漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『双星の陰陽師』67話ネタバレ&最新話!有主はろくろと共に深度2013へ向かう

投稿日:2019年1月14日 更新日:

ジャンプSQ連載中!

 

『双星の陰陽師』前回(66話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『双星の陰陽師』66話ネタバレ&最新話!有馬のケガレ堕ち。

ジャンプSQ連載中!   『双星の陰陽師』前回(65話)のあらすじは・・・   悪が創り上げたケガレが、土御門島を襲い、呪装した雲林院憲剛と水度坂勘久郎が応戦する。一方、ろくろは無 ...

続きを見る

 

ろくろは無悪に怒りをぶつけ、立ち向かう。無悪を倒そうとしたその時、瀕死の状態だった有馬が復活し、自らケガレ堕ちして無悪に立ち向かう。そして、ありすの父は、ありすの目の前で、無悪と共にその命を失わせた。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『双星の陰陽師』67話ネタバレ!

君の未来のために

 

親子

 

「お父さん!!」

 

有主は、お父さんに向かって走り寄る。

 

「1人で行くなって!!林檎ちゃん達どーすんだよ!!」

 

ろくろも後を追うが、有主はろくろの声など耳に入ってはいない。

 

「お父さんっ、お父さん!!」

 

有主のお父さんは、実体を失いかけていた。しかし、未だ意識はある。

 

「本当にもう…、カッコ悪い所見られてばっかりだなぁ。…ケガレの声が止んだね。無悪の甘露門は取り除くことが出来た…かな?

 

-とはいえ、スマートさの欠片もないな…。情けのない父親だろ…?いつも君に暴言を吐いておきながら、いざとなったらこのザマ…。とんだお笑い草だよね…」

 

お父さんは笑って見せたが、有主はそれを否定する。

 

「おかしいことなんてっ…、ひとつもありませんっ!あんなことっ…、他の誰が真似できるというのでしょう…!

 

あなたがどれ程僕を嫌おうとっ…、どれ程ご自身を卑下しようと、あなたは…、立派でっ…、偉大で…、素晴らしいっ…、僕の自慢のお父さんです!!」

 

有主の瞳からは、涙が零れていた。有主の言葉に、お父さんは目を見開く。

 

「僕程ろくでもない陰陽師は他にいないよ…。この外見と同じさ…。ケガレ達と何ら変わりない…。

 

自分の私利私欲のために、ろくろ君や紅緒君、同じ陰陽師達をコマのように利用してきたんだ。君が言う様な理想とはかけ離れた生き物…」

 

すると、側で聞いていたろくろが口を挟む。

 

「全部、有主のためだろ?清弦が言ってたよ。あんたが誰よりも陰陽師の使命に忠実で、わかり易い考え方の持ち主だって…。

 

あんたが常に、ケガレとの戦いを終わらせることしか考えてないって…。

 

あんたは本当は、有主に戦いの世界に身を置いて欲しくなかっただけだろ?だからずっと遠ざける様な真似ばっかりしてきたんだろ?

 

もっと昔に、清弦はこうも言ってた…。自分たち大人が不甲斐ないから俺たちにまで戦わせなきゃならない…。

 

子供は子供らしく遊ぶことだけ考えるべきなのにーって…。

 

他のいろんなもの差し置いてでも、親が子供のことを考えるのって、それって普通のことじゃね?」

 

ろくろの言葉を聞いた、有主のお父さんは、

 

“僕がやってきたことは…、そんな綺麗事で済まされる話じゃ…”

 

と、考えながら、妻で有主の母・真魚の最期を思い出していた。

 

真魚に、有主の未来は護ると約束したことを。

 

そのためには、誰に恨まれることになろうとも、有主自身に遠ざけられることになろうとも、構わないと決意していたことを。

 

そして、ろくろの話を聞いた有主は、号泣しながらお父さんに語り掛ける。

 

「お父…さん…、僕の幸せには、あなたが必要です…!!お父さんっ…、死な…ないで。お父さ…ん!!」

 

そして、お父さんは有主を抱きしめた。お父さんの目からも涙が溢れている。

 

「全く…!こうならないように…、君を遠ざけてたん…だよ。ホント…、台無しだよっ…。台無しじゃないか…!!」

 

2人は、号泣しながら互いを抱きしめ合った。

 

 

深度2013へ!

そして、有主のお父さんは、ろくろを近くに呼び寄せ、話をし始めた。

 

「君が島に来て、はじめて青陽院へ来た時、右腕にかけた封印のことは覚えているかい?

 

あの術は、本当は、君が普段から放つ呪力を、少しずつ吸収し蓄えておくためのものだ。全ては…、今日この日のためにね。

 

この陰陽師とケガレとの戦いには、まるで“台本”があるかのような同じ大きな流れを何度も何度も繰り返している…。

 

この大きな転機を“特異点”ーと、呼んでいる。だが、ここに来て、この物語を根底から壊そうとしている者がいる。

 

それが、石鏡悠斗君だ。この如何な予測をも裏切り得る存在に対し…、君は、これをどう受け止める、ろくろ君…」

 

「…めっちゃワクワクする」

 

ろくろの答えを聞いた有主のお父さんは、

 

「実に君らしい答えだ」

 

と、笑った。

 

そして、ろくろに、蓄えられていた呪力が溢れ出す。有主のお父さんは、ろくろに百夜という最期の術をかけた。

 

「-さあ、急ぎ深度2013に戻りたまえ!君の戦うべき敵は、そこで待っている!」

 

 

別れの時

いよいよ、有主のお父さんとの別れの時がやってきた。

 

“僕は、幸せだ。愛する者に最期を看取って貰える。僕は今、人生で一番幸せだ”

 

有主のお父さんは、有主が生まれた日から今日までのことを、一つ一つ思い出していた。

 

「すまない、有主…。本当は、この日のために伝えたいことがいっっぱいあったんだけど…、全部フッ飛んでしまったよ…。ねぇ、有主…、大好きだよ」

 

「僕も…、大好きですっ…。お父さんっ…」

 

そして、有主は、お父さんの意志を継ぎ、ろくろと共に深度2013へ向かう事を決意した。

 

 

 

『双星の陰陽師』68話ネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
『双星の陰陽師』第68話のネタバレ&最新話!鈩(たたら)の恐るべき能力

ジャンプSQ連載中!   『双星の陰陽師』前回(67話)のあらすじは・・・   最新話は「ジャンプSQ」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ! ...

続きを見る

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.