漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『高嶺と花』最新話のネタバレ【88話、89話、90話】

投稿日:

師走ゆき先生の『高嶺と花』は花とゆめで連載中です。今回は最新話のネタバレ(88,89,90話)を書いていきたいと思います。

 

『高嶺と花』の前回(85、86、87話)のあらすじは…

漫画最新話ネタバレ
『高嶺と花』最新話のネタバレ【85話、86話、87話】

師走ゆき先生の『高嶺と花』は花とゆめで連載中です。今回は最新話のネタバレ(85話)を書いていきたいと思います。   『高嶺と花』の前回(84話)のあらすじは…   長く音信不通だっ ...

続きを見る

 

女子高生・花と大財閥の御曹司・高嶺のお見合いから始まったお付き合い。花はこの先を考え、堂々と高嶺の隣を歩けるようになりたいと考える。そんな中、仕事人間の高嶺はついに過労で倒れるも、花の看病で回復。復帰した高嶺は、大海が行方不明だと知らされて…!?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『高嶺と花』第88話 最新話のネタバレ

 

鷹羽大海、11歳

 

時は少し遡る。

 

鷹羽大海、11歳。高嶺の熱烈なファン。

 

好きすぎて、高嶺のグッズ製作を始め、同人誌まで書き始める。

 

花を思い浮かべ、読ませてやったら喜ぶだろうな、と思う。

 

両親は忙しく、ほぼ家にいない。

 

使用人の作ってくれた食事を一人で食べ、リビングでウトウトと居眠りをしていた。

 

そこに帰ってきた両親。

 

テーブルの上にあるグッズやら同人誌やらを見てため息をつく。

 

 

ふと、大海のスマホを手に取り、見る。

 

その時、大海が目を覚ました。

 

「!!!何、勝手に見てんだよ!?」

 

大海の父・狭也は高嶺と大海が仲が良い事を良く思っていなかった。

 

その上、スマホで見た写真は、高嶺がほとんどだったが、一部、花が一緒に写っているのもあった。

 

マズい。あれを見られた!高嶺の立場が…!

 

花が……!!

 

花の事を調べると言い出す狭也。

 

社会人と付き合っていると思っているので、その裏で女子高生を引っ掛けて遊んでいるのでは、と怪訝な顔をする。

 

さらに、大海に高嶺とあまり関わるなと言い出す。

 

「何だよ、普段全然家にもいないくせに!こんな時だけ寄ってたかって…!高嶺兄さんに何かしたら許さないからな!!」

 

大海は狭也を睨みつけると、自分のものを全て持って部屋へと走った。

 

家出!!

 

そして、現在。

 

狭也が高嶺の会社に来ていた。

 

大海は『高嶺兄さんをいじめないで』と置き手紙を残し、家出したという。

 

狭也は、花の事が大海の口からバレるのを防ぐため、高嶺が大海を監禁しているのでは、と疑ったが、その場では口を噤んだ。

 

高嶺は、自分の所には来ていないが、こちらでも探してみると答えた。

 

大海は山の中でテントを張っていた。

 

発言権がない以上、態度で示すしかない。

 

高嶺兄さんを失脚になんかさせない。

 

大海は4年前、7歳の頃の事を思い出した。

 

鷹羽の家で、高嶺によく付いて来ていた大海。高嶺は子供に好かれるのは慣れてなかったが、2人で話した。

 

休日なのに友達と遊ばないか聞く高嶺。

 

大海は哀しそうに学校でみんなから馬鹿にされる、と話す。

 

高嶺は大海の話すエピソードを全て逆にし、いい方にして示した。

 

そして振り向いて一言告げた。

 

「誰に馬鹿にされても、お前はお前を馬鹿にするな」

 

その頃。花にも高嶺から連絡がいっていた。

 

花はすぐに探し始める。心当たりがあったので行ってみると、案の定、大海を見つけた。

 

大海と高嶺と花

 

大海は花に家出のいきさつを話した。

 

写真をお父さんに見られたと聞き、少し焦る花だが、そもそも黙っててもらってるのはこっちだから大海がここまでする事ない、と説得する。

 

大海は言った。

 

「俺に出来ることなんて限られてるんだよ。子供だし。だからこれ位はさせてよ」

 

その言葉に、花は共感出来てしまう。

 

すぐには知らせず、大海が帰るようにじっくり説得することにした。

 

日も暮れ、夜になる。

 

色々と手を尽くすが中々大海は折れない。

 

どうしよう。見つけたこと、これ以上黙っとくのはさすがにマズい気がする…

 

花が考えていると、大海が何故こんな子供の癇癪に付き合ってるのか聞く。

 

花は高嶺の為に何かする時、あれはするな、これはするな、と言われるから、頭ごなしに否定したくはない、と答えた。

 

11月のテントの中も、2人なら寒くない。

 

色んな話を大海と花はした。グッズも見て、同人誌も読んで。

 

「愛されてるなぁ、高嶺さん」

 

花は嬉しそうに笑った。

 

さすがに冷えて来た。

 

手をさする花を見て、大海は毛布を花に掛けた。

 

「こーしたら、寒くないだろ」

 

大海は、俺カイロを貼ってるからあったかいよ、と一緒に毛布に入る。

 

「…高嶺兄さんだけじゃない。高嶺兄さんに何かあれば、お前だって困るだろ。やり方は幼稚だって分かってるよ。でも他に思いつかなかったんだ。」

 

何が出来ることは無いかって、守りたいって思ったんだ。

 

…こんな風に、困らせたかったわけじゃない。

 

花は優しく笑って言った。

 

「ありがとう。…でも、できれば無事だって事だけでも、伝えさせてくれる?」

 

大海はシュンとなり、考え、高嶺に『見つかった』とだけ伝えて、と言った。

 

花は早速伝えようとするが、スマホの電池が切れていた。

 

その頃、高嶺は花に電話しながら、何故出ないのか不思議に思っていた。

 

後ろで狭也が頭を抱えている。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『高嶺と花』第86話最新話のネタバレ

ComingSoon

 

 

『高嶺と花』第87話最新話のネタバレ

ComingSoon

 

 

『高嶺と花』まとめ

今回は『高嶺と花』88話、89話、90話のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.