漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『それでも世界は美しい』最新話のネタバレ【135話】アルターリア

投稿日:2019年11月12日 更新日:

椎名橙先生の『それでも世界は美しい』は花とゆめにて連載中です。今回は最新のネタバレ135話を書いていきたいと思います。

 

『それでも世界は美しい』の前回(134話)のあらすじは…

漫画最新話ネタバレ
『それでも世界は美しい』最新話のネタバレ【134話】幼い頃のアル

椎名橙先生の『それでも世界は美しい』は花とゆめにて連載中です。今回は最新のネタバレ134話を書いていきたいと思います。   『それでも世界は美しい』の前回(133話)のあらすじは… &nbs ...

続きを見る

 

瀕死のアルが何故世界の破滅を望んだのか知りたかったニケは、守護者に導かれてアルの意識に入る。母から“レオ”と呼ばれる、幼少期のアル。ニケはアルの歴史を見ていく。大王の子と母に言い聞かせられて育つも、外に出る事や人に会う事も許されず育つアル。

ある時、大王の使いという貴族が母とアルを探しに来るが、その目的は抹殺だった。直接手を下す男達が、母に『本当はその子供産んでないんじゃないか。大王の子供でもないんじゃないか。』と言い出し…!?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『それでも世界は美しい』第135話 最新話のネタバレ

 

掌を返したように、母は、自分の子供でも大王の子供でもないと言いだし、アルを差し出す。

 

男達は、証明するために子供の顔を切ろとナイフを投げて来た。

 

母は、泣き叫ぶアルを押さえてナイフを向け、顔を斬る。そして振り向きもせずに、出て行った。

 

男達は一晩中アルを嬲り続け、涙も叫びも、闇に溶けて、この日何かが決定的に折れて、もう元には戻れない。

 

それでもまだ、死にたくなかった。

 

アルは隙を見て窓から逃げ出し、下に流れる川に流されていく。

 

その中で、優しかった人を思い出す。

その人が自分を突き飛ばした、手の冷たさも。

 

こんな風に踏みにじられる人生なら、どうして…なんの為に生まれて来たんだろう。

 

見ていたニケの瞳から、涙が溢れ止まらなかった。

 

川べりに引っかかって止まったアルを見つけたモノ。

運命の出会いだった。

 

 

『アルターリア』

自分をどう説明すればいいのか。

それは封印された悪霊の一部で悪意の駒。

 

北の最奥に眠る本体を起こすため、深い絶望を持つ人間を発掘し誘導することが目的。

 

アルを拾い、手当をし、寝床に寝かせている。

目が覚めたアル。

 

私は看病し、火傷の手当をした。名前を聞くが黙っている。

 

「アルターリアでどうだ。美しい花の名だ」

 

名前を授け、世話をやく。目的のために。

 

体はだいぶ良くなったが生きる気力が乏しい。

古代語ができる事には驚いた。黒蓮石も持っている。

 

元気になったら、頼みたい事があるとは言っておいたが…。雨の公国についても、おいおい教えて行かねば。

 

食事を作ろうとすると、何か手伝うと言ってきた。食欲が出てきたのはいい傾向だ。

 

材料を切り戻ると、アルが沸かした湯を浴びてしまったらしく、足を痛がっている。あと、顔に少し。

 

明らかに足の方が火傷しているが、アルは顔に火傷した事をしきりに気にする。

 

顔よりも足だ。そもそも顔はもうすでに大怪我を負っているのだから、今更そんな火傷程度…とにかく冷やさなくては。

 

それを聞いたアルは、大粒の涙を流した。堰を切ったように、声を上げて、泣き続けた。

 

 

自分より大切なもの

泣き疲れて、アルは寝た。

 

その後も、私が何か気にかけると、すぐに泣いて、そして笑った。

 

アルは賢い。私の行為が完全な無償でない事は分かった上で、慕ってくる。慕うしかないのだ。

 

アルは、“頼みごと”聞いていいよ、と言った。その代わりお願いがある、と。

 

僕の『お母さん』になって欲しい。

僕をいつも見てくれて一番に考えてくれて裏切ったりしない。

 

私はアルの手を握り、約束した。

命尽きるまで、いつもお前を見守ると。

胸の奥を、何かが付き上げる。

 

人間は興味深い。非合理的な事で泣いたり笑ったり滑稽で無意味で必死だ。

 

アルが歌を歌う。私は無意識に、笑っていたらしい。アルは私が笑ったことに喜び、満面の笑みを見せた。

 

そうやっていくつかの季節を共に過ごした。

 

ある日体の違和感を感じ、急いでアルから離れ1人になった。途端、手がボテッと落ちる。日に日に、体の再生が追いつかなくなっている。

 

私達にも使用期限があると聞いたが。 

 

私はまだアルに“目的”を語れていない。それを拒んでいる事に、自分自身でも驚いている。色々な話はした。私の本体についても。

 

だが肝心の“世界の破滅”について話していない。

言ったら更なる地獄を歩かせる。

言えない。

私のために、世界を壊せとは。

 

知らなかった。

自分の存在理由よりも

こんなにも重いものがあるとは。

 

薬草を取って、帰ってきたアル。

大好きなあの人は、寝床の上で、動かなくなっていた。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『それでも世界は美しい』第136話最新話のネタバレ

漫画最新話ネタバレ
『それでも世界は美しい』最新話のネタバレ【136話】生贄の羊

椎名橙先生の『それでも世界は美しい』は花とゆめにて連載中です。今回は最新のネタバレ136話を書いていきたいと思います。   『それでも世界は美しい』の前回(135話)のあらすじは… &nbs ...

続きを見る

 

 

『それでも世界は美しい』まとめ

今回は『それでも世界は美しい』第135話のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.