漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『終末のワルキューレ』2話ネタバレ!最強神VS最強人類

投稿日:2019年1月8日 更新日:

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)

月刊コミックゼノン連載中!

 

このマンガがすごい!2019

オトコ編 第5位!

 

『終末のワルキューレ』前回(第1話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『終末のワルキューレ』1話ネタバレ!神VS人類最終闘争

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作) 月刊コミックゼノン連載中!   このマンガがすごい!2019 オトコ編 第5位!   『終末のワルキューレ』のあらすじは・・・ ...

続きを見る

 

全世界の神VS偉人、武人、傑人!!地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。

 

その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?

 

第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」!人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!!

 

最新話は「月刊コミックゼノン」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『終末のワルキューレ』2話ネタバレ!

 

三国志の皆も闘いを見守る

 

「さあ、人類の存亡を賭けたラグナロク。神側先鋒は、北欧の最強神“雷の狂戦士”トール神!!そして、対する人類先鋒は…、三国志最強の『英雄』呂布奉先!!」

 

 

スタンドのボルテージも最高潮になっている。

 

 

「おらぁ、呂布!!神の野郎なんざ、さっさとひき肉にしちまえよ~!!神VS人類、最高の酒の肴だぜ。なあ兄者」

 

 

その声の主は、張飛益徳。劉備玄徳はこう答える。

 

 

「少々解せん。『三国志最強』と言うならば、生きながらにして神となった…、そなたでは?」

 

 

関羽雲長は、

 

「軍略など総合力で言えばそうかもしれません。しかし、純粋武人として評価するならば、こう答えざるをえないでしょう…。三国志の最強は、呂布奉先也!!」

 

と、そう言った。

 

 

“殿…!!我も皆もここに居りますぞ。殿が戦場にある時は、我らも必ずあるのです!!

 

もう一度…、我が殿の勇姿をこの眼で見られる日が来るとは…!!感無量!!”

 

と、呂布軍・軍師の陳宮公台は号泣していた。

 

 

ラグナロク開幕!

 

「きっと今ー、ここにいる全ての神々もまだそう思っています。

 

だからこそ、勝機がー…。人間を舐め腐ってる、その澄まし顔に一撃ぶち込む好機がある」

 

 

ブリュンヒルデも、スタンドで見守っている。

 

 

そして、終末の番人・ヘイムダルがその手にせし終末の角笛を吹き、ついにラグナロクが始まった。

 

 

「最強神VS最強人類の闘いがついに始まっ…。?両者、武器を下げ、これは…、ノーガード!まさかの開幕同時にノーガード!!更に、両者共、無造作に間合いを詰めて行くー!!」

 

 

互角の力

トールと呂布、生まれも育ちもー…、いや、種さえ違う漢たちに、共通項が唯一つ。

 

 

それは、生まれながらにして『最強』であること。

 

 

ただ一撃のもとに、敵を屠ってきた。幾千の戦場を駆け巡り、幾万の滴を斃してきた彼らにとって、己の一撃を受けてなお立っていた敵は、共に初めてであった。

 

 

「ご…互角!!力は全くの互角!!」

 

 

その時、ノーガードだったトールが、ミョルニルを両手で構えた。

 

 

繰り出そうとしている技名は『トールハンマー』。

 

 

たかが人間一人にこの技を使うということは、少しは呂布を認めているということらしい。

 

 

トールハンマーの由来

太古の昔、アースガルズにて。

 

 

神々の国は、高い壁に囲われ、巨人の国の度重なる侵攻を防いでいた。

 

 

だが、ある時、巨人が一斉に侵入し攻撃を仕掛けて来た。

 

 

これまで神々の国への巨人の侵攻は、全て単体によるものだった。

 

 

“巨人は単独で行動する”数百年にも及ぶ経験が、じわじわと神々の慢心を呼び、いつしか防御は手薄になった。

 

 

巨人は、その時を待っていたのだ。アースガルズは、まさに壊滅の危機に瀕していた。

 

しかし、他の誰も彼もが容易く破壊される中、トールのみが退屈していた。

 

トールは、66体の敵を独力で全滅!!以降、神々は、トールの栄誉を語り継ぐ為、その一撃必殺の技に称号を与えた。

 

 

曰く『闘神の雷槌(トールハンマー)』。

 

 

トールハンマーに屈しない漢

そして、トールは、この度はラグナロクでもトールハンマーを繰り出した。

 

 

あまりの衝撃に、闘技場が揺れている。

 

誰もがトールの勝利を確信した、その時、土埃の中から立ち上がる人影があった。

 

 

布奉先はニヤリと笑い、

 

「お前、なかなかいいぞ」

 

と、言い、トールに反撃。

 

 

観衆は、誰もが信じられないといった形相だ。

 

 

陳宮公台は、鼻息荒く、興奮していた。

 

 

“見たか神ども。我が殿を。これが人類最強・呂布奉先だ!!我が殿の刃は、天にも届く!!”

 

 

 

『終末のワルキューレ』3話ネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
『終末のワルキューレ』3話ネタバレ!好敵手

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)   月刊コミックゼノン連載中!   このマンガがすごい!2019オトコ編 第5位!   『終末のワルキューレ』前回(第 ...

続きを見る

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.