漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

【サタノファニ】第72話ネタバレ&最新話!不動、あやにしごかれて射精wあやはザーメンまみれにw

投稿日:2018年11月15日 更新日:

不動の脂地獄につかまったあや。

絶体絶命のあやはピタゴラスイッチ的手法で脱出を試みる。

 

【サタノファニ】前回(71話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
【サタノファニ】第71話ネタバレ&あらすじ!鬼畜!小夜子に追加の浣腸100mL!谷死亡!慟哭する洋子!

今回ついに谷との決着が!   【サタノファニ】前回(70話)のあらすじは・・・   グリセリンを注入され排便を強要される小夜子。一方で谷との戦闘が続く洋子・カチュア・カレン。 &n ...

続きを見る

 

谷の言葉に心動かされた洋子は、谷の死体を抱いて号泣する。排便を耐える小夜子は、組長からさらにグリセリンを注入され、限界に迫っていた。

 

U-NEXTなら無料ポイントで最新刊を購入出来ます。アニメ版も見放題で視聴出来る!解約も簡単!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

【サタノファニ】第72話のネタバレ&最新話!

 

脂地獄

 

死闘を終えて

谷と洋子の戦闘が終わった後。

 

 

カチュアは女医に経過報告を行っていた。

 

 

戦闘を目撃した者たちは、目と口を覆い部屋に閉じ込めた。

 

 

これ以上の殺しは不要と判断してのことだった。

 

 

洋子の指示で死体は海に捨て、血は赤ワインでごまかし時間稼ぎを行った。

 

 

女医に洋子の様子を問われ、カチュアはちらりと様子を見る。

 

 

手の平で顔を覆ったままの洋子。

 

泣いとる事は言わん方がええか。

 

 

洋子の涙については伏せ、怪我で弱っていると伝えるカチュア。

 

 

脚と肋を骨折し、もう戦力にはならないと話すと、女医は吾妻の所に連れて行ってくれと言う。

 

 

最低限の医療機器は持ちこんでいるため、処置は可能だということだった。

 

 

電話を終え、女医は思案した。

 

 

カチュアは夜の人格が出ているのに洋子をかばった。

 

 

以前にはなかった仲間意識が生まれている。

 

 

昼と夜の人格の統合が進んでいるのだ。

 

 

そして、防犯カメラごしに見た洋子の強さ。

 

 

彼女の強さは驚くべきものだったが、これからも同様に使えるかどうか。

 

 

女医は洋子の今後を疑問視する。

 

 

会話までは聞き取れなかったが、洋子は谷に心を動かされていた様子だった。

 

 

今後の動向について要チェックだと考えたところで、突如、部下の高木が使用していたPCから音が鳴った。

 

 

巴あやのバイタルが消失したと言うのだ。

 

 

不動の脂地獄

巴あやは意識を取り戻したとき、得体のしれない何かに包まれていた。

 

臭い。苦しい。息ができない。

 

 

暗くて熱くてヌルヌルして柔らかい。

 

 

どこだ、と考えているうちに思い出した。

 

 

戦いの最中で、男――不動の肉の中に取り込まれたことを。

 

 

「この"脂地獄"から抜け出した女は1人もいねぇ」

 

 

大きな腹の肉のうねりを集めるように抱き込んだ不動が、ぐふふと笑う。

 

 

あたかも日本ミツバチが天敵のスズメバチを囲んで熱で殺す、熱殺蜂球。

 

 

こうやって密着して女を殺すのは興奮すると不動は喜色を浮かべた。

 

 

あやは囲われた肉の中でもがくうち、一部分だけ硬い箇所に気付く。

 

 

それが男の勃起したモノであることに気付いたが、肉の檻に挟まれてどうすることもできない。

 

 

おまけに、あやの股の間に男の先端がうまくハマりこんでしまう。

 

 

意図せず連続で刺激してしまい、不動は堪えきれずに射精した。

 

 

逃げ場のないあやは、不動の精液を浴びてしまう。

 

 

頭から乳房まで全身が精液に濡れ、あやはショックのあまり声をあげた。

 

 

デブは強い

射精をしてスッキリしたのか、組長にかつて言われたことを不動は語りだした。

 

 

「お前はデブじゃないふくよかなだけだ」

 

 

組長の言葉は不動の体型を肯定するものだった。

 

 

それからというもの、不動は組長の台詞を心のよりどころにしていた。

 

 

しかし、

 

「俺は動けるデブッ」

 

と思わず漏らしたことで、あやから

 

「デブじゃないか」

 

と至極当然のツッコミが入ることに。

 

 

あやの指摘を受け、自分から言い出したにも関わらず不動は激昂した。

 

 

あやの脱出

 

 

怒りにまかせて腹をねじり、腹に閉じ込めていたあやを攻撃しようとする。

 

 

だが、怒りに任せた攻撃は逆効果だった。

 

 

精液でぬめりが強くなっていた腹の中から、あやが滑り出たのである。

 

 

不動の反撃

 

これを狙っていたのかと怒り心頭で、不動はあやに一撃を喰らわせた。

 

 

あやは強烈な攻撃に為す術がない。

 

 

常に重荷を背負っているため、常人より量の多い筋肉。

 

 

脂と精液で滑り、刃を正確にあてられない体。

 

 

高速で動ける俊敏さ。

 

 

脂肪の振動で力を増幅させる特殊なパンチ。

 

 

デブであるゆえに、生きているだけで不動は強かった。

 

 

不動の攻撃を連続で受け、あやは吹き飛ばされてしまった。

 

 

反撃開始

吹き飛ばされたあやは、スクリーンに叩きつけられた。

 

 

そのままスクリーンを掴み、落下のついでに引き摺り下ろす。

 

 

スクリーンが不動の体に覆いかぶさった。

 

 

スクリーンから顔を出し、逃がすかと息巻く不動。

 

 

だが、彼を待っていたのはあやの反撃だった。

 

 

あやは不動の顔を跨いで両肩に立ち、不動の右目を刀で貫いた。

 

 

それから床に滑り下りて一閃、今度は不動の胸を簡単に切り裂く。

 

 

いとも容易く攻撃を受け、どうして斬れるのかと驚愕し叫ぶ不動。

 

 

脂にまみれた特殊な体に加え、速さがあったから斬れなかった。

 

 

スクリーンに巻かれて動きを止めた不動は、今やあやの敵ではなかったのである。

 

 

「お前の精子と同じ1億個の肉片にしてやる」

 

 

鋭い表情で、あやは血に濡れた刀を構えた。

 

 

 

【サタノファニ】次回、第73話のネタバレ

漫画最新話ネタバレ
【サタノファニ】第73話ネタバレ&最新話!あや、デブ不動を1億個の肉片に。

前回、ドリフのような脱出劇を果たしたあや。   今回はデブに精子まみれにされた恨みを晴らします!   【サタノファニ】前回(72話)のあらすじは・・・   谷を自らの手で ...

続きを見る

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.