漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『双星の陰陽師』最新話のネタバレ【71話】ケガレ堕ち

投稿日:2019年5月4日 更新日:

助野嘉昭先生の『双星の陰陽師』はジャンプSQで連載中です。

 

『双星の陰陽師』前回(70話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『双星の陰陽師』最新話のネタバレ【70話】天馬の壮絶な過去

助野嘉昭先生の『双星の陰陽師』はジャンプSQで連載中です。   『双星の陰陽師』前回(69話)のあらすじは・・・   悠斗と天馬の戦いにろくろが割り込み、2vs1に。天馬・ろくろv ...

続きを見る

 

天馬の過去は壮絶なものだった。熾烈な兄弟とのころし合いに勝ち、双星の成れの果てであるおぞましい力を受け継ぐ。この力を受け継いだせいで天馬の見る景色は歪んで見えた。そんなある日他の陰陽師から「最強の式神を得た者には自らの最期を知っておく義務がある」と言われ、自分の未来を見る。

 

そして自分のしも。それを見た彼の感想は『まあ...悪かねぇな...』。そして現在、大技を食らった悠斗の右手は消失していた。キレた悠斗はすぐさま反撃してきたが、ろくろは天馬の協力の元、『紅蓮流星拳・破星焔』を放ち、巨大なそれが悠斗を飲み込む。悠斗は元の姿に戻ったが、何か不気味な呪文のような調べを発していた。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『双星の陰陽師』第71話のネタバレ&最新話!

 

恐ろしい夢

悠斗の幼い頃の記憶。かごめかごめなどで皆や紅緒と遊んでいた。彼らは土御門島で日々修行を積んでいた。大切な家族は自分が守るのだと。

 

ある日、紅緒の帽子が風に飛ばされて崖のあたりに落ちる。取りに行く悠斗だが、足を滑らせて崖から落下してしまう。すぐさま病院に運ばれるが、容態は極めて深刻だ。

 

悠斗は夢の中でまたかごめかごめをしていた。「うしろのしょうめんだぁ~~れ」と言われ、「紅緒っ」と振り返る。

 

そこにいたのは巨大な化物だった。「怯むなっ戦え…」と何人もの大人が立ち向かっていくが、皆ころされた。これは現実なのか…。

 

「ご覧くださいっ…これは神様が下した罰なのでしょうかっ!?」

 

キャスターが説明する。科学兵器が一切通用しないケガレと呼ばれる怪物たちがこの世界を蹂躙していく。キャスターは現実に耐えられず飛び降りてしまう。やがて核が落ち、大勢のケガレが襲ってくる。

 

これは一体なんなのか…。知らない現実、もしくはこれから起こる未来…!?

 

悠斗は恐ろしさのあまりブツブツ呟く。そして悠斗に「だぁ~~れ」と振り返ったその人物は、首だけの紅緒を抱くボロボロの悠斗だった。

 

「次は、君たちの所だね……」

 

そして光が…。妹の首を抱いた自分は炎に包まれる。

 

 

ケガレ堕ち

悠斗「あ゛っ…」

 

彼は泣きながら目を覚ました。父母は安心するが、あまりにも恐ろしい夢を見た彼は泣き叫ぶ。どうやら半年近い眠りだったようだ。しかし退院してからも悪夢を見続ける。

 

もしあの夢が本当に現実に起こるのならば、これまでの努力も何一つ報われない。自分たちは何のために生きているのかとさえ思った。しかし本当に現実とは限らない。悠斗は『家族のために強くなる』を貫くだけだ。

 

だが彼の両親は亡くなり、嫌な気持ちに襲われる。紅緒にも厳しく接しすぎ、いったん妹とは距離を置くことに。

 

彼は夜中に強烈な自己嫌悪に襲われる。と、突如意識が別の場所に飛ぶ。そこでは人間をケガレに変える実験が行われていた。自分の憧れていた陰陽師はこんなことをしていたのか。

 

ケガレの力を取り入れるケガレ堕ちは成功しなかったようだ。やはり陰の力を得るなど馬鹿げている。

 

ただ一つ分かったのは、あの事故をきっかけに自分の前世の陰陽師あるいは持っていた呪護者の能力が目覚めたのだろう。あの夢も自分の中にある何者かが見て来たものを自分が夢で見たのだろう。

 

もし本当に自分が望む力を得られるのなら――

 

できるはずだ。紅緒を守るためならケガレに身を染めるくらい…

 

 

なぜそうなったのか

それから彼は本土の分家に預けられる。そこで一家を皆ごろしにし、ケガレ堕ちするために自ら差し出す一部として左目をくり抜く。

 

さらに雛月寮に引き取られ、大量の人間を実験材料にしていった。そして大量のし体の上で彼は思う。

 

僕ハドウシテ、強クナリタカッタンダッケ~~~~~~~~

 

ふとはじまるかごめかごめ。振り返ると紅緒は足を怪我して倒れていた。「どうしちゃったの、その脚」と尋ねると、いつぞやの夢のように巨大な化物に姿を変える。

 

悠斗「やっ……っぱり…お前っ………か!!!!」

 

そして彼は咆哮を上げながら更なる力を――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

回想終わり。

 

天馬とろくろの前で彼は白い玄胎と化していた。天馬は自分たちの見当違いだったと言う。

 

天馬や有馬は当初悠斗が何らかの事故で紅緒より先に双星の記憶を覚醒し、双星の運命を知ったことで身勝手な方法で運命に立ち向かおうとしたのだと推測した。

 

だがあの姿は違う。アレはケガレ堕ちの延長とは次元が違う。あれはもう自分たちが触れてはならないもの。

 

と、悠斗が手に凄まじいエネルギーを溜める。欠片でも出し惜しみしたら即終わりだ。全て出しきれと天馬は言う。

 

そして2人と1人のエネルギーがぶつかり合う。だがろくろたちは押しきれない。

 

と、天馬は先ほど受けたダメージが響く。そして天馬はろくろの前に立って彼をかばう。そして凄まじい衝撃波。

 

煙が晴れて見上げるろくろの前には、左腕を失った天馬が……!!

 

 

 

『双星の陰陽師』第72話のネタバレ、最新話

漫画最新話ネタバレ
『双星の陰陽師』最新話のネタバレ【72話】

助野嘉昭先生の『双星の陰陽師』はジャンプSQで連載中です。今回は72話の最新のネタバレを書いていきたいと思います。   『双星の陰陽師』前回(71話)のあらすじは・・・   少年陰 ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.