将国のアルタイル

青年マンガ

『将国のアルタイル』第113話ネタバレ&最新話!マフムート将軍の作戦勝ち…?

投稿日:2018年11月23日 更新日:

前回(112話)のあらすじは・・・

帝国暦453年3月30日、

トルキエ暦77年酒月30日

ザガノス将軍が城壁の町を陥とすと

明示した白砂糖7日まで、

あと8日となった。

 

第6・第7区のカリルバシャ門、

第8・第9区の心臓門が陥落し、

第10・第11区の陥落も間近となっていた。

 

攻め立てるのはディルク・ヴィヒター

率いる帝国軍。

 

マフムート将軍はどう迎え撃つのかーー。

 

 

『将国のアルタイル』第113話ネタバレ&最新話!

 

臆病な男?ディルク・ヴィヒター

金色の町のアキレス腱を

攻め立てる帝国軍。

 

 

その武装は、威風堂々としていた。

 

 

「陸軍中将、いつまで火矢を

射続けるつもりか?

このような手間をかけずとも、

他の二門と同様に力で

押し込めばよいではないか」

 

 

他の門と比べ、遅れをとっていることを

心配した帝国軍の兵が、

バルトライン帝国 南領軍中将

第8軍団長 ディルク・ヴィヒターに問う。

 

ディルク・ヴィヒターは、

 

「ご辛抱ください。味方の

犠牲を抑えるためです」

 

と答えた。

 

 

しかし、兵たちは、この状況下なら

兵の命より時間を優先すべきとし、陰で

 

「若さに似合わず、臆病な男だ」

 

と言った。

 

 

ディルク・ヴィヒターはそれが

聞こえていたが、古門城壁もじきに

崩れるだろうと気にしていない様子だ。

 

 

合戦開始!

古門城壁が焼け落ちる寸前、

トルキエ将国「古門」城壁

守備隊 隊長 犬鷲の

マフムート将軍は、全軍に

第2陣形に移行するように指示した。

 

 

そして、ディルク・ヴィヒターは、

 

「それでは行くぞ!全軍、突撃!!」

 

と指令した。

 

 

それと同時に帝国軍の

騎馬隊や武装兵が飛び出していく。

 

 

一方、マフムート将軍は、

 

「弓騎兵隊、放て!!」

 

と叫び、民家を城壁がわりに弓を放った。

 

 

城壁沿いの住民は、既に町の

中心へ避難をさせたようだ。

 

ディルク・ヴィヒターは、一瞬怯むが、

 

「その程度のことは想定内よ。

だからこそレ レデリク様は

この古門城壁に我らを配した!

盾を構えつつ、市内に突入!」

 

と指示。

 

 

兵隊は勢いよく町に入っていくが、

金色の町の中は複雑に入り組んでいて

行き止まりにぶつかってしまう。

 

 

袋小路になり二の足を踏んでいると、

頭上から瓦礫を落とされてしまった。

 

頭上にいたのは、マフムート将軍。

 

 

「金色の町の市街地は、

トルキエ人の私空間の確保を

重んじる思想の下に生まれた

一階部分に窓の少ない土壁の家と、

日差しと砂を防ぐために生まれた

狭い街路から形成される。

 

加えて、そうした街路の多くは

各家に出入りするための機能しか

持たない袋小路へと続いています。

 

よそ者にとっては迷路に等しい。

これが金色の町の第2の城壁!」

 

 

まさにマフムート将軍の作戦勝ち。

レ レデリク様の進言にばかり気を

とられていたディルク・ヴィヒター

率いる帝国軍は、マフムート将軍の

作戦に乗せられて、迷路のような

金色の町に入り込んでしまったのだ。

 

 

「帝国軍を一兵たりとも

居住区の中に入れるな!」

 

 

ディルク・ヴィヒターは、

帝国軍が惜敗していく様子を見て、

 

「新貴族騎兵、一時後退せよ!」

 

と指示した。

 

 

帝国軍の兵は、

 

「そのようなことをしていては、

日が暮れてしまうぞ!?」

 

と反論した。

 

 

 

マフムート将軍の作戦勝ち…?

ディルク・ヴィヒターの堅実な

攻め方を意外だと言う、

トルキエ将国の兵。

 

 

「帝国軍は決着を焦っていりものだと

思っていましたが…」

 

 

マフムート将軍は、撤退していく

帝国軍を、冷淡に見つめながら

こう語った。

 

 

「いいえ、彼らは金色の町の混乱を

煽るため、住民の前で同胞を

殺害しました。

 

結果、住民の中には、降伏勧告を

はねのけた我々に対し、怒りを向ける

者も出ている。

 

であるならば、本来はすぐ攻撃を

開始せず、城内の暴動の拡大を

待つのが得策のはず。

 

にも関わらず、時間を置かず初日に

攻めてきたんです。

 

彼らが焦っているのは事実。

 

そこに我らの勝機があります」

 

 

帝国軍の真意を看破する

マフムート将軍。

 

 

果たして、マフムート将軍の

言う“勝機”とはーー?

 

 

『将国のアルタイル』第114話ネタバレ&最新話!

 

2018/11/26日 1月号までまってね

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.