漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『高嶺の華は乱れ咲き』第1話のネタバレ&最新話!バケツにオシッコをする嶺崎さん

投稿日:2019年1月23日 更新日:

ヤングチャンピオン烈 新連載!

 

いとうえいが描くお嬢様×ソフトSM×青春「高嶺の華は乱れ咲き」

 

『高嶺の華は乱れ咲き』第1話のネタバレ!

 

高嶺の華の嶺崎さん

 

「であるからして…いいかこれ覚えとけよ」

 

授業中。澤田という生徒は頬杖をつきながらぼーっとしている。そしてもの思いにふける。

 

俺はこの度の席替えで特等席を手に入れた。

 

一番後ろだから寝られるとかそんな事ではない。

 

憧れの嶺崎悠華さんをずと眺められる特等席なのだ。

 

(今ほど席替えをありがたく思った事はないな。ああ…今日も可愛いなぁ…)

 

彼女はいわゆる高嶺の華。全てが中の中な自分とは釣り合わないと重々承知している。

 

(俺ごときは見てるだけで十分だけどね)

 

「澤田淳! 聞いてるのか、今の問題答えてみろ」

 

注意と共に、澤田の額にチョークが直撃する。それを囃し立てる生徒。

 

特等席の欠点は授業が全く身に入らないこと…

 

代わりに嶺崎が当てられ、正解する。

 

(どうしよう、怒っているか…呆れるか…)

 

そんな事を考えていると、嶺崎が笑いかけてきた。

 

(よかった…嫌われなくて。授業に集中しよう)

 

その時一瞬見えた緋色がなぜか目に焼きついて、結局彼女から目が離せないまま…

 

 

嶺崎のとんでもない行為

帰宅時間。澤田は水の入ったバケツを持った嶺崎と廊下で会う。

 

「嶺崎さん!」

 

「あら澤田くん」

 

どうやら彼女の班は掃除係らしい。重そうなので運ぶのを手伝う事に。

 

「ここに置いてもらえる?」バケツを置く。

 

「ありがとう、助かっちゃった。じゃあまた明日」

 

「う…うん、さよなら」

 

しかし、他の班員が来るまで手伝えばより好感度が上がると思い、残ろうとする。

 

 

しかし、嶺崎のいる教室に入ろうとしたとき、戸の隙間からとんでもないものが見えてしまう。

 

「!?」

 

(え? え!? な…何!? 一体何を??)

 

(えぇぇっ!!!)

 

なんと彼女はタイツとスカートを脱ぐと、その場で放尿したではないか。

 

いま……嶺崎さんが…?

 

俺、寝ぼけてる? あれ? もしかして夢?

 

そして彼女は水入りバケツを持つと、証拠消しのためか、自分の膝に水をぶちまけた。

 

流石の澤田も「はぁっ!?」と声を上げてしまう。

 

「え」「あ」

 

見つかった…

 

 

これはどうやって弁解すればいいのだろうか。

 

「ごめーんっおまたせ! 嶺崎さん早いねっ……っってどうしたのそれ!」

 

その時、他の班員の女子が帰ってきた。

 

「ごめんね用意してたら倒しちゃって。音がしたから通りかかった澤田くんも来て…」

 

上手く誤魔化す嶺崎。

 

心配する他の班員たち、嶺崎が着替えている内に自分たちが掃除をすると提案する。

 

「って男ども、見てないで掃除。澤田くんもボサっとしてないで上着貸してあげなよ」

 

件の女子がテキパキ指示する。

 

「ありがとう。後で返すから、悪いけど教室で待っててくれる?」

 

嶺崎は澤田に礼を言う。

 

最後に「ヒミツね…」とつぶやいて、廊下を歩いていく。

 

「――…嶺崎さん…」

 

そして嶺崎も掃除を手伝う羽目に。

 

 

誘惑におぼれて

 

『下校の時刻になりました。まだ校内に残っている…』

 

誰もいない教室で嶺崎は一人。そして先ほどの出来事を思い返す。

 

……もしかして全部夢だったんじゃ

 

嶺崎さんがあんな事…

 

「これ現実だよな。洗濯してる間着てたんだよな」

 

そこにあった嶺崎の体操着に手を触れる。その時、それを落としてしまう。

 

「やばっ落とした…ん?」

 

彼女のブラとパンティも落ちる。

 

じゃあさっきのは、本当に…

 

嶺崎が放尿していたシーンを思い出す。

 

触れた布の質感と微かなアンモニアのにおいが…目を逸らそうとする自分に現実だと知らしめている。

 

どくん、どくん、と緊張しながら、彼女のパンティを手に取る。

 

「澤田くん」

 

その時ガラッと教室のドアが開く。

 

「私の下着持って、なにしてるの?」

 

 

嶺崎悠華の下着を手にした澤田淳に言い逃れは不可能…どうする!?

 

 

 

『高嶺の華は乱れ咲き』第2話のネタバレ!

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.