『その着せ替え人形は恋をする』2巻

青年マンガ

『その着せ替え人形は恋をする』10話ネタバレ&最新話!新菜の頑張を知り泣き出すマリン。

投稿日:2018年10月6日 更新日:

ヤングガンガン連載中!

 

オススメ記事

その着せ替え人形は恋をする2巻
『その着せ替え人形は恋をする』1巻、2巻を無料で読む方法!zip、rarのDLは危険!

福田晋一「その着せ替え人形(ビスク・ドール)は恋をする」はヤングガンガンで連載中の漫画です。   実は無料で読む方法は存在します。しかも安全、合法です。   3つのサイトの合計で2 ...

続きを見る

 

『その着せ替え人形(ビスクドール)は恋をする』前回(9話)のネタバレ!

『その着せ替え人形は恋をする』2巻
『その着せ替え人形は恋をする』9話ネタバレ&最新話!マリンの為に徹夜で衣装を仕上げる新菜

ヤングガンガン連載中!   オススメ記事       『その着せ替え人形(ビスクドール)は恋をする』前回(8話)のネタバレ!   五条新菜(ごじょうわ ...

続きを見る

 

五条新菜(ごじょうわかな)は、誰にも言えない趣味である雛人形制作現場を、同じクラスの喜多川海夢(きたがわまりん)に偶然目撃されてしまう!!

 

しかし、引かれるどころか、「コスプレ衣装を作って欲しい」と頼まれたのだった!!いよいよ衣装作りがスタートしたが、その矢先、新菜の祖父が倒れてしまう。

 

祖父の看病や中間テストの勉強と並行し、追い詰められた新菜だったが、なんとか徹夜で衣装を作り終えた。

 

今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『その着せ替え人形は恋をする』10話ネタバレ!

 

やっとの思いで完成した衣装

 

「…うそ…」

 

新菜からのラインを見た喜多川さんは、早速新菜の家にやって来た。完成した衣装を前にして、驚きを隠し切れない喜多川さん。

 

 

「ギリギリでしたけど、間に合いました。これでイベントに出れますね…」

 

 

徹夜をした新菜は、見るからにやつれていた。

 

 

喜多川さんは、

 

「ごじょー君…、もしかして、あたしが今日のイベントに出ると思ったの!?」

 

と、焦っている。

 

 

「…ち、違うん…ですか…?」

 

 

「あたし…、服作るのに、どれくらい時間かかるのか分かんなくて…。

 

コスプレイベントって、探せば結構いつでもやってるし、ごじょー君が完成させるまで、全然待つつもりだったってゆーか…っ。

 

ごめん…っ!あたしがちゃんと言わなかったから勘違いさせちゃったよね…っ」

 

 

喜多川さんがそう言うと、新菜はへなへなと力なく座り込んだ。

 

 

「…なんだ…。よかった~…。間に合わなかったらどうしようって…、ずっと不安で…。なんだー…。余裕あったんですね…!あー、よかった…。本当に…」

 

 

そう言って、喜多川さんの方に目を向けると、なんと喜多川はぼろぼろと涙を流していた。

 

 

「う…っ、あ、あたし…、ごじょー君…っが、先週ずっと…、テスト終わったらすぐ…帰ってたの…、おじいちゃんのとこ…行ってるのかなって…、思ってて…。

 

大変…なのに…、作ってくれてるなんて…、分かんなくて…。

 

ごめ…、あたし…、全然…気付いてあげれ…なくて。ごじょ…君、ごめんね…。ごめ…」

 

 

新菜のやつれた様子を見て自分を責める喜多川さん。

 

 

新菜がフォローするも、泣き止まない。そして、新菜は、

 

「あの…、えーっと、その…、そっ、袖通してみませんか?せっかくなので!」

 

と、提案した。

 

 

「実際に着てもらって、詰めないといけない箇所がないか確認したいですし…。

 

そうだっ!どうせなら全体のバランスも見たいので、ウィッグと化粧もしてみましょう!」

 

 

しかし、喜多川さんは、

 

「ごじょー君…、疲れてるのに…」

 

と、気にしている。

 

 

新菜は、そんな喜多川さんに優しく語りかける。

 

 

「喜多川さん。喜多川さんは…、雫たんになりたいんですよね?…それなら、着ましょうよ。

 

俺は完成して嬉しいですし…。喜んでもらえたならそれでよかったんですが…。

 

あっ…と…、嬉しくー…なかったですか…?」

 

 

「嬉しいに決まってんじゃん~…。ありがとぉ…。ありがと。ごじょぉ君…。ありがと…。うっ、めっちゃ着る…」

 

 

喜多川さんは、泣きながら笑った。

 

 

新菜の夢

そして、ウィッグを付ける為に長い髪をまとめ、化粧を施していく。

 

 

「眉は下げてタレ目。アイシャドーは赤。

 

頬紅は目のすぐ下で、目の赤に印象を持たせる為に、口紅は発色を抑えて。

 

とはいえ、全体的には衣装に負けないよう、かなり濃くしないと…。

 

つけまつ毛もいいですね!

 

目尻が長めのタイプを使えば、タレ目の雰囲気がかなり出ます!

 

雫たんにグッと近づけますよ!」

 

 

そう言って、自身が所持していたつけまつ毛を出した、新菜。喜多川さんは、

 

「…これ、彼女の…とか?」

 

と、驚いている。

 

 

しかし、これは実は、新菜が雛人形を作る為に買っておいたもの。

 

 

今の雛人形は、時代に合わせて、口紅もピンクやオレンジにしたり、髪の毛も茶色がかった黒や金髪のものもあるのだという。

 

 

「俺にはまだ分からないんですが…、じいちゃん達は、例えば人形の眉を見れば誰が描いたものか分かるそうです。俺も…、俺も将来、そんな雛人形…、作れる様になれたらなって…」

 

 

脱線して自分の夢を語り始めた新菜。

 

 

「すっ、すみません…っ!!余計な話を…っ」

 

と、謝るが、喜多川さんは、優しく微笑み、

 

「なれるよ。ごじょー君なら、絶対なれるよ」

 

と、言った。

 

 

その言葉に、新菜も、

 

「ありがとうございます」

 

と言って笑う。

 

 

「…ごじょー君て、そんな風に笑うんだね。ちゃんと見るの、何気に初かも」

 

 

喜多川さんの言葉に、照れて真っ赤になる新菜だった。

 

 

いよいよ衣装に着替える

そして、化粧が終わり、いよいよ衣装に着替える。

 

 

「では、俺廊下にいますんで、着替えたら呼んでください」

 

 

しばらくして、廊下にいる新菜を、喜多川さんが呼んだ。

 

 

「…あの、ごじょー君…、着たんだけど…」

 

 

 

『その着せ替え人形は恋をする』11話ネタバレ!

『その着せ替え人形は恋をする』2巻
『その着せ替え人形は恋をする』11話ネタバレ&最新話!大好きな雫たんになったマリン

ヤングガンガン連載中!   オススメ記事   『その着せ替え人形(ビスクドール)は恋をする』前回(10話)のネタバレ!   五条新菜(ごじょうわかな)は、誰にも言えない趣 ...

続きを見る

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.