を振るな―!!!)

 

その時、妹が八日堂あての手紙を預かっていると言う。差出人は彼の元カノ。

 

どうやら結婚式への招待状らしい。

 

高校の時の元カノだと弁解する八日堂。

 

しかし、開けてみると「あの時の約束おぼえてる?」と書かれていた。

 

しかし、栖佑はニコッと笑う。

 

栖佑「きっと高校の同窓会みたいになって楽しいですね」

 

彼女が怒ってなくて安心する八日堂だが、実はヤキモチを焼いてほしかったりしていた。

 

ボヤボヤしていて愛想をつかされないか心配な妹。

 

あの二人は大丈夫なのだろうか。

 

 

彼女のメッセージの秘密

八日堂と栖佑は八日堂の自室で彼のアルバムを見ていた。

 

栖佑「か、かわいいっ八日堂さんの学生服」

 

つい写真を撮ってしまう栖佑。

 

とりあえず元カノの事を気にしていなくて安心するが、その元カノの卒業写真を見つけてしまう。

 

栖佑「この人ですね…『あの時の約束』の人」

 

八日堂「あっ当たり~~」

 

こたつの中に潜ってしまう栖佑。心配する八日堂。

 

まさか怒ってしまったのだろうか。

 

すると、栖佑は八日堂のズボンを脱がしにかかる。

 

さらに、自身もおっぱいを露出する。

 

八日堂「栖佑さん? どうしたんですか?」

 

しかし、彼女はボソボソと呟くばかり。

 

と、いきなりこたつを押しのけて出てくる。

 

栖佑は元カノと八日堂、どちらから告白したのか気になるらしい。

 

「ヤキモチですか?」と言う八日堂に対し、「笑わないでください」と言う彼女。

 

彼を押し倒す。

 

元カノは可愛い人だったし、あのようなメッセージを入れたのだから、まだ八日堂を好きなのではないか、と言う。

 

八日堂「もしかして…本気でヤキモチやいてます?」

 

すると栖佑は後ろを向き、そのまま彼のを挿入しようとしてくるではないか。

 

「誰か来たら…」と止めようとする八日堂。

 

すると、ノックが聞こえ、ドアが開かれる。

 

妹「お兄ちゃーん」

 

しかし、栖佑の姿は見当たらない。

 

うまくこたつの中に隠れたのだ。

 

あの意味深なメッセージは何か、と妹にも問われる。

 

まだ自分に未練があるのではないか、などとのたまうから、彼をこたつの中でつねる。

 

すると、突然栖佑のいるこたつが捲りあげられる。

 

栖佑「あっ」

 

八日堂「もういませんよ」

 

あの元カノのメッセージは恐らく彼への恨みだろう。

 

八日堂がそっけないせいで別れたのだが、その際「ちゃんと好きになってくれる人と結婚して、招待状送ってやる」と言っていたのだ。

 

そして、「自分からこんなに好きになったのは栖佑さんだけ」と言う。

 

すると、栖佑は再度行為に及ぼうとする。今度は八日堂も我慢しないことに。

 

とうとう情事に及ぶ。

 

何とか声を出さないようにしながら、行為を続ける。

 

妹「お兄ちゃーん、ひなちゃんいないんだけど」

 

またもや妹の乱入だ。しかし…

 

妹「あれ…? 二人ともいない…?」

 

今度は2人揃って仲良くこたつ入りだ。

 

 

 

『うそつきパラドクス』第5話のネタバレ!

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.