漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『サタノファニ』最新話のネタバレ【106、107、108話】

投稿日:2019年9月27日 更新日:

山田恵庸先生の『サタノファニ』はヤングマガジン連載中です。今回は最新話のネタバレ106、107、108話です。

 

『サタノファニ』前話(103、104、105話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『サタノファニ』最新話のネタバレ【103、104、105話】

山田恵庸先生の『サタノファニ』はヤングマガジン連載中です。今回は最新話のネタバレ103、104、105話です。   『サタノファニ』前話(100、101、102話)のあらすじは・・・ &nb ...

続きを見る

 

ボートが転落して海に投げ出された千歌と小夜子。何とか水面に浮上するが、2人は小さな無人島に流される。千歌は意識を失ったままの小夜子に人工呼吸を施し、小夜子は目を覚ます。

ついでにヒートアップして情事に及ぶ2人だが、救出しに来た美依那たちに見られてしまう。それから戻った皆で、釣った魚や育てたトマトを使った夕食に舌鼓を打つ。

―――一方、どこかの島では、ハリシャと名づけられている真希が猟をしていた…。

 

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『サタノファニ』第106話のネタバレ&最新話!

 

ショッピングモールのような本拠地

 

凄い賑わいだ。とても田舎町とは思えないほど……。

 

―――真聖教団・本拠地

 

そこはまるでショッピングモールのような場所だった。

 

通称『甲州九龍城』と呼ばれている。過疎化によって住人のいなくなった団地を買い上げ、建て増しを繰り返すことにより巨大なショッピングモールにすることが出来た…。

 

違法建築に該当するのだろうが、そこは法の抜け道がいくつかあるのだろう…。

 

………その場所に、羽黒警備隊は潜入していた。

 

隊長たちを筆頭にして商店街の中を進んでいく…。

 

この村は経済的に教団に依存している。だからこの神無村を支配しているのは真聖教団だといっても過言ではない。

 

要は村ごと羽黒警備隊の敵である。

 

………堂島真希がここにいると情報が入ったのが2か月前。

 

村の学校に彼女が通っているのも実際に目撃した。その時はまだ接触できなかったが…。

 

………果物屋。

 

そこで梨の試食を勧める女性店員に、隊長は頼んでいた商品が入ったか聞く。女性店員は「こちらです」と案内する。

 

 

 

裏口に潜入

 

―――裏口の通路。

 

果物屋の裏口から迷宮のような裏通路に到着する。

 

その女性店員…に扮した友坂に真希確保後の脱出ルートを聞くと、建て増しでできた建物と建物の隙間を使うという。

 

外に出れば暗闇であり、こちらのもの。

 

流石は五菱重工諜報部のエース。2か月でここまで調べ上げたのだ。

 

なお、教祖にも気に入られてしまったらしく、彼の情報も引き出せたのかもしれない…。信者の前にしか姿を現さないらしいが。

 

………と、足音が近づいてくる。

 

この時間帯にここの住人は働いているから出払っている。いるとすればメデューサしかない。それも、五菱とは別の……。

 

そう友坂に忠告されるが、羽黒警備隊たちはメデューサに対峙するのを想定されたチーム。出てきたら音もなく捕まえるだけだ…。

 

 

 

新たなメデューサと、攻撃される羽黒警備隊

 

ピンッ

 

粋がっていた隊員がいきなりロープで足を釣りあげられる。くくり罠だ…!?

 

何とかしようとしていると、十数メートル向こうにハンマーを持った高身長の少女が現れる。

 

友坂がメデューサだと叫ぶと同時に、いきなりハンマーを振りかぶる。

 

そんな長物が狭い通路で使えるはずもなく、壁にゴッとぶつかる―――

 

ハンマーは壁ごと撃ち砕き、羽黒の隊員2名の頭を粉砕する。

 

彼女の名は【桜川円】。マーダーモデルは『エドモンド・ゲンパー』。

 

殉職した2名の隊員の名前を叫ぶ隊長。友坂は彼らを逃がすべく、近くにあった部屋に彼らを連れ込む…。

 

が、そこは人骨や薬品のある部屋だった。

 

ブシュウウ

 

いきなりガスが噴出され、警備隊員と友坂は苦しむ。

 

部屋の入り口にガスマスクをした少女が立っている。彼女は圧力鍋で彼らを煮込んで角煮にすると言う…。

 

彼女の名は【根津遊理】。マーダーモデルは『ジェフリー・ダーマー』。

 

隊長は部屋から逃げ出し、一旦戻って報告しようと考える。

 

………が、今度は隊員の木馬、そして友坂がいない。一体どこだ…。

 

………ある一室。そこで頭をかかえてうずくまる木馬と、それを見下ろす友坂がいた。

 

友坂はスタンガンを木馬に食らわせたらしい。

 

……友坂は既にメデューサになっていた。潜入してすぐに教団に捕まったらしい。

 

そして好みである木馬を狙っていたのだ。

 

こんな状況でできるわけないが、前立腺を刺激する道具で無理矢理彼を勃たせ、彼を犯し始める。

 

友坂えり……マーダーモデルは『デッド・バンディ』。

 

………隊長は一人でよろけながら歩みをすすめる。

 

と、向こうに誰かがいた。その顔を見た隊長は絶句する…。

 

隊長「堂島真希…」

 

ターン

 

銃声が響く―――

 

 

―――1か月後。

 

神無村の学校に転校生がやってくる。

 

転校生がやってくる教室には、羽黒警備隊を攻撃したあの2名のメデューサも着席している。

 

転校生「空木ちかです。よろしくお願いします」

 

千歌―――危険な潜入開始!!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

第106話の考察、感想

 

あの羽黒警備隊が秒でやられてしまいました…。

 

万全状態のメデューサには羽黒警備隊でも勝てるか分からないと思いますが、だとしてもあっという間です。

 

そんな連中がうようよいる本拠地に潜入した千歌…。殺人レスラー神崎や、熊を絞め殺す水野でさえ下した彼女ですが、それ以上の敵が複数いるのでしょう。果たしてどうなるか…。

 

そして完全に敵側についた真希。彼女は千歌の協力者になって、2人で脱出するのでしょうか。それとも……。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『サタノファニ』第107話のネタバレ&最新話

 

狙われるメデューサたち

 

――――――

――――

――

 

―――東京拘置所。

 

そこで二葉と呼ばれる金髪のメデューサの娘がこれから羽黒刑務所に輸送されようとしている。

 

清水は彼女に羽黒刑務所について説明し、達者でなと見送る。ついでに千歌に「タバコを止めた」「いつか美味いコロッケを一緒に食べたい」と伝えて欲しいと言う。

 

それを承諾する二葉―――

 

ドゴォッ

 

いきなり乗り込もうとしていたバスの入り口が爆発し、そこから飛び出した何かが二葉を貫き、そして彼女と1メートルほど離れた清水の間の地面を砕く。

 

血まみれになった二葉を見て絶叫する清水。

 

一体何があったのか。爆弾…いや、対物ライフルか!? だがこの辺りに狙撃できるような大きな建物など……。

 

………二葉を撃った狙撃手は遠く離れた高い建物の屋上にいた。

 

眼鏡をかけた女子高生だ。教団の呪詛と思わしき呪文を呟いている。彼女は『ジャック・ザ・リッパ―』を開放したらしい…。

 

 

―――横浜。

 

そこで玲音(りいん)と呼ばれる女子生徒はオリンピック強化選手に選ばれた事を友達の古ちゃんに祝福されつつ別れる。

 

玲音は4か月前の事が嘘みたいだと思っていた。血への衝動が最近起こらず、浜崎には感謝しかない。

 

だが……帰ろうとしていた彼女の元にツインテールの少女が現れる。その少女は玲音を『吸血鬼リチャード・チェイス』か確認する。

 

なぜ彼女は自分のマーダーモデルを知っているのか…?

 

少女もまた教団の呪詛を唱えると、乗っていた自転車を捨て、カランビットを構える!!

 

そして攻撃をしかけてくるが、それを紙一重でなんとか躱す玲音。だがフェイントをかけられ、蹴りをお見舞いされて動けなくなる。

 

そして首元にナイフを押し付けられるが、そこに警察を呼ぶ声が。少女は自転車に乗って退散する。古ちゃんが助けに来てくれたのだ。

 

退散した少女は「西園寺は優先順位が低いからいっか…」と呟く…。

 

 

 

哀しい報せと新たな指令

 

――――――

――――

――

 

―――羽黒刑務所。

 

そこの講義室で千歌たちは女医から、ここ一か月でメデューサ症候群の少女が何人もころされていると聞かされる。

 

犯人は千歌たちとは別の手段で作られたメデューサらしい。そしてその中の一人が真希である…。

 

そして瀬里が亡くなったとも聞かされ、霧子は女医に殴りかかる。

 

それは直前に洋子に止められるが、洋子も女医に事の顛末について話すよう言う。

 

そこで堂島姉妹は父親に裏切られて遺族と戦った事を聞かされる…。

 

女医たちは逃走した真希を追った結果、『真聖教団』に辿り着いたと話す。そして今回の事件は明らかに我々を狙った挑発だとも…。

 

………女医は、真聖教団のメデューサを皆ごろしにするよう千歌たちに指令を下す。

 

 

潜入する千歌たち

 

――――――

――――

――

 

―――神無村。

 

真希以外のメデューサは顔も名前も不明。現地に飛び込んでころす必要がある。

 

学校の2-1で千歌は『空木ちか』、3-1で小夜子は『空木さよ』という名前の転校生として潜入する。

 

さらに真聖鮮魚店では、霧子と美依那も空木母娘として潜入する。美依那は中年女性に変装し、空木の母親となっている。

 

………3姉妹+お母さんとして真聖教団の本拠地に潜入!!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『サタノファニ』第107話の感想

 

結局、瀬里が助からなかったという報せをメデューサたちは聞くことになってしまいます…。

 

これでもう脱獄しようとするメンバーはいなくなると思いますが、彼女たちはあのまま羽黒で暮らし続けるのでしょうか…。

 

それともこの編の後で何か事件でも起きて皆で逃げおおせるのか…。

 

また、教団も暗躍しています。

 

次々とメデューサがころされていますね…。もしかして羽黒への挑発以外にも何か目的はあるのでしょうか…。

 

指令では真聖教団のメデューサは皆ごろしですが、潜入した千歌たちは真希もころす羽目になるのでしょうか………。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』第108話のネタバレ&最新話

 

クラスメイトとメデューサ

 

―――千歌のクラス。

 

千歌はクラスメイトと交流を果たす。その中には学級委員の犬養ひろ里という女子生徒もいる。

 

………玲音を襲撃したメデューサだ。

 

あどけない笑顔を浮かべ、ひよ里は千歌によろしく伝える。他にも様々なクラスメイトが千歌に挨拶する。

 

…と、千歌は窓際の背の高い女子が気になっていた。彼女こそ羽黒警備隊を襲った桜川円だ。恥ずかしがり屋なのか、ひよ里が挨拶するよう促してもペコッとお辞儀をするだけ。

 

なお、教団の本部に住んでいるのが出家信者、村に住んでいるのが在家信者という扱いらしい。殆どが信者の子供なので、転入生や転校生はしょっちょうだ。

 

そして千歌をじっと見つめる女子が一人。……根津遊里だ。彼女も円と同じく羽黒警備隊を襲撃している。

 

どうも小動物をころしているという噂があり、誰も近づきたがらないらしい…。

 

 

 

4人での団欒

 

―――放課後。

 

千歌と小夜子は橋の下で誰にも見つからないようにして、こっそり口づけを交わす。千歌は小夜子を「さよお姉ちゃん」と呼び、まるで本当の姉妹になったかのように振舞う……。

 

そして家に着く。

 

既に霧子がバイト先で貰ったイワシと大根でつみれのみぞれ鍋を作っていた。

 

2人も霧子を手伝っていると、豆腐を買っていた美依那が戻ってくる―――

 

美依那「アラ帰ってたのあんたたち」

 

いきなり現れた太り気味の中年女性に驚く2人。美依那は着ぐるみを脱ぎ、下着姿で倒れる。

 

どうやらヒゲ爺が作ったらしく、相当な出来である。これなら気付かれないだろう…。

 

そして出来上がったみぞれ鍋を口にする―――おいしい!

 

だが千歌は潜入とはいえ、こんな普通の生活を自分だけしているのが他のメンバーに申し訳ない。

 

それでも何日かすればみんなこの村に来る。それまでの辛抱だ。そして何より人の目に注意しないといけない。

 

その中で真希が中等部にいるという情報もあったらしいが、千歌たちは見かけることはなかった。

 

当然瀬里の姿も…。霧子は瀬里が亡くなったのを未だ受け入れられてないが、女医が分かりやすい嘘をつくはずもない。

 

だが美依那はあの女医は結構抜けがあると思うと話す………

 

 

真希と隊長

 

―――当の女医は噂話をされたため、くしゃみをする。

 

………吾妻と男と3Pしながら。

 

女医は瀬里たちの脱獄を踏まえ、今度は耳栓ではなくマイクロチップを後頭部に埋め込む事にした。

 

それも、こちらの操作で即座に猛毒が流れてタヒ亡する仕様の…。

 

 

―――教団本部。

 

真希は水だけを飲み、手に入れたパンは監禁している羽黒の隊長に渡す。

 

断食中であり、許可があるまでは教祖の聖水しか飲めない。

 

隊長は姉の事は残念だったと言うが、真希は「姉さんはいますよ」と自分の中で生き続けていると話す。

 

彼女は次の儀式で正式に『ダーキニー』となる。姉と一緒に幸せになるのだ。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『サタノファニ』第108話の感想

 

千歌のクラスには羽黒警備隊や他のメデューサを襲った教団メデューサも在籍しているようですね。それも、今までの話で登場した教団メデューサ全員がです。

 

彼女たちもかなりの強さだと思いますが、果たして千歌たちは彼女らを倒せるでしょうか……。

 

そして真希は羽黒警備隊の隊長を捕らえて監禁しているようですが、果たしてその目的はなんでしょうか。尋問か拷問でもして情報を吐かせるつもりでしょうか。

 

恐らく隊長が生かしている事が教団壊滅の活路となってしまうのではないかと思います。このまま彼を生かし続ければいずれ千歌たちが彼を見つけ、千歌たちの味方になると思います。

 

そうすれば情報を知っている隊長がいることで千歌たちにかなり有利になるでしょう。

 

その時、真希は一緒に千歌たちと帰る事ができるのでしょうか。千歌たちは助けるつもりのようですが、果たして女医が許してくれるかどうか……。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『サタノファニ』まとめ

今回は『サタノファニ』106、107、108話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.