漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『パーフェクトワールド』単行本【2巻】全ネタバレと感想

投稿日:

有賀リエ先生の「パーフェクトワールド」はKISS(キッス)に連載中です。

 

『パーフェクトワールド』前回(1巻)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『パーフェクトワールド』単行本【1巻】全ネタバレと感想

有賀リエ先生の「パーフェクトワールド」はKISS(キッス)に連載中です。   『パーフェクトワールド』あらすじ 東京のインテリアデザイン会社に勤める川奈つぐみは、設計事務所との飲み会で、高校 ...

続きを見る

川奈つぐみは、インテリアデザイン会社「クランベリーズ」に勤務する26歳。ある日、取引先の設計事務所「講談設計」の一級建築士で、高校時代の同級生・鮎川樹と飲み会で偶然再会する。思いがけぬ再会に、胸が高鳴るつぐみだったが、車椅子の人とは付き合うことはできない、と想いに蓋をする。しかし、一緒に仕事をしているうちに鮎川に惹かれ、鮎川の障害と真剣に向き合い、想いを伝える決意をした。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『パーフェクトワールド』2巻のネタバレ

 

鮎川と付き合うことに

ある雪の日、つぐみが鮎川への想いを伝えに行くと、鮎川が引き取った猫・ケンゾーが行方不明になっていた。一緒にケンゾーを探す途中、つぐみは、

 

「鮎川の代わりなんていないのに…!!」

 

と鮎川への想いを伝える。事故に遭ってから、恋愛することを辞め、一人で生きる決心をしていた鮎川だったが、つぐみの想いに触れ、長い間張りつめていた糸が切れたような気がしていた。

 

“足が動かなくなってから、世界は自分とは相対するものに変わってた。強くならなきゃ、ずっとそう思い続けてた。でも、世界はもう少し優しいものかもしれない”

 

その夜、2人は一歩踏み出し、付き合うことに決めた。

 

 

交際の公表

以前仕事を通して知り合った晴人は、鮎川の車椅子バスケチームに所属することになり、一緒に練習を始めた。

 

この日は車椅子バスケチームの忘年会。2人は、周りから付き合っていることをからかわれる。鮎川は、付き合うことの不安を吐露するが、

 

「障害があるからこそ輝く恋もあると思うわ!」

 

とアドバイスされる。

 

 

鮎川の思い出の地

つぐみと鮎川は、晴人・舞花カップルと一緒に、鮎川の思い出の地・江の島を訪れる。

 

江の島は、急な坂や階段が多く、頂上まで行くことはできなかったが、無事に海を見渡すことができた。

 

鮎川は、2人きりになるタイミングを見計らい、つぐみにネックレスをプレゼントした。これまで不安な気持ちを抱えていたつぐみは、鮎川の想いに触れ、感動して涙を流す。

 

“あなたの彼女になれてよかった。一緒にこの場所に来れてよかったー”

 

そして、鮎川もそんなつぐみの様子を見て、

 

“大事にしなきゃ…。ちゃんと、大切に、幸せに…”

 

と決意する。

 

しかし鮎川は、江の島に行った日からある夢を見るようになっていた。夢の中での鮎川は、しっかり両足で歩き、つぐみとデートをしている。

 

自分で歩くことができる鮎川は、この間とは違い、簡単に頂上まで登ることができていた。

 

鮎川は、つぐみと付き合うようになって、より“歩きたい”という思いが強くなり、そんな夢を見るとようになっていたのだ。

 

つぐみは、そんな鮎川の話を聞いて、より強く鮎川を支えていきたいと思っていた。

 

 

不穏な影

ある日、つぐみと鮎川は一緒に帰省をする。道中の車の中で、鮎川のヘルパーさんの話になる。鮎川が心から信頼している様子を見て、既婚女性だと知りながらも嫉妬してしまうつぐみ。

 

そして、実家で両親に鮎川との交際について話すと、やはり反対されてしまい、父とは口をきくこともなくなってしまった。

 

更に、帰省中、つぐみと鮎川の高校時代の同級生・是枝と再会する。是枝も現在は東京で仕事をしており、たまたま地元に帰省していたらしい。

 

是枝は、高校時代つぐみに想いを寄せており、車椅子姿の鮎川と一緒にいるつぐみの姿を、複雑そうに見つめていた。

 

 

長沢さんと鮎川

東京の鮎川の家に帰宅した、鮎川とつぐみは、ケンゾーの世話に来ていたヘルパーの長沢さんと遭遇する。

 

長沢さんは、

 

「心のことも身体のことも、付き合いたてのあなたなんかよりずっと理解してるから」

 

と、宣戦布告ともとれる発言をつぐみにした。

 

さらに、その場で足を怪我をしてしまった鮎川に、動揺してなにもできないつぐみと、冷静に対処する長沢さん。つぐみは、そんな長沢さんを見て、自分の無力さに落ち込んでいた。

 

鮎川曰く、長沢さんは事故によって諦めかけてた夢を、もう一度目指すきっかけをくれた人。信頼しているが恋愛感情ではない、と話す鮎川だったが、つぐみの心には何かがひっかかったままだった。

 

 

是枝とつぐみ

東京に戻ったある日、つぐみは是枝に呼び出され、食事を共にした。つぐみは、鮎川との付き合いでの悩み事を話し、是枝の真摯な対応や優しさに触れる。

 

それからつぐみは、仕事終わりにも鮎川の家を頻繁に訪れ、家事を請け負っていた。つぐみは、鮎川が事故の時にどんな気持ちだったのか、今何をしたらいいのか、全部知りたいと躍起になっていた。

 

その日も、つぐみが鮎川の家で家事をしていると、隣で仕事をしていた鮎川のパソコンがフリーズしてしまう。つぐみは、SEをやっている是枝を呼び、復旧を頼んだ。

 

是枝は、

 

「あいつがもし困ってたら、俺はすぐにあいつの元へ駆けつける」

 

と、鮎川に宣戦布告し、鮎川のために必死になるつぐみに、嫉妬を爆発させた。

 

2人の恋の歯車が、少しずつ狂い出していく。

 

 

つぐみの危機に

それからもつぐみは、仕事と並行して鮎川の世話を行い、体力を消耗させていく。さらに、実家の両親からも鮎川との交際について追及され、心身ともに疲弊していった。

 

そんなある日、つぐみと鮎川が電車で仕事の取引先に向かおうとしていると、ふらふらになったつぐみが、線路に落下してしまう。

 

鮎川は、咄嗟につぐみに手を伸ばすが、つぐみを支えることができない。

 

つぐみは駅員によって救出され、救急車で搬送されることになるが、付き添いとして他にも誰か呼ばなければならなくなり、たまたま連絡がついた是枝に来てもらうことになった。

 

病院で診察を受けると、つぐみが疲労によって衰弱していると診断され、自分を責める鮎川。

 

鮎川は、

 

“簡単に助けられたはずなのに、俺は…、俺には…”

 

と悔やみ、病室のつぐみの傍らで涙を流していた。

 

 

 

『パーフェクトワールド』3巻のネタバレ

ComingSoon

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.