『天地創造デザイン部』21話

青年マンガ

『天地創造デザイン部』21話ネタバレ&最新話!このマンガがすごい!2019 第10位!

投稿日:

モーニングtwo連載中!

このマンガがすごい!2019

第10位!

 

 

『天地創造デザイン部』前回(20話)のあらすじは・・・

 

神様の依頼を受け、下界に住まう動物たちを実際に造っているのが、天地創造社のデザイン部。

 

個性的なメンバーたちが、日々神様の無茶ぶりに応えるため、奮闘しています。

 

 

『天地創造デザイン部』21話ネタバレ!

 

「ふわふわなのにとがっている動物」とは?

今日は地獄のパーティー。

 

 

天地創造社のデザイン部全員で参加の予定だったが、海原は未だに仕事に煮詰まっていた。

 

 

「『ふわふわなのにとがっている動物』ってオーダーが何も進んでなくて…。

 

焦れば焦るほど迷走しちゃって、もうペンを持つ気にもなれなくて。

 

でもなんとかしなくちゃ…。だから欠席で」

 

 

しかし、他のメンバーは、

 

「体調不良ってことにして行っちゃえば?

地獄って天国の通信圏外らしいよ」

「息抜きも大切だしな」

 

と言って、半ば強制的に海原をパーティーに連れて行った。

 

 

地獄のパーティーへようこそ!

地獄では、横田がキメポーズをしながら、皆を出迎えた。

 

 

「みなさん、いらっしゃいませ…。

 

地獄社営業部開設パーティーにようこそ!

 

『お前らに本物の地獄を見せてやるぜ!』

 

と弊社シェフが腕を振るいましたのでご堪能ください」

 

 

どうやら、横田は天地創造デザイン部を接待するつもりらしい。

 

 

豪華な料理がそれを物語っていた。

 

 

「みんなでお祝いを持ってきたんですよ」

 

 

木村が持ってきたのは、水牛の頭蓋骨(インテリア用)。

 

水島は蛇の骨(インテリア用)、金森はニワトリの頭蓋骨(仮装用)、海原はアリクイの頭蓋骨(インテリア用)、土屋はオスの馬の頭蓋骨、火口は象の頭蓋骨、冥戸はハンマーヘッドシャークの頭を、それぞれ横田にプレゼントした。

 

横田は、そのすべてにとても喜び、

 

「骨から動物を考えるのって楽しいですね!

 

次の仕事は骨から作ってもらっていいですか?

 

ちょうど連絡用の小型使い魔が欲しかったんですよ」

 

と言った。

 

 

土屋は、

 

「よかったら今ざっくりアイディア出しましょうか」

 

と言い、その場で連絡用の使い魔のイメージを構想することにした。

 

 

連絡用使い魔の構想

横田の要望によると、連絡係なので地獄耳で移動が早く、業務連絡の内容はお客様に聞かれないように、音声を使わない独特の連絡手段の持ち主がよいのだそうだ。

 

 

そして、お客様の前で休憩をとると、クレームが来るかもしれないので、寝てるか起きてるか一見してわからないといいという。

 

そして、ここで冥戸がアイディアを出す。

 

 

「おしりから自分で直にうんこを食べたら解決だね!

 

おかしくないよ!

 

だってコアラもうんこ食べるもん。

 

コアラは二種類のうんこをするの。

 

食べる用と食べない用。

 

消化しきれなかったゴミは食べない用で、盲腸が作り出した薬みたいな方が食べる用。

 

コアラの食べる用うんこは体にいいんだよ。

 

だから離乳食がうんこ」

 

 

横田は、従業員の健康のため、ぜひそれを取り入れたいと賛成する。

 

そして、土屋が、皆の意見をまとめ、骨の図案を出した。

 

時速80キロで走れるよう、膝下の骨を一本にするなど、見えないところに工夫がなされていた。

 

 

うさぎ…?

皆で構想を練っていると、海原が、急に泣き出した。

 

「いや…、物造りって、ほんとは楽しいものだったなって…」

 

スランプで疲れがたまっていた海原に、横田は、自由に楽しく描くようアドバイスをする。

 

 

横田のアドバイスを受け、すぐに海原が描いたデザインは…

うさぎ!!

 

 

「ちょっと、どうしてあの怖いイメージがこんなことに!?」

 

「このめちゃくちゃかわいいのが、うんこを食べ、目を開けて寝る…」

 

 

地獄の連絡用の使い魔の、愛くるしいデザインに、皆が戸惑っていたが、速く走るための放熱板としてつけた長い耳、振動を感じる感覚を鋭くし、声を使わない独自の連絡手段を持つというリクエストもクリアしている。

 

このうさぎのデザインを見て、土屋は、

 

「これむしろ、君が抱えてた『ふわふわなのにとがってる動物』の最適解なんじゃ…?」

 

と言った。

 

 

「地獄的には、このデザインもアリかなと思ったんですが、先約があるなら仕方ありませんね…。

 

神様にお渡ししちゃってください。

 

今日は御本人も招待してるし、そろそろいらっしゃるのでは」

 

と、横田が言うと、天地創造デザイン部のメンバーは、神様がここに来るということにざわめいた。

 

その時、地獄のドアが急に光る。

 

 

「こ…この光はまさか…、神様…!?」

 

 

 

『天地創造デザイン部』22話ネタバレ!

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.