漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『屍牙姫(しがひめ)』第28話のネタバレ&最新話!ちかと美輪子のひと悶着

投稿日:2019年1月15日 更新日:

コミックゼノン連載中!

第28話は【5巻】に収録予定です。

 

『屍牙姫』前回(27話)のあらすじは・・・

 

ちかの手で血族となったクラスメイト達に襲われ、やむを得ず彼らを惨殺した修。変貌したちかを殺すことを決意するが…

 

最新話は「コミックゼノン」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『屍牙姫』第28話のネタバレ!

 

ちかと美輪子のひと悶着

 

「只今、現場の高校に来ています――御覧の通り多くの報道陣が詰めかけています……!」

 

 

ニュースのキャスターが言う。

 

 

「と言いますのも昨日――…」

 

 

「この高校の体育館で生徒と思われる、おびただしい数の惨殺死体が――」

 

 

「ひとりでの外出は極力―――」

 

 

「…ちか」

 

 

修は空高い鉄骨の上に座っていた。

 

 

絶望の出口はどこにあるのか。

 

 

ちかと美輪子。

 

 

「わぁぁーーっ!! 素敵ィーー!」

 

 

美輪子の屋敷を見て喜ぶちか。

 

 

「 本当にいいんですか!? 私がここ使って…!?」

 

 

「勿論よ」と美輪子。そろそろちかも自分の領地を確保しないといけない頃合いなのだそうだ。

 

 

この館で修とずっと暮らす事を夢見るが、修は美輪子の使い魔だ。

 

 

美輪子は領地の次は使い魔を見つけないと、と言うが…。

 

 

「あの…そのことで相談があるんですけど…」

 

 

「相談…?」

 

 

「広田くん…このまま私に譲ってもらえませんか……!?」

 

 

自分のためにボロボロになった広田。かっこいい広田。そんな広田こそ、自分の使い魔にしたいと。

 

 

しかし、使い魔はそう簡単に人に譲れないと返される。

 

 

「で…でも、きっと広田くんだって本当は私の――…」

 

 

「ごめんなさいねちかさん…修さんの気持ちはどうあれ…」

 

 

「修さんは私のモノだから……」

 

 

それに、ちかにはもっとふさわしい使い魔がいるはずだ、と。

 

 

「それにしても本当素敵な館ー!」

 

 

ドールハウスの中に入ったみたーい! とはしゃぐ。

 

 

「…でも」と

 

「美輪子さんが死ねば、広田くんフリーですか……?」

 

 

美輪子はフッと笑うと、自分を殺して修を奪うつもりかと問う。そうだ、とかわいらしく答えるちか。

 

 

「死ね死ねェー!」とポカポカ可愛く殴りつけるちか。

 

 

「もぉ…ちかさんたら…」

 

 

「…ていうか」

 

 

修は元々ちかの彼氏だったのだ。それを美輪子は勝手に使い魔にしたのだ。

 

 

ポコポコ可愛く殴りつけるだけだったのが、ザシュザシュという音と共にちかの手に返り血がついていく。

 

 

「許しませんよ…」

 

 

「広田くんは私のモノです……」

 

 

ちかの全身が醜く変形し、美輪子を貫く。が、何ら動じない。

 

 

「嬉しいわ…ようやくちかさんの地が見られて……」

 

 

「ねぇ…?」

 

 

修さん……

 

 

そこには修がいた。

 

 

修の選択

 

「ひ…広田くん…!」

 

 

慌てて言い訳するちか。

 

 

そんなちかに対し、修は外で大変な騒動になっている、きっと自分たちの存在がバレるのも時間の問題だ、と言う。

 

 

自分の家族や自分が殺したクラスメイトの事を言うが…

 

 

「そんなことより広田くん…!」

 

 

「そんな…こと…?」

 

 

修は自分と美輪子、どちらの使い魔になりたいのかと問う。

 

 

「もちろん……私だよねーー!?」

 

 

だったら…

 

 

「美輪子さんにとどめをさしちゃって……!」

 

 

「この館でずっとふたりで暮らそ…! ずーっと、ずーっと!」

 

 

しかし美輪子も黙っていない。外でそんな騒ぎになっていたとは、と。

 

 

「少しおいたが過ぎたわねちかさん…」

 

 

「修さん、今ここで彼女を、狩り殺しなさい……」

 

 

「ひ…広田君まさかそんな命令…聞かないよね…?」

 

 

しかし、修は手を刃物に変形させる。

 

 

「なるべく…苦しまないようにするから……」

 

 

「なんで私が広田くんに…殺されないといけないのかな…?」

 

 

「美輪子さんのいう事はすんなり聞くの……!?」

 

 

修の出した答えは…

ちかの頭上から血の雨が降ってくる。

 

 

「何かの冗談だよね…? 広田くん…?」

 

 

そこには天井にめり込んだ修がいた。さすが一時感染者といったところか。

 

 

そして改めてちかは修に問う。結局修はどちらの方が好きなのか。もう中途半端は嫌なのだ。

 

 

修は答える。ちかの事がずっと好きだった。

 

 

美輪子の使い魔をしていたのは、ちかをずっと救いたかったから。美輪子は悪魔だから好きになるはずがない。

 

 

一気に顔が明るくなるちか。

 

 

「だったら…だったらやっぱ広田くん私のこと――…」

 

 

「…でも」

 

 

「今のお前も十分悪魔だ…」

 

 

もしかしたら…美輪子以上の…。

 

 

これ以上修は血族のちかなど見たくない。だから…

 

 

「…死んでくれ…ちか」

 

 

「俺も直ぐ死ぬから……死んでくれ……頼む……」

 

 

「…もう死んでくれよ……ちかッ……」

 

 

修は泣いていた。

 

 

「まぁまぁ…なんてみじめなのかしら、同情するわ。同じ女として…」

 

 

その言葉に怒るちかだが、限界を迎えて倒れる。

 

 

「私はただ…ただ広田くんと…」

 

 

「広田くんの…バカァ……」

 

 

ちかは泣きながら夜の道を歩く。なぜ自分の気持ちを分かってくれないのか。

 

 

その時、何者かがちかの前に現れる。その人物は…

 

 

「橘くん……」

 

 

 

『屍牙姫』第29話のネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
『屍牙姫(しがひめ)』第29話のネタバレ&最新話!壮一に血を懇願するちか

月刊コミックゼノン連載中! 第28話は【5巻】に収録予定です。   『屍牙姫』前回(28話)のあらすじは・・・   美輪子の屋敷に案内されたちか。修を自分に譲ってくれないため美輪子 ...

続きを見る

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.