漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『高嶺と花』最新話のネタバレ【88話、89話、90話】

投稿日:2019年8月13日 更新日:

師走ゆき先生の『高嶺と花』は花とゆめで連載中です。今回は最新話のネタバレ(88,89,90話)を書いていきたいと思います。

 

『高嶺と花』の前回(85、86、87話)のあらすじは…

漫画最新話ネタバレ
『高嶺と花』最新話のネタバレ【85話、86話、87話】

師走ゆき先生の『高嶺と花』は花とゆめで連載中です。今回は最新話のネタバレ(85話)を書いていきたいと思います。   『高嶺と花』の前回(84話)のあらすじは…   長く音信不通だっ ...

続きを見る

 

女子高生・花と大財閥の御曹司・高嶺のお見合いから始まったお付き合い。花はこの先を考え、堂々と高嶺の隣を歩けるようになりたいと考える。そんな中、仕事人間の高嶺はついに過労で倒れるも、花の看病で回復。復帰した高嶺は、大海が行方不明だと知らされて…!?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『高嶺と花』第88話 最新話のネタバレ

 

鷹羽大海、11歳

 

時は少し遡る。

 

鷹羽大海、11歳。高嶺の熱烈なファン。

 

好きすぎて、高嶺のグッズ製作を始め、同人誌まで書き始める。

 

花を思い浮かべ、読ませてやったら喜ぶだろうな、と思う。

 

両親は忙しく、ほぼ家にいない。

 

使用人の作ってくれた食事を一人で食べ、リビングでウトウトと居眠りをしていた。

 

そこに帰ってきた両親。

 

テーブルの上にあるグッズやら同人誌やらを見てため息をつく。

 

 

ふと、大海のスマホを手に取り、見る。

 

その時、大海が目を覚ました。

 

「!!!何、勝手に見てんだよ!?」

 

大海の父・狭也は高嶺と大海が仲が良い事を良く思っていなかった。

 

その上、スマホで見た写真は、高嶺がほとんどだったが、一部、花が一緒に写っているのもあった。

 

マズい。あれを見られた!高嶺の立場が…!

 

花が……!!

 

花の事を調べると言い出す狭也。

 

社会人と付き合っていると思っているので、その裏で女子高生を引っ掛けて遊んでいるのでは、と怪訝な顔をする。

 

さらに、大海に高嶺とあまり関わるなと言い出す。

 

「何だよ、普段全然家にもいないくせに!こんな時だけ寄ってたかって…!高嶺兄さんに何かしたら許さないからな!!」

 

大海は狭也を睨みつけると、自分のものを全て持って部屋へと走った。

 

家出!!

 

そして、現在。

 

狭也が高嶺の会社に来ていた。

 

大海は『高嶺兄さんをいじめないで』と置き手紙を残し、家出したという。

 

狭也は、花の事が大海の口からバレるのを防ぐため、高嶺が大海を監禁しているのでは、と疑ったが、その場では口を噤んだ。

 

高嶺は、自分の所には来ていないが、こちらでも探してみると答えた。

 

大海は山の中でテントを張っていた。

 

発言権がない以上、態度で示すしかない。

 

高嶺兄さんを失脚になんかさせない。

 

大海は4年前、7歳の頃の事を思い出した。

 

鷹羽の家で、高嶺によく付いて来ていた大海。高嶺は子供に好かれるのは慣れてなかったが、2人で話した。

 

休日なのに友達と遊ばないか聞く高嶺。

 

大海は哀しそうに学校でみんなから馬鹿にされる、と話す。

 

高嶺は大海の話すエピソードを全て逆にし、いい方にして示した。

 

そして振り向いて一言告げた。

 

「誰に馬鹿にされても、お前はお前を馬鹿にするな」

 

その頃。花にも高嶺から連絡がいっていた。

 

花はすぐに探し始める。心当たりがあったので行ってみると、案の定、大海を見つけた。

 

大海と高嶺と花

 

大海は花に家出のいきさつを話した。

 

写真をお父さんに見られたと聞き、少し焦る花だが、そもそも黙っててもらってるのはこっちだから大海がここまでする事ない、と説得する。

 

大海は言った。

 

「俺に出来ることなんて限られてるんだよ。子供だし。だからこれ位はさせてよ」

 

その言葉に、花は共感出来てしまう。

 

すぐには知らせず、大海が帰るようにじっくり説得することにした。

 

日も暮れ、夜になる。

 

色々と手を尽くすが中々大海は折れない。

 

どうしよう。見つけたこと、これ以上黙っとくのはさすがにマズい気がする…

 

花が考えていると、大海が何故こんな子供の癇癪に付き合ってるのか聞く。

 

花は高嶺の為に何かする時、あれはするな、これはするな、と言われるから、頭ごなしに否定したくはない、と答えた。

 

11月のテントの中も、2人なら寒くない。

 

色んな話を大海と花はした。グッズも見て、同人誌も読んで。

 

「愛されてるなぁ、高嶺さん」

 

花は嬉しそうに笑った。

 

さすがに冷えて来た。

 

手をさする花を見て、大海は毛布を花に掛けた。

 

「こーしたら、寒くないだろ」

 

大海は、俺カイロを貼ってるからあったかいよ、と一緒に毛布に入る。

 

「…高嶺兄さんだけじゃない。高嶺兄さんに何かあれば、お前だって困るだろ。やり方は幼稚だって分かってるよ。でも他に思いつかなかったんだ。」

 

何が出来ることは無いかって、守りたいって思ったんだ。

 

…こんな風に、困らせたかったわけじゃない。

 

花は優しく笑って言った。

 

「ありがとう。…でも、できれば無事だって事だけでも、伝えさせてくれる?」

 

大海はシュンとなり、考え、高嶺に『見つかった』とだけ伝えて、と言った。

 

花は早速伝えようとするが、スマホの電池が切れていた。

 

その頃、高嶺は花に電話しながら、何故出ないのか不思議に思っていた。

 

後ろで狭也が頭を抱えている。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『高嶺と花』第89話最新話のネタバレ

 

大海の父

 

大海と花はテントにいた。

夜になり、スマホの充電は切れ、その上大雨が降りだす。

車で探す大海の父・狭也と高嶺。

ギスギスした空気。

 

狭也は心当たりを探させてるがまだ見つからないと焦り、高嶺に関わったからグレたのだと高嶺を責めた。

 

高嶺は『愛情が足りないのでは?』と言うも狭也は、大海の為に毎日働き、鷹羽で絶対的な地位を築きその跡を継がせ、脅威になるものは取り除く、それが親の努めだと信じて疑わない。

 

大海の事を、気が弱く、レールに乗せるべきだと言う。

 

テントの中で話す大海と花。

お父さんはどんな人かと聞かれ、大海は自分の事など見ていないと答える。

『お前の為』だと言うが顔はこちらを見ない。

現に、家出から半日以上経ってもさっぱり見つけられない…

 

花は、かける言葉に迷った。

 

 

家出の理由

 

高嶺は、花の家でもある自分の家へときた。花の家族と、大海について話す。家中探したがいないらしい。

狭也に、今のは交際相手の家族か、と聞かれ、『ええ』とだけ答える高嶺。

 

家の前には雨の中花の友達も来ていた。

大海を探しているらしいが、まだ見つからない上、花もいなくなりしかも電話は繋がらない。

 

狭也はついにあの写真を見せ、どういう事かと聞く。花と高嶺のツーショット。

この写真を見られた事が、大海が家出した理由。

 

狭也は、未成年と懇意である事は高嶺の評価に繋がる上、父に嘘をついている、と高嶺を問い詰めていく。

 

この娘がお前の交際相手なのか、と聞かれた高嶺は、ハッキリと『そうです』と答えた。

 

そしてこの後、高嶺の反撃が始まる。

交際相手の家族にまで会わせて、何か企んでると思われている高嶺。

 

高嶺は狭也に言う。

 

大海の事が心配だからそこに打算など何もなく、ただ大海のために足を動かしたまで。それなのに、狭也はこんな状況でも余計なことに気をとられ、大海を見つける気はあるのか分からない。

 

「こんな時くらい、大海の方だけ見てやったらどうですか」

 

狭也はガクリと膝をついた。

色々と思い知ったという。

 

大海がどこで誰と遊び何を見ていたか、全く知らなかった事…

自分が大海を見ないのに、大海が自分を見るわけがない…

 

高嶺は狭也を連れて動きだす。

 

 

向き合った父子

 

高嶺が連れてきた場所。

そこに大海がいた。もちろん花も。

 

大海は、あの写真を誰にも見せないって約束してくれなきゃ帰らないとハッキリ言う。

狭也は久しぶりに大海を正面から見た。

 

大きくなったな。いつの間にか、こんなに…。テントに入る狭也。そこにある高嶺グッズをふと目にして、高嶺人形を1つ欲しいと言いだす。

全部、大海が作ったもの。

 

こうやってよく見ると、よく出来てる。

「1度も褒めたことはなかったな…すまない、大海」

大海の目に涙が滲んだ。

 

大海からも狭也に伝えたい事があった。

自分も強くなったし、これからも頑張って、高嶺以上に立派になる。いつか高嶺と競うことがあっても、正々堂々と勝ってみせる。

 

「だからもう、高嶺兄さんをいじめないで!」

 

大海の目から涙が零れた。同時に高嶺の目からも。

狭也は了解し、約束をした。

 

一件落着。

写真の事はその後も何も言われていないので、狭也は約束を守っているのだろう。

 

ある日、大海が花達の家に遊びにきた。

髪型がセンター分けになっている。

 

高嶺ヘアはやめたらしい。

理由を聞くと、大海は花の腕をとり引き寄せて笑って言う。

 

「高嶺兄さんの真似してる限り、高嶺兄さんには勝てないじゃん」

 

高嶺の顔色は変わり、怒号が響いたのだった。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『高嶺と花』第90話最新話のネタバレ

 

特別な日の、プレゼント

ルチアーノの店で飲んでいた高嶺は、話も上の空で何か考え事をしていた。

 

何をそんなに考えているのかルチアーノが聞くと、来月頭の花の誕生日に何を送ればいいか悩んでいるという。

 

今まで、花・服・高価な品々など大抵のものは送ったため、今更改まって何を贈ったら…そもそも花は高嶺に物を貰うのがあまり好きでない。

 

ルチアーノは呆れながら、日々花を見てれば好みの傾向や今必要なものなど分かるはずだ、という。高嶺は納得し、しばらく花を観察することにした。

 

くだらないこともいくつか見つけた中で、ふと花の腕時計のベルトが切れたと知る。……これだ!!

 

と高嶺の目が輝くが、花の母が少し早いけど誕生日のプレゼントに買ってあげると言い、高嶺はシュンとなり、ため息をついた。

 

自室に向かっていると、花の母から、『花の誕生日にお2人で食事でもどうぞ』 と言われる。

 

お祝いの日にお嬢さんを、と遠慮する高嶺に、母は『あなたももう家族のようなものよ』とにっこり笑う。高嶺の心に響いた。

 

 

猛練習

高嶺はルチアーノの店に来る。

 

数日、花を観察した結果、物欲のない花には高嶺と過ごす時間が一番の宝という所に辿り着いたらしい。

 

そして地下のバーにあるピアノで弾き語りの練習を始めた。

 

愛をテーマに作詞作曲したオリジナルソング…。

 

イタすぎる。ルチアーノは花の一番苦手なモノだろうな、と呆れるが、高嶺本人はいたって真剣だ。

 

実は丁度、花はルチアーノの店に来ており、高嶺のピアノ演奏を見てしまう。サプライズを見てしまった気まずさ…。

 

花は家に帰るとリアクションの練習をしとくか、といくつかシュミレーションする。

 

嫌なわけじゃない。気持ちは嬉しいのだが、こっ恥ずかしすぎる…。

 

その日から、高嶺は毎晩遅くに帰って来る様になった。声も枯れている時もあり、寝てる時まで演奏の夢を見ているのか手が動いている。

 

花は自分を想って頑張ってくれる姿を、ひっそりと嬉しく感じていた。

 

 

もうひとつのプレゼント

誕生日当日。

 

花も綺麗に着飾って、車で予約した店へと行く。車の中でいつも通り他愛もない会話でじゃれ合う2人。

 

細い道を歩いていた時、走って来たバイクから花を庇った高嶺は、塀に指をぶつけてしまう。

 

店に着き、ピアノを弾こうとするが、やはり痛くて弾けない。

 

あんなに猛練習してたのに…。花は胸が痛んだ。

 

高嶺を真っ直ぐ見て、サプライズの弾き語りのため今まで猛練習していたことを知っていたと伝えた。『その気持ちだけで十分嬉しいです』と微笑んだ。

 

高嶺は、少し頰を赤らめ、もう一度ピアノに向かうと、ゆっくりな曲を綺麗に弾いた。

 

花は見惚れた。

 

弾き終わると、高嶺はおもむろにポケットから小箱を取り出した。

 

花は物を貰うのが嫌いだと思っていたから、渡すかどうか悩んだものだった。

 

フタを開けると“花”がモチーフの指輪。

 

サプライズの失敗を気にしながらも、そっと花の手を取り、薬指に指輪をはめる。

 

少し照れながら、それでも花を真っ直ぐ見つめ、『婚約の証』をお守り代わりにもっとけ、と言う高嶺。

 

花は嬉しくて高嶺に抱きついた。

 

満面の笑みを浮かべ、『婚約者様』にお礼を言う。

 

指が治ったら改めて愛の歌を歌って聴かせるという高嶺に、さらりと「それはいいです」と笑顔でお断りする花。

 

店のスタッフに拍手で祝われ、幸せそうな2人。

 

特別な日に特別な人からもらう特別なモノはまさに格別。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『高嶺と花』まとめ

今回は『高嶺と花』88話、89話、90話のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.