青年マンガ

『ラジエーションハウス』最新話のネタバレ【70、71、72話】

投稿日:2019年6月7日 更新日:

漫画ラジエーションハウスはグランドジャンプ連載中。原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ。今回は69話の最新話のネタバレを書いてきたいと思います。

 

『ラジエーションハウス』前回(69話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『ラジエーションハウス』最新話のネタバレ【69話】聞き出せない杏

漫画ラジエーションハウスはグランドジャンプ連載中。原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ。今回は69話の最新話のネタバレを書いてきたいと思います。   『ラジエーションハウス』前回(68話)のあら ...

続きを見る

杏は五十嵐唯織の秘密を知りたくなったが、上手く都合が合わない。そんな心あらずの杏を見て、たまきは杏に男でも出来たのではないかと疑う。ある日、杏は卒業した小学校で放射線科について授業をしていたが、立ち寄った職員室で恩師に、当時杏にすごく懐いていた男の子がいた事を教えられる。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『ラジエーションハウス』第70話のネタバレ&最新話!

 

謎の犬

杏は廊下を歩き、それから玄関から出て校門の前に来る。そこで恩師に言われたあの言葉を思い出す。

 

『当時あなたに凄く懐いていた男の子がいたわよねぇ』

 

そこでボンヤリと幼い頃のその少年が頭に浮かびかかるが、すぐに記憶の靄に消えていった。

恩師の口から出た記憶に残っていない幼馴染は…誰?

 

唯織はあの場所でタブレットとにらめっこをしていた。

 

と、ワンッと犬の声がして、いつの間にか唯織の足元に犬が息を荒くしながらいた。この犬はミニチュアシュナウザーというらしい。首輪をしているから飼い犬で、飼い主が探しているかもしれない…

 

少女と犬を探す杏

帰路を歩く杏。

 

と、「ゲンちゃ~~ん」と声がする。幼い女の子が誰かを探しているようだ。その子は杏の横を通り過ぎる。

 

杏「ね、ねえっ…!」

 

杏は振り返ってその子に声をかける。誰か探しているのかと問うと、彼女の家の飼い犬であるゲンちゃんと公園で遊ぼうと思ってリードを外したら、走ってどこかへ行ってしまったのだそうだ。

 

「お姉さん見かけませんでしたか?」と聞かれ、「ううん…」と答える。

 

杏「…だったら、一緒に捜そうか」

 

少女「え、ホントに?」

 

一旦落ち着くように言うと、走って道路に飛び出さないように気を付けるように言う。少女は「うん、ありがとう」とお礼を言った。

 

河川敷。にらめっこをする犬とタブレットのAI。

 

犬の「ワン」という声にビクッとなるAI。AIは唯織に飼い主を捜してあげるのかと聞く。唯織はもうしばらくここで待ってみようと言う。もしかしたらここがよく来る場所かもしれないし、飼い主が捜しに来るかもしれないからだ。

 

そうして時間を過ごしていく。空の雲はどんどん流れていくようだ。

 

杏の脳裏に蘇ったもの

「ゲンちゃ~~ん」

 

杏と少女は色んな所を捜し回っていた。少女曰く、こちらの河川敷の方にもよく来るのだとか。杏も、それならいるかもしれないねと返す。

 

杏「ゲンちゃ~~ん」

 

唯織の耳が一瞬反応する。

 

唯織(今…アンちゃんの声が聞こえたような…)

 

しかし、杏は弟の久志の事故の原因となった犬を避けるようにしているし、レンとの思い出が深いこの場所もあまり近づかないようにしているのではないか…。この場所で杏と会った事は幼き頃から一回もないのだ。

 

少女「ゲンちゃ~~~ん!!」

 

と、犬がピクッと反応し、再度「ワンッ」と吠える。犬はワンワンと吠え続け、少女はその声に反応する。

 

少女「ゲンちゃんの声だ!! ゲンちゃんいるよ!」

 

安堵する杏。少女は河川敷の方へ向かう。と、杏の脳裏に幼き頃の記憶が蘇り始める。

 

杏も河川敷の方へ向かうべく、駆け上る。そこで、杏は犬と無事に再会して喜んでいる少女、そして土管にタブレットを置いてこちらを見上げている唯織を見つける。

 

杏の脳裏には、あの時の幼い少年の姿が彼と重なっていた――。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ラジエーションハウス』第71話のネタバレ、最新話

 

杏の脳裏に甦る記憶

杏はあの少年を思い出す。そして、それが唯織と重なって見えている。その少年に「アンちゃん…」と呼ばれていた事も……

 

唯織「あっ…甘春先生…!」

 

唯織は杏を呼ぶ。一方、犬のゲンちゃんは少女が「ほらおとなしくして」と注意するが、そのままワンワンと土手を駆け上がってしまう。

 

そのワンワンという鳴き声。杏は犬の方を振り返る。そこでは少女がゲンちゃんのリードを引きながら、「お姉さんありがとう!」とお礼を言っている所だった。少女は杏に手を振って、やがてそのまま駆け出して行く。

 

ドクン

 

杏の頭の中で記憶が少しづつ繋がっていく。犬の思い出。「アンちゃん」と呼ぶ少年。杏の息が荒くなっていく。そしてそれに手を伸ばし――

 

杏「ハァッ…」

 

杏はとうとう記憶が繋がったのか、一息をつく。

 

唯織「甘春先生…?」

 

杏(五十嵐さん…)

 

 

至近距離の視線

五十嵐、唯織……イオリ………あなたは…一体何者なの…?

 

杏は記憶を辿っていく。

 

彼が医師免許を持っているという話を盗み聞きした時…彼の恐るべき頭脳明晰さ…彼の活躍ぶりを見て自分もまだまだ成長できると思ったあの時…

 

今までの彼の表情やら、彼との会話やら、今まで過ごした日々を少しずつ、どんどん思い出していく。その影響か――

 

ズッ

 

杏はうっかり足を滑らせ、土手の草原を滑っていく。

 

唯織「あっ!!」

 

杏「キャッ…」

 

唯織「甘春先生っ…!!」

 

唯織は素早く彼女に手を伸ばし、転びそうになる杏をそのまま両腕で抱きとめる。

 

そう、そのまま抱き止めてしまった。すぐ近くで交差する互いの視線。「あ…」という気まずい一言。

 

そして至近距離で互いの顔を――

 

ドンッ

 

杏は唯織をそのまま突き飛ばす。「てっ」とそのまま尻もちをつく唯織。果たして杏は――

 

炸裂する杏の想いと、唯織の告白

杏「五十嵐さんっ…五十嵐さんあなた…」

 

そして杏の口から出た言葉とは……

 

杏「医師免許を持ってるって本当ですか」

 

唯織「え…」

 

杏は聞いたのだと言う。院長との会話……本当なら唯織は医師免許を持った、れっきとした医者だって…!

 

杏「どうしてっ…」

 

自分は唯織の事をとても優秀な放射線技師として……医療人としてどんどん尊敬するようになり、唯織のような技師がいれば甘春病院をこの先もっと良くできると思っていた……。

 

確かにそう勝手に思っていただけかもしれないのだが、それでも……

 

杏「私は…信頼も生まれてきてたって思ってたんです…!それなのに…」

 

杏「そんな大事なことを隠して…あなたはどうしてわざわざ技師として働いてるんですかっ…!!」

 

唯織「それがあなたとの約束だからっ…!」

 

杏の叫びに対し、即座に唯織はその理由を述べる。

 

杏「約束……?」

 

杏が放射線科医になり、自身は放射線技師としてそのお手伝いをする

 

唯織「そのために僕は甘春病院に来たんです」

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ラジエーションハウス』第72話のネタバレ、最新話

 

とうとう杏に正体を明かす唯織

唯織「アンちゃんが放射線科医になって、僕は放射線技師としてそのお手伝いをする」

 

昔の記憶……幼き杏が唯織は技師として自分のお手伝いをするという約束。

 

唯織「そのために僕は甘春病院に来たんです」

 

そして現在。唯織と杏は10年以上の月日を経て、大人になって再び約束の場所で対面する。幼き頃に分かれていた二人の道が、再び重なりあい…――。

 

杏はその唯織の言葉と昔の記憶と約束に衝撃を受ける。まるで強烈な風の衝撃に押されているかのような気分である。

 

杏「あ…」

 

目から涙が滲みながら、言葉を漏らす杏。その杏に対し唯織は「…って、いきなり何のことだか分からないですよね…」と言う。杏の目に写っている唯織。そう、彼こそは幼き日にたくさん遊んだあの男の子が大人になった――

 

ようやく縮まった二人の距離

杏「クボタ…イオリ…」

 

子供の頃の久保田唯織の姿が、成長して一人の青年・五十嵐唯織となっていくのが杏の頭の中でしっかりと結びついている。

 

そして、子供の頃の自分の目指していた夢、その夢の為に協力してほしいと約束を交わした唯織、唯織と一緒に過ごしてきた日々の数々の思い出が再生されていく。

 

杏「イオリ…五十嵐さん…あの…イオリなの?クボタ…イオリ?」

 

杏に質問され、段々訝しむような表情をしていた唯織は、コクコクと頷き、「そっ…そうです!!両親の離婚で今は母親の旧姓の五十嵐ですが…!」と言い、医師免許を取得したのは、その方がより杏の力になれると思ったからだと伝える。

 

杏「わざわざ…そんな昔の…子供の時の約束の為に…?」

 

唯織は杏のその質問に対し、力強く「はい!」と答える。それを聞いた杏は肩を落とす。

 

杏「そんな…だって普通そんな人…いないですよ…そんなの…」

 

しまいには「バカなんじゃないですかっ…」とまで言う。

 

杏と唯織の距離。子供の頃に分かれてから、甘春総合病院に唯織が入り、そしてそれから今となってようやく二人の距離はゼロになったのだ。まるで、子供の頃に杏が唯織に抱きついていた時に戻ったかのような……。

 

喜びの後に来る悲しみ

杏はその間にも一切連絡を取り合ってなどいなかったのにと言う。その上、自分が放射線科医にならなかった場合などを考える事は無かったのかとも…。唯織は「それは…」と一置きし――

 

唯織「考えたことなかったです。とにかく僕はアンちゃんにとって最高の放射線技師になるって思いだけで来たんで…」

 

杏はなおも反論しようと顔を赤くしながら「で、でも…」と言う。そう、唯織ほどの優秀な人なら医師として働いた方がより多くの患者を救えるのではないのかと。

 

唯織「僕はそうは思いません。だって、アンちゃんが一番初めに僕に教えてくれたんですよ。放射線科医の仕事には放射線技師の力が必要だって」

 

唯織は技師と科医がひとつのチームとして、それぞれが最高の仕事をする事によって多くの患者を救えると考えている。

 

杏「……そうですね」

 

そして杏は、唯織に「ありがとうございます」と礼を言う。だが……

 

杏「でもだったら、もっと早く本当の事を教えてくれていれば…」

 

気づかなかった私自身も失礼ですが…と前置きはする。

 

唯織「それは………」

 

杏「え…?」

 

唯織の脳裏に浮かんでいたものは、地に落ちた片方の靴。喜びの後に来る悲しみ。ついに…弟の記憶が!?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ラジエーションハウス』第73、74、75話のネタバレ&最新話!

ComingSoon

 

 

『ラジエーションハウス』まとめ

今回は『ラジエーションハウス』第70話、71話のネタバレ&最新話をお送りしました。

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.