漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『終末のワルキューレ』第15話のネタバレ&最新話!ポセイドンの恐ろしさ

投稿日:2019年4月3日 更新日:

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)は月刊コミックゼノン連載中です。

 

『終末のワルキューレ』前回(14話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『終末のワルキューレ』第14話のネタバレ&最新話!ポセイドンvs佐々木小次郎

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)   月刊コミックゼノン連載中!   『終末のワルキューレ』前回(第13話)のあらすじは・・・   あと一歩の所でアダム ...

続きを見る

 

第三回戦、【佐々木小次郎】の対戦相手は【ポセイドン】だった。ゼウスに匹敵する強さを持つポセイドンに対し、あまり頼りなさそうに見える老人の小次郎。

 

【宮本武蔵】の息子【宮本伊織】も小次郎をバカにするが、彼が剣を下段に構えて波打っていた海水を穏やかにさせると、武蔵は自著「五輪の書」を破り捨てて「あれぞ、剣を志し者すべてが目指した境地――」と涙ながらに言う。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『終末のワルキューレ』第15話のネタバレ&最新話!

 

動かない二人

シン…と静まる会場。向き合う小次郎とポセイドン。緊張感が半端ない。

 

が、二人とも動かない。もうゴングは鳴っている。なのになぜどちらも動かないのか。

 

一、二回戦と違い――第三回戦は、水を打ったような静寂から始まった。

 

ヘルメスと他の神が話す。ヘルメス曰く、ポセイドンは何も狙ってなどおらず、小次郎が間合いに入ってきたなら叩き殺そうとだけ考えているようだ。

 

小次郎が構え、仕掛ける。その刃がポセイドンの首に届こうとした瞬間、小次郎はポセイドンの槍に刺し貫かれていた。

 

目を見開く小次郎。現実には小次郎は何も仕掛けてはいなかった。

 

どうやら今のは脳内シミュレーションのようである。

 

流石に唯織も「間合いの攻防だけで疲れ果てるとは」と馬鹿にする。

 

ヘルメス「なるほどあの人間…幾度もポセイドン様に仕掛けてはいる様子――」

 

「え?」

 

ヘルメス「頭の中で…ですよ。あれ? 気づきませんでした?」

 

その神は分かっていると誤魔化す。

 

 

元々13神だったオリンポス12神

小次郎は「これもダメか…」と言う。

 

そう、なんせ既に佐々木小次郎は18回も殺されていたのだ。

 

この事態に小次郎も「ちくしょうが…」と。

 

全くこりゃどう攻めたって――しぬじゃねえか

 

ゲルも攻めかねている小次郎に流石『オリンポス12神』の最恐神ポセイドンだと言う。

 

と、ヒルデはとんでもないことを言い出す。なんとオリンポスの神々は13柱だったというのだ。

 

そう、ポセイドンが一人殺したのだ。

 

ヒルデ「その神の名は『アダマス』」

 

その名を聞いた周囲の者が一斉にヒルデを見る。今では恐ろしくて誰もその名を口にできないのだ。

 

アダマスはゼウス・ポセイドンの兄。

 

かつてアダマスがあの世に送られる前。

 

アダマス『あのゼウス(くそガキ)が最高神だと…?』

 

彼は末弟の分際で最高神となった弟が認められなかった。

 

アダマスは反逆を翻し、ティターン神族やギガンテスらを解放、テュポンをも屈服させ、それらを従えた。

 

そして、ポセイドンに後はお前がこちらの味方になりさえすればゼウスの首が奪れると掛け合う。弟の下に立つ兄などいないだろう、と。

 

 

ポセイドンの恐ろしさ

ポセイドン「これが我が兄とは情けない」

 

流石にアダマスは机を蹴りあげて怒る。蹴りあげた巨大な机はポセイドンに向かって落ちるが、それを難なく回避する。

 

ポセイドンもポセイドンでアダマスに敬意を払わない。「俺の目を見ろ!!」と言う。

 

が、ポセイドン曰く、「神は群れぬ、謀らぬ、頼らぬ…それこそが神。はじめから完璧な存在」

 

それを全てアダマスは侵しているのだと。

 

その言葉を聞いたアダマスは激昂するが、ポセイドンは鼻歌混じりである。

 

とうとうポセイドンに向かって斬りかかる。ポセイドンは生涯において今までたった一度もアダマスと目を合わせなかった。

 

その彼が生涯で唯一彼と目を合わせた時には、アダマスの生涯は終わっていた。

 

難なく彼を刺し貫いたポセイドンは、そのまま彼を吹っ飛ばす。

 

そして、13神の中に神ではない者が混ざっていたという。

 

ポセイドン「な…ヘルメス」

 

ヘルメスが隠れて見ていた事は看過されていた。

 

この日より、オリンポスの神々はもとより12神であったと改められた。

 

なお、12神の中にもガチの裏切り者がいたらしいが、それはヘルメスの事であり、彼が話していた神に自ら明かした。

 

天界を分断するほどの戦いになっていたかもしれないが、若き頃のゼウスもそれをヘルメスに提案されて乗り気だったらしい。

 

小次郎は突如「よっこいしょ…」と座り込む。全ての観客たちは驚く。

 

小次郎「フゥ…しにたくねぇなあ」

 

 

 

『終末のワルキューレ』第15話の感想と考察

第3戦目も厳しそうですね…。やはり今回も勝利はできないのでしょうか。

 

もしかしから人間側は1戦も勝利する事が出来ずに終わってしまうのかもしれません。

 

しかし素晴らしい戦いぶりだったから滅亡させるには惜しいとして取りやめるといった流れになるのかも…。

 

 

『終末のワルキューレ』第16話のネタバレ、最新話

漫画最新話ネタバレ
『終末のワルキューレ』第15話のネタバレ&最新話!ポセイドンの恐ろしさ

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作)は月刊コミックゼノン連載中です。   『終末のワルキューレ』前回(14話)のあらすじは・・・   第三回戦、【佐々木小次郎】の対戦 ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.