漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『屍牙姫(しがひめ)』最新話のネタバレ【最終回】新たな地獄の幕開け

投稿日:

佐藤洋寿先生の『屍牙姫(しがひめ)』は月刊コミックゼノン連載中ですが、残念ながら今回が最終回となってしまいました。最終回(31話)は【5巻】に収録予定です。

 

『屍牙姫(しがひめ)』前回(30話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『屍牙姫(しがひめ)』第30話のネタバレ&最新話!そして18年後……

月刊コミックゼノン連載中! 第30話は【5巻】に収録予定です。   『屍牙姫(しがひめ)』前回(29話)のあらすじは・・・   壮一と鉢合わせするちか。彼に助けを求めるが、壮一は美 ...

続きを見る

 

相打ちになったまま太陽に焼かれ再生不可能なまでのダメージを受けた修と壮一。壮一は環に虫だまりに廃棄され、体中を虫に喰われる。修は美輪子にカプセルの中に入れられ、18年の間再生治療を受ける。

 

完全に再生した修は誰もいなくなった街で美輪子と会う。一方壮一も息絶えておらず、歩いて動けるくらいまで再生していた。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『屍牙姫(しがひめ)』最終話のネタバレ&最新話!

 

環の最期

壮一「け…血族もォ…使い…魔も…いな…いな…いないない…世界…」

 

そう、ちかが望んだ世界。その言葉と同時に壮一の右腕に刃物が再生する。

 

彼はしにぞこなった体でそれを成し遂げるつもりのようだ。

 

「………まァ…よく降ること……」

 

…にしても、腐った肉だの骨だのでそこまで再生できるなんてね……

 

椅子に座る彼女の後ろには壮一がいた。見上げた根性だと褒め称える。丁度環もこの世界にうんざりしていた所だった。

 

酒瓶をあおると、ここの領地はもう解いてあると言う。そんななりになってまで自分の所に帰ってくるなど、少しは可愛い所もあるじゃないかと。

 

「いなきゃいないで……少し退屈だったよ…」

 

美輪子に伝えておけと言う。自分はこの遊びから一抜けすると。そういって最後に満足そうに微笑んだ彼女は既に壮一に背後から――

 

 

気づいた修

「……………」

 

父も母も楓もシワ子も、街の人も学校の皆も……

 

「どこ行っちゃったんだ……?」

 

「この街では色々なことが起きたから……自ずと人々が去ってしまったんじゃなくて……?」

 

そういって背後から現れたのは美輪子だった。彼に久しぶりと言う彼女。

 

そして18年ぶりの外の景色はどうかと言う。そこまで年月が経ったことに驚く彼の肩に手を置く美輪子。

 

ここにいても寒いだけだから、館へ帰ろうと言う美輪子。と、修は固まっている。

 

美輪子「どうなさったの…?」

 

この世界にはもう他に修に帰る場所はないはずと言う美輪子。「こちらへ……」と手を伸ばす。

 

「…美輪子、お前は…」

 

「さァ……!!」と言った美輪子から、人間ではない血族としての化け物じみた様相を感じ取る修。

 

それを見て修は「そうだったのか……」と何かに気づいたようなことを言う。

 

「…いつか言ったよな…永遠に生きるってことが…いずれ俺にも分かるって……」

 

18年。何百年も生きた美輪子にとってはそんなものだが、修の世界はこんなにも変わった。

 

遊びなどと気取ったことを言っていたが、結局、美輪子達血族は――

 

 

彼らの最後と、新たな地獄の幕開け

壮一「美輪子…い、いらない……」

 

突如背後に現れた壮一。これには二人とも驚いた表情をする。

 

身構えさせる隙もなく壮一の刃が美輪子を……

 

血しぶきが飛ぶ。

 

美輪子に刃が到達する前に、修が壮一の頭を刺していた。

 

なぜ修が……そう言った壮一の頭に刺さった刃をドリルのように回転させて破壊する。

 

せっかく血族のいない世界、ちかが望んだ世界、それを自分が作ろうと思ったのに、なぜ…?

 

そう話す壮一に修は言う。

 

「壮一……俺、分かったんだ…」

 

こいつら血族はまぎれもなく不死身の化け物。

 

人の血を食らう人類の敵であり、恐ろしく残忍な悪魔であり、それでこの世界で一番…

 

「淋しい生き物なんだって……」

 

修は壮一に十分苦しんだろうと言う。もう楽になれよ、と。

 

「早く行けよ…ちかの所に……」

 

壮一は最後にちかの事を思い浮かべ、笑顔を浮かべる。

 

彼の最期を見届けた壮一は、そのまま歩いてその場を立ち去ろうとする。

 

どこへ行くのかと聞く美輪子。自分たちのような淋しい生き物を置いて…。

 

「…ごめんなさい美輪子様……」

 

行く当てもないが、館には帰れないと言う修。

 

そう、これが彼にできる唯一の復讐なのだから…。

 

修は美輪子と一緒に生きていくことも、あの世に送ることもできないと言う。

 

「さよなら美輪子様…どうか永遠に一人ぼっちで……」

 

彼は去って行った。

 

美輪子「…本当、意地悪なんだから……」

 

そう言って彼女は微笑んだ。

 

どこかの海岸。崖の上にその家はあった。家で薔薇の花に水をあげている美輪子。

 

彼女はこちらを向いて言った。

 

「ねェ…あなた、大切なものいくつある…?」

 

永遠の孤独を埋める『生』を欲し、彼女は新たな地獄の幕を開こうとしていた。

 

 

 

『屍牙姫(しがひめ)』最終話の感想

まさかこんな最終回になるとは…。亡くなった彼らは報われるのでしょうか。もう少し『血族』について掘り下げて欲しかったですね。彼女たちは果たして何者なのか、もう少し知りたかったですね。

 

それにしても美輪子はほったらかしのようですね。また新たな犠牲者が生まれそうです。しかし、彼女にとって最も過酷な罰はやはり『孤独のまま永遠に生きる』という事のようです。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.