漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『終末のワルキューレ』5話ネタバレ!必殺技

投稿日:2019年1月8日 更新日:

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)

月刊コミックゼノン連載中!

 

このマンガがすごい!2019オトコ編 第5位!

 

『終末のワルキューレ』前回(第4話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『終末のワルキューレ』4話ネタバレ!13神と13人

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作) 月刊コミックゼノン連載中!   このマンガがすごい!2019オトコ編 第5位!   『終末のワルキューレ』前回(第3話)のあらす ...

続きを見る

 

全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。

 

神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」!人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!!

 

最新話は「月刊コミックゼノン」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『終末のワルキューレ』5話ネタバレ!

必殺技・ゲイルロズハンマー

覚醒したミョルニルを、全力のトールが振りかぶる。

 

 

それは、全知全能の神々さえもが初めて見る光景であった…!!

 

 

「死ぬなよ」

 

 

そう言って、トールはミョルニルを振りかざした。

 

 

“投擲た!!”

 

 

観衆の誰もが、息をのんで見守る。

 

 

“トール神、ミョルニルを投擲し、霧の巨人たち(ヨトゥン)の東部を破壊す。

 

ミョルニル、その魔力故に、百投して一度も外すことなしー。『スノッリエッダ』より”

 

 

なんと、呂布は、百発百中といわれていたトールのミョルニルをかわしたのだ。

 

 

そして、丸腰のトールに迫ろうとする。

 

しかし、ここでミョルニルが独りでに戻って来て、今度は背後から呂布を狙っている。

 

 

すると、呂布は自らが回転し、回転しながら迫るミョルニルを、回転で往なした。

 

 

伝説には、記録されていない先がある。

 

 

“トールがミョルニルを投げる真の目的は、投擲そのものにあるのではない。

 

全力で投げたミョルニルの、その速度と遠心力を、ギリギリまで矯めて放つ、究極の一撃のため…”

 

 

それは、数千年前、宿敵の大蛇・ヨルムンガンドと闘った時に一度だけ使った必殺技『覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー)』

 

 

この試合でトールが見せた、最高の人類礼賛(笑顔)に、呂布もまた最凶の殺意(笑み)で返した。

 

 

そして、ゲイルロズハンマーがドゴオオンという爆音と共に決まった。

 

 

しかし、

 

「た…、耐えた~ッ!!呂布…ッ。この漢…、トールの全てを受け止めやがる~!!」

 

なんと、呂布はゲイルロズハンマーを決められてもなお耐えたのだ。

 

 

「ヨルムンガンドをお願いします。葬った技だぞ…」

 

 

「何なんだ。あの人間は…」

 

 

観衆も、激闘から目が離せない。

 

しかし、次の瞬間、呂布の足首が砕け散った。

 

 

「なんてこったー!!トール神渾身の一撃が、ついに呂布奉先の強靭な肉体を粉砕したー」

 

 

呂布敗北か…?

 

「ヘルメスよ…。やっぱりええのう…。ガチンコは…。しかし、トールのアレを正面から受けるとは…。

 

面白いもんを見させてもらったわ…。だが、あの身体では今度こそ…、ここまでじゃの」

 

 

ゼウスも激闘を見守っていた。

 

 

「殿…。ああ…、私は…、再び殿を…、目の前で…」

 

 

陳宮も悲痛な表情を浮かべている。

 

 

赤兎乱入

トールが、再びゲイルロズハンマーを構えた、その時、

 

「ヒヒィ~ンッ」

 

 

なんと、赤兎が乱入してしまった。

 

 

「陳宮殿…、せ…赤兎が…」

 

 

「あ、ああ…、赤兎…。赤兎は…、あきらめていない…ッ!!誰が何をあきらめた!?我らが殿は、天下無敵の飛将。呂布奉先なるぞ!!」

 

 

呂布に寄り添う赤兎を見て、陳宮は自らを律し、声を上げた。張飛も再び声をかける。

 

 

「何の冗談か知らんが、誰も笑っちゃくれねえぞ。最強の漢がいつまで休んでいやがるつもりだー!?呂布奉先!」

 

 

再び立ち上がる、呂布

そして、群衆の声援を受け、呂布は再び立ち上がる。

 

 

「立ったァー!!この漢はまだ終わっていねぇぞー!!」

 

 

自らの足で立ち上がった呂布は、赤兎に跨る。

 

 

「いよッしゃ!!やっぱり呂布は赤兎に乗ってこそだぜ」

 

と、張飛。

 

 

劉備は、董卓に、

 

「一度はあの背に乗っていたそなたからは何か?」

 

と、問った。

 

 

董卓は微笑んでこう言った。

 

 

「赤兎の背には、呂布奉先が一番似合う」

 

 

『終末のワルキューレ』6話ネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
『終末のワルキューレ』6話ネタバレ!歓喜

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作) 月刊コミックゼノン連載中!   このマンガがすごい!2019オトコ編 第5位!   『終末のワルキューレ』前回(第5話)のあらす ...

続きを見る

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.