漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

漫画『トレース 科捜研法医研究員の追想』第33話のネタバレ&最新話!DNA鑑定の結果

投稿日:2019年2月13日 更新日:

月刊コミックゼノン連載中!

フジテレビドラマ化作品

 

漫画『トレース 科捜研法医研究員の追想』前回(32話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
漫画『トレース科捜研法医研究員の追想』第32話のネタバレ&最新話!真犯人について語る二人

月刊コミックゼノン連載中! フジテレビドラマ化作品です。3月18日に最終回が放送されました。私はまずまず面白いと思ったんですが・・・結局漫画とは別物としてみた方が良いと思いますね。皆さんはどうでしょう ...

続きを見る

 

真野は虎丸に「大切なものを失いたくなかったら、練馬一家殺人事件から手を引け」と忠告を受ける。しかし真野は「僕を救うのは真実だけだ!」と断る。

 

そんな彼に、真野の兄であり被害者の源義一が養子である事を伝える虎丸。驚愕する真野だが、同時に「源義一は無罪である」事も伝える。あの日、一体何があったのだろうか。

 

最新話は「月刊コミックゼノン」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『トレース 科捜研法医研究員の追想』第33話のネタバレ!

 

現状を受け入れざるを得ない真野

厚皮つぶあんぱんとおしるこを前にする真野。

 

彼は源家の戸籍を調べた。

 

源家の「長男」は生後間もなく死亡し、両親は義一を養子として迎えた。

 

2年後に長女の仁美が、さらに8年後に二男の真野が誕生した。

 

自分の戸籍には当然源家の「二男」と記載されている。

 

だから、義一が養子だなんて想像すらしなかった。

 

虎丸良平から得られた情報はもうひとつ。

 

練馬一家殺人事件の鑑定資料は、檀浩輝の手に渡った可能性があることだ。

 

真犯人が犯行時に着用したと思われる軍手が、新妻さつ害現場に遺留されていた。

 

もし遺留したのが檀なら、新妻事件の犯人も檀?

 

沢口「真野主任」

 

その時、新宿署の身元不明の遺体と、娘と思われる方とで行った親子鑑定の結果を見て欲しいと言われる。

 

結果は、親子関係はなしだ。

 

念のため再鑑定することに。

 

 

DNA鑑定の結果

 

虎丸「親子じゃない?」

 

一体どういう事なのか。

 

遺体発見時の状況は、推定死亡者は『柴田千秋(64歳)』。自宅マンション浴槽で発見された。

 

発見者は死亡者の娘、島平和音の夫・島平鉄雄だ。

 

島平和音といえば、世界を舞台に活躍するピアニスト。

 

そんな彼女はヨーロッパで公演中に母親に電話したが、2日連続で繋がらなかった。

 

不安に思った彼女は夫にそれを伝え、マンションを訪ねてもらうと、異臭がして遺体を発見したという事だ。

 

 

そして、DNA鑑定では、和音と千秋には親子関係は存在しない。

 

島平は早く母を引き取りたいと言っており、一刻も早く身元を確定したいらしい。

 

急いで確認するよう宇佐美がせかす。

 

しかし、再鑑定したが結果は同じ。

 

宇佐美は認められないらしく、科捜研の鑑定に誤りはないのか聞く。

 

膨大な資料を扱っていれば、取り違える可能性も否定できないはずだと。

 

真野「今の所、科捜研にミスはみつかっていない」

 

宇佐美「で、でも、それじゃ…」

 

そこを虎丸が諫める。署に戻ってもう一度確認することに。

 

さらに、島平和音にも再聴取だ。本人が知らないだけで、実は養子だったという可能性もあるからだ。

 

解散する一同。

 

島平と同じ母子家庭である宇佐美は大分感情移入している。

 

だからあんなにせかしたのだ。

 

そんな宇佐美を虎丸は後でフォローする。

 

 

思わぬ訪問者

翌日。虎丸と真野は電話していた。

 

虎丸曰く、署に問題はなく、爪は千秋、口腔細胞は和音のもので間違いない。

 

戸籍は養子ではなく、実の親子だった。

 

すると、真野と沢口に来客だ。

 

現れたのは、島平和音その人。

 

彼女は科捜研の鑑定に納得がいかないようだ。

 

戸籍だってそうだ、と言う彼女。

 

真野「親子じゃない、生物学的には」

 

和音「嘘!! 鑑定が間違ってる!」

 

しかし、真野は「鑑定は正しい」と言うばかり。和音も激高する。

 

すると丁度ハーブティーが来る。

 

千秋は女手一つで自分を育て、昼も夜も関係なく働き、ピアノのレッスンにも通わせてくれた。

 

その上音大の費用まで…。文字通り身を粉にして働き、音大入学の費用を作ってくれた。布団で寝る千秋を和音は見たことがない。

 

さらに、結婚してからも何度も同居を提案しても、母は断った。

 

和音「無理矢理にでも一緒に暮らすべきでした。私は母を独りで死なせてしまった」

 

そして遺体を見せてもらう事すらできない。

 

和音は「母を返してください」と毅然と言う。しかし真野は「親子じゃない」と否定する。

 

真野「ただ…別の可能性がある」

 

驚く科捜研。真剣な表情になる和音。

 

「どういう意味ですか?」

 

 

 

漫画『トレース 科捜研法医研究員の追想』第34話のネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
漫画『トレース 科捜研法医研究員の追想』第34話のネタバレ&最新話!千秋と美春の過去

月刊コミックゼノン連載中! フジテレビドラマ化作品   漫画『トレース 科捜研法医研究員の追想』前回(33話)のあらすじは・・・   新宿署の遺体『柴田千秋』と、その娘である世界的 ...

続きを見る

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.