漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『サタノファニ』最新話のネタバレ【112、113、114話】

投稿日:2019年11月15日 更新日:

山田恵庸先生の『サタノファニ』はヤングマガジン連載中です。今回は最新話のネタバレ112、113、114話です。

 

『サタノファニ』前話(109、110、111話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『サタノファニ』最新話のネタバレ【106、107、108話】

山田恵庸先生の『サタノファニ』はヤングマガジン連載中です。今回は最新話のネタバレ106、107、108話です。   『サタノファニ』前話(103、104、105話)のあらすじは・・・ &nb ...

続きを見る

 

美依那がやられたショックで動きが鈍くなった千歌はひよ里にやられてしまう。そのまま柿の木に縛られ、ひよ里が過去にころしたダーディーン一家の話を聞かされる。しかしそれは今から30年も前の1987年の出来事であり矛盾が生じている…。

一方、小夜子は侵入してきた部下の男たちと戦うもあっけなく捕まってしまう。残りの2人も犯すつもりだと聞かされた千歌は憤るが、ひよ里は容赦なく千歌のアソコにバットの持ち手の挿入を試みる―――

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『サタノファニ』第112話のネタバレ&最新話!

 

タヒんだはずの美依那

 

「ほーらほらほら、入るぞ~~」

 

ひよ里はバットの持ち手を千歌のアソコに入れようとする。

 

そう、350人をころした全米最悪のさつ人鬼、ヘンリー・ルーカスの処女はこのカマラのバットがいただき―――

 

ガチャン

 

…ひよ里の足首に手錠がかかっていた。これは何だ…?

 

そのまま手錠に付いていた糸で引っ張られて転倒するひよ里。次の瞬間には投げナイフが何本も迫ってくる!!

 

それを慌ててバットで弾く。そう、この戦法は―――美依那のものだ。

 

………なんと美依那は頭がかち割られたはずなのに動いていた!!

 

胸の隙間から投げナイフを取り出す彼女を見て、ひよ里はなぜ動けるのかと青ざめる。

 

自身を弱いと認める美依那が、敵地に乗り込むのに仕込みを行わないはずもない…。

 

そう言って着ぐるみを脱ぎ捨てて正体を現した美依那。今までのも胴体の中に頭を引っ込めていただけであり、出血も血のりである。

 

それに対して衝撃を受けていたひよ里をあっさり手錠で拘束する美依那……。

 

 

ヘリウムガスの脅威

 

―――小夜子は男どもに階段で犯されそうになっていた。

 

おとなしく従えば極楽を見せるとの事。男どもはこう見えてメデューサを何人も犯してきたらしい…。

 

…が、そんなの小夜子には失笑ものだ。そんな生まれたての幼い蛇をころしたから何だ?

 

小夜子は濃縮酸素のスプレーを吸いながら、お前らの前にいるのは十数回もメデューサ同士のころし合いを生き延びたエキスパートなのだと言う。

 

なぜ急に酸素なんか吸っているのかとく男たちだが、一人がいきなり倒れる。

 

さらに男どもの声がボイスチェンジャーみたいに高い声になって混乱する。

 

………そう、これはヘリウムガス。

 

やがて小夜子以外の全員が倒れる。

 

人間は酸素濃度6%以下の空気を吸うと、一呼吸で意識を失って短時間の内にタヒ亡する。

 

なぜなら吸い込んだ酸素濃度6%以下の空気の方に、血液中の酸素の方が引っ張り出されてしまうからだ。

 

美依那の手品グッズが役立ったのだ。

 

 

ひよ里、タヒ亡

 

―――千歌は美依那に束縛を解いて貰っていた。

 

まったく、小夜子の事になると直ぐ熱くなる。

 

玄関から小夜子が出てきて、男どもが全員タヒ亡した事を伝えられる。

 

………残るはひよ里だけだ。

 

ひよ里はころすよう言うが、まだ訊きたい事が山ほどある。教団の戦力とメデューサを狙う目的、そして真希の事…。

 

ひよ里は真希、いやハリシャを助けるなら早くする事だと言う。

 

彼女は3日後、本部で血の儀式を受ける。そうなればもう元には戻らない。自分たちと同じダーキニーになるのだと…。

 

それ以上聞こうとすると、耳を貸せと言ってくるのでその通りに―――

 

ゾブ

 

その通り耳を貸そうとした千歌の喉に噛みつく。…せめて教祖のためにお前だけでも道連れだ!!

 

慌てて引きはがそうとする小夜子。だがそれを千歌は止め、ひよ里にお前は大した奴だと言う。

 

ズッ

 

ひよ里のカランビットを彼女の首に突き刺し、頸動脈を切断した…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』第112話の感想

……やはり美依那がそう簡単にやられるはずが無かったようですね。

 

そして今回は小夜子が結構活躍しましたね。痛みもなくヘリウムガスでころしてしまうとは…。

 

一人で神崎を倒した千歌ですが、敵の本拠地となると一人で何とかできるわけではないようです(当たり前と言えば当たり前ですが)。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』次話(113話)の予想

さて、次話はどうなるのでしょうか?

 

① 次のメデューサが千歌たちをころしに行く事になり、次々話で交戦。

② 真希をメインとする話になる。

③ ダーキニー・ダーカの皆をメインとする話になる。

 

…以上の内容を想像してみました。果たしてこの中のどれかになるのでしょうか?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『サタノファニ』第113話のネタバレ&最新話!

 

不自然な点

ひよ里は血を喉から噴出しながら「教祖」とか「アーカーシャに還ります」と呟き、最後に「…お…ねぇちゃん…」と言って事切れる。

 

お姉ちゃん…? 彼女には姉がいたのだろうか。

 

それから3人で話す。どうやら千歌はあの一撃で肋骨を持っていかれたらしい。小夜子曰く、『アーカーシャ』はサンスクリット語で『天空』や『虚空』を意味する。

 

人はタヒねばアーカーシャと呼ばれる所に行き、再びこの世に生を受ける……それが真聖教団の教義の1つ。

 

千歌は宗教は人を幸せにするためにあるのに、なぜさつ人鬼を作っているのだろうかと言う。教団の狙いは一体…?

 

………と、霧子が現れる。小夜子に頼まれて家の周囲の敵を排除していた。

 

一人男を捕まえたが、情報を聞き出す前に自決してしまった。

 

…それにしても教団側の動きが早すぎる。元々千歌たちの存在がバレるのは作戦の内。探すまでもなく向こうから来てくれるなら有難い。

 

しかし3日は稼げるはずが初日で襲われるとは……まるで自分たちの動きが事前に伝わっていたかのように。

 

美依那は心当たりがあると言う。

 

 

なぜ千歌たちの潜入がバレたのか

―――霧子の運転する車で移動する千歌たち。

 

そこで千歌たちは再び敵について話し合う。

 

ダーキニーは教団のメデューサだが、ひよ里にはマーダーモデルの元となったさつ人鬼の記憶そのものがあるように見えた。

 

千歌たちはベースはまだ自分の人格だが、向こうはもうさつ人鬼そのもののよう…。

 

…恐らく千歌たちとは違う方法でマーダーモデルを埋め込まれているだろう。例えば洗脳など。

 

それならダーキニーになると元に戻らないというのも納得。完全な洗脳は解くのが難しいのだ。

 

敵の命令だとメデューサ、つまりダーキニーは皆ごろし。真希がダーキニーになる前に助けないといけない。

 

 

―――それから千歌たちはひよ里たちのタヒ体を乗せた車を湖に落とす。

 

この湖はすり鉢状になっており、落ちれば上がってくる事はない。これは千歌の知識であり、『タヒの腕』で叩き込まれた知識らしい…。

 

………そこに残りの羽黒警備隊が到着する。

 

若本純という隊員が同じ色の同じ車種を用意してくれていた。これは想定内だが、千歌は想定外だろう『裏切り者』の存在を若本に話す……。

 

美依那曰く、ひよ里は美依那の顔も知らなかったのに、なぜ自分たちの存在がバレるのは早すぎるのか。妙だと思わないか…と。

 

真希に聞いたという線は薄い。美依那だけ知られてないのはおかしいからだ。

 

そして美依那の変装を知っているのは羽黒のメンバーだけだ。それを知らないが千歌たちが潜入している事は知っている人間、それは……

 

 

裏切りの友坂

 

友坂えりしかいない…!

 

諜報部のエースの彼女がそうだとは信じられないが、それなら納得だ。

 

とりあえず千歌たちは気付いてないフリをするよう指示を受ける…。

 

 

―――教団本部。

 

友坂はカマラと連絡が取れないと言う。これは敗れたと考えた方がいい。ついでに自分が裏切っているのがバレただろうと焦っている友坂。

 

そして教祖……だと思われていた男は簾の向こうにいる教祖に指示を仰ぐ。

 

………そこにいたのは金髪でおでこに模様のある女性だった。

 

懐に2人の少女を侍らせながら、どうしようかと呟く。2人の少女はひよ里の姉らしく、妹の仇は自分たちで取ると言う。

 

丁度夜で、一般の信者たちの迷惑にならない時間だ。メデューサの解放を許可する事に…。

 

 

―――翌日。

 

大月駅にあや達がいる。残りのメデューサ達が続々参戦してくるのだ…!!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』第113話の感想

裏切り者の友坂がもう嗅ぎつけられたようですね…。

 

ひよ里が美依那の事を知らなかったという事実で割と簡単に分かってしまったようです。

 

また、羽黒警備隊はどうやら全員で潜入したわけではなかったようですね…。当然ですが生き残りもいるわけです。

 

そして……教祖とはあの初老の男ではなかったのですか…!?

 

本当の教祖はこの女性のようですね。なんだか『鬼滅の刃』の『童磨』を彷彿とさせるような容姿です。そういえば彼も新興宗教「万世極楽教」の教祖でしたが、そこも類似点ですね。

 

ラストではとうとうメデューサが全員集合するようです。果たしてどう戦っていくのでしょうか?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』次話(114話)以降の予想

 

まずメデューサ全員で一か所に集合する事になると思います。それからどのようにしてダーキニー達と戦っていくかという話し合いになると思います。

 

真希をどうやって救うかという話も出てきそうですね。

 

もしかしたら教祖について深く掘り下げる展開も来るかもしれません…。

 

ですがその前にひよ里の姉妹たちと戦うという展開になるかと思われます。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『サタノファニ』第114話のネタバレ&最新話!

 

本物のひよ里

―――翌日。

 

千歌はいつも通り学校にいた。美依那と霧子が九龍城を探るので、千歌と小夜子が学校で真希の居所を探る事になったのだ。

 

例え正体がバレていても学校では人目があるから襲ってはこないだろうと…。いや、普通に何人かダーキニーはいるのですが。

 

…残念ながら真希の姿は見当たらない。3日の内に見つけ出さないと―――

 

先生「犬養いないのかー」

 

ガラッ

 

ひよ里「はーい、ひよ里いまーーす!」

 

…なんと昨夜ころしたはずのひよ里が教室に入ってきて、千歌に普通に挨拶してくる。これは………

 

 

―――放課後。

 

千歌とひよ里は屋上にいた。

 

千歌はカマラが最期に姉の事を呟いていたから双子なんだろうと聞くと……

 

ほの香……それが千歌がころしたカマラの本名だと言う。つまり昨日戦ったのが別の姉妹で、目の前にいるのがれっきとしたひよ里である…。

 

妹のタヒ体についても問われるが、千歌の反応からしてもう無い事を悟って涙を流すひよ里。

 

まさか来る…!?

 

…が、教祖の命で人目があるうちはころしたりしないと言う。だけど、千歌をころすのは自分だという事は忘れないよう言う。

 

ひよ里が立ち去り、千歌はひよ里に違和感を抱く。これまでのさつ人鬼とは違い悲しみだけを感じた。

 

彼女は一体………そう考えていると、カマラにやられた傷から血が滲んできた……

 

 

潜入しているあやとカチュア

―――保健室。

 

千歌は傷の手当をして貰おうと訪れたが、カーテンの引かれたベッドで何やら嬌声が…。まさか誰かヤッて―――

 

…そこでは保健室の先生と男子生徒が盛っていた。男子は随分気持ちよさそうだ。

 

保健室の先生は黒髪だが、紛れもなくカレンである。

 

男子生徒は千歌が見ている事に気付いたが、カレンは構わずに彼を抱きしめ、そのまま果てさせる………

 

………男子が恍惚の表情で去った後、一体カレンに何をやっているのかと聞く。

 

昨日の報告を受け、予定倒しで加勢に来たらしい。友坂に手続きを頼んだ所、彼女はかなり慌てていた。バレているかどうか疑心暗鬼になっているようだ。

 

そして洋子は羽黒でお留守番だが、既にあやとカチュアは学園に入り込んでいる……。

 

 

―――体育の時間。

 

バスケットボールをドリブルさせる円。しかし、その彼女からボールを奪う者がいる―――車椅子に乗ったあやだ。

 

皆は車椅子にも関わらず円からボールを奪った者がいる事に驚く。あやと円は見つめ合う………

 

 

ちゃんと掃除しなよ、おばさん

 

―――カチュアは清掃係・山田カツ子としてトイレ掃除の指導をされていた。

 

指導係は年配の山田レイカ。レイカはトイレの汚れは心の汚れと説き、「掃除する」ではなく「させていただく」心構えが重要だと言う。

 

了解したカチュア。ちなみにレイカとは偽名の苗字が同じなので、互いに下の名前で呼ぶ事になっている。

 

…レイカが男子トイレを担当し、カチュアが女子トイレを磨く事に。

 

自分の心の汚れはこの便器よりも真っ黒だと小言を言いながらブラシで磨いていく。

 

しばらくするととても綺麗になった。気持ちのいいものである―――

 

…と、いつの間にかトイレ内に遊里がいる。掃除中の札を入り口に置いていたはずだと言うも、彼女は無視して個室に入る。

 

落ち着かないとと苛立ちを抑えていると、遊里が文句を言いに個室から出る。

 

遊里「ちょっと! 便器汚れてるヨ。ちゃんと仕事してくれないかナ………」

 

「おばさん」

 

………おばさん!?

 

止めとばかり、レイカに心の汚れを落としきれてないよと後で言われる。

 

 

―――やかましいわ!!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』第114話の感想

…いきなりタヒんだはずのひよ里が現れて驚きましたね。前話で姉妹が登場したので当然の流れでしょうが…。

 

どうやら千歌がころした方が妹・ほの香(カマラ)のようですね。

 

ひよ里には今までのさつ人鬼と違った雰囲気があるようです。これはかなりの強敵になるのでは……。

 

…黒髪の女性がいきなり生徒と情事を交わしていると思ったらカレンだったようですね。

 

あやが車椅子なのは敵側を油断させるためでしょうか…。そしてカチュアは遊里にオバサン呼ばわり…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』次話(115話)以降の予想

 

いきなり次話で交戦という事はないのではと思います。

 

もう少し日常会をやるか、あるいは敵側やカレン、あや、カチュアの掘り下げをするのかもしれません。

 

しかし、次々話からは交戦するかも。今度は本物のひよ里が千歌を襲撃してくるかもしれません…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』第115話のネタバレ&最新話!

ComingSoon

 

 

『サタノファニ』まとめ

今回は『サタノファニ』112、113、114話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.