漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

「隣の悪女」第31話ネタバレ&最新話!隣の部屋に住んでいた花音と桐太

投稿日:2019年1月12日 更新日:

ヤングマガジン連載中!

美悪女×隣人×ラブ×サスペンスストーリー!

 

「隣の悪女」前回(第30話)のあらすじは・・・

 

「隣の悪女」第30話ネタバレ&最新話!1564(ヒ、ト、ゴ、ロ、シ)

 

島袋がゲームに翻弄されている頃、「一色花音に気をつけて」とだけ伝え聞いていた亜里子は戸惑っていた。

 

花音への疑いの気持ちと信じたい気持ちが複雑に入り混じる。

 

そこへお茶にやってきた花音。いつもと変わらない様子を見て、疑った自分を責め、信じようと思う亜里子。

 

正直に、「友達から、花音ちゃんに気をつけて、って桐太に伝えてって言われたの」と告げる。

 

花音の顔色が一瞬変わり、冷たい薄笑いを浮かべた……

 

 

「隣の悪女」第31話ネタバレ!

 

隣の部屋に住んでいた花音と桐太

 

「その、花音ちゃんに気をつけて、って伝言、桐太くんに伝えるの?」

 

 

「伝えるもなにも、桐太の連絡先も居場所も分からないし…」

 

 

花音が、軽く笑った。

 

 

「桐太くんは、私の部屋に住んでるよ」

 

 

「え……?」

 

亜里子は、意味が分からなかった。

 

 

花音はゆっくりと立ち上がり、ベランダへと向かうと、スマホを取り出して一枚の写真を亜里子に見せた。

 

 

そこには、桐太と花音の名前が書かれた、婚姻届が写っていた。

 

 

桐太に二股かけられてて、友達の花音ちゃんに奪われた!?

 

「…結婚……?」

 

 

日付を見て、愕然とする。

 

 

これ、まだ私と桐太が付き合ってた時の日付だ…!

 

 

だから、桐太はあの時、半同棲をやめたいって言ったの?

 

自分のアパートへ帰ったの?

 

その時、桐太はもう、花音ちゃんに本気だったってこと?

 

 

…じゃあ、私は…。

 

 

桐太に二股かけられてて、友達の花音ちゃんに奪われたってこと?

 

 

「でも、、、花音ちゃんは、同性が好きだったんじゃないの…?」

 

 

花音は、薄笑いを浮かべた。

 

 

「それも、嘘…?」

 

 

わからない。

 

 

どこからが、嘘?

 

 

桐太は花音に沢山キスをしてくれるといわれた亜里子

 

「嘘って言って!」

 

信じたい。

 

「桐太が隣に住んでることも、さっきの写真も!」

 

信じさせて。

 

 

亜里子の想いも空しく、、

 

花音は、ブラウスのボタンをゆっくりと外し、左の胸にある小さなホクロを見せた。

 

 

「亜里子ちゃんは、私の胸にホクロがあるの知ってるよね…?」

 

 

「桐太くんは、ここにキスするのが、好きなの」

 

 

「亜里子ちゃんと桐太くんが半同棲してて、今は亜里子ちゃんが1人で住んでるこの部屋のすぐ隣。同じ間取りの私の部屋で、桐太くんはたくさんキスしてくれるの」

 

 

「ベッドだけじゃない。浴室でも、キッチンでも、玄関でも、廊下でも。桐太くんはたくさんキスしてくれる」

 

 

亜里子はカタカタと震えていた。

 

 

歯もガチガチとなり、寒いわけじゃないのに根が合わない。

 

 

涙が、溢れた。

 

 

次々と、止まらない。

 

 

花音の罠。ベランダから自分で転落するしたことを亜里子のせいに。

…私、騙されてたんだ。

 

 

…私だけ、何も知らずに。

 

 

悲しいのは、騙されてたからじゃない。

 

 

花音ちゃんを、もう、信じられないから。

 

 

「……返して!私が、花音ちゃんに渡した想い、返して!」

 

 

亜里子が涙ながらに叫ぶ。

 

 

花音は、深く冷たい眼をしていた。

 

 

その時。

 

花音は思い切り後ろに仰け反った。

 

 

ベランダの柵ごと、地面へと落ちる。

 

 

大きな音と共に地面に落ちた花音は、頭から多量の血を流していた。

 

 

下を通っていた男性が大声をあげる。

 

 

管理人も出てきて、辺りは騒然となった。

 

 

「か、花音ちゃん!?」

 

 

部屋から桐太が慌てて顔を出した。

 

 

隣を見てまた驚く。

 

 

「……亜里子!?」

 

 

その時、最初に発見した男性が亜里子を指差した。

 

 

「わ、わたし…。見ました。あの人が、突き落とすのを……!!」

 

 

 

「隣の悪女」第32話ネタバレ!

 

ComingSoon

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.