漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『思い思われふりふられ』最新話のネタバレ【47話】会えなくなる

投稿日:

咲坂伊緒先生の『思い思われふりふられ』は別冊マーガレット連載中の人気漫画です。

 

『思い思われふりふられ』前回(第46話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『思い思われふりふられ』最新話のネタバレ【46話】単身赴任の話の結末は…

別冊マーガレット連載中の人気漫画。作者は咲坂伊緒先生   『思い思われふりふられ』前回(第45話)のあらすじは・・・   朱里と和臣は、お互いの悩みを話し合い、夢を応援しあう同士的 ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

「思い、思われ、ふり、ふられ」第47話ネタバレ&最新話!

 

会えなくなる

急に入ったバイト。

 

朱里は和臣に一緒に帰れなくなったことを伝えた。

 

最近、朱里のバイトが増えている。

 

帰り道の公園。和臣と理央。

 

「寮生活に向けて、バイト増えるのは仕方ないっつーか。」

 

「親父さん達いつ戻ってくんの?」

 

「予定では3年。でもどうなるか分かんないって。朱里と帰れる日が減ってるから拗ねてんの?」

 

「それはお前だろ?由奈、最近よく新しい友達と一緒にいるから」

 

「由奈ちゃんに新しい友達が出来るのは嬉しい!でも寂しい!複雑なんだよ、俺は!」

 

翌々日はバイトも入れてなく、朱里と和臣は一緒に帰った。

 

電車の中で、あくびする朱里。

 

「眠いなら寝てなよ。着いたら起こすから」

 

「ううん、同じ家まで帰れる日ももうそんなにないのに、寝たらもったいない」

 

朱里は和臣の肩に寄りかかった。

 

「………寮に引っ越すの、来月だっけ?」

 

返事がない。見ると、朱里はスヤスヤと眠っていた。

 

 

別れ話

結局、駅まで寝てしまった朱里。

 

和臣に謝る。和臣は、考え込んでいた。

 

寝たことを謝る事はない、けど…。

 

「寮生活が始まったら、こんな感じなのかな」

 

「私がバイトばっかりになって、会う時間が減るのが嫌…とか?」

 

和臣は俯きかげんにゆっくり言った。

 

「考えたんだけど…。やっぱり山本さんはアメリカに行った方がいいと思う」

 

「またその話〜?私はこっちで頑張るってば!」

 

和臣は振り返って自分の考えた事を伝える。

 

通訳になりたいなら、アメリカに行った方が朱里の為だという事。

 

こんなにバイトしながらになるなんて思ってなかった事。

 

日本にいながら通訳になるのはハードルが高い、だから今は納得していない事を伝えた。

 

朱里は、通訳になるのはやめると言い出した。

 

「乾くんと離れなきゃならなくなるんなら、夢なんていつだって捨てられるよ」

 

和臣は真顔で答えた。

 

「何ソレ。それ言われても嬉しいとか思えるわけない。なんかがっかりした」

 

なんで

 

だって

 

「じゃあ、どうすればいいの?」

 

朱里は涙目で聞く。

 

時が止まったような静寂。それを打ち破る一言。

 

「別れる?」

 

朱里は固まった。

 

和臣は続ける。

 

「俺が足引っ張ってるとしか思えないのに。そう思いながらこれからずっと山本さんと接していかなきゃいけないのって…正直しんどいし」

 

朱里の目から、涙が零れた。

 

背を向け、去っていく朱里。

 

残された和臣は、俯いたまま…。

 

 

変わったこと

山本家。

 

朱里が帰り、物音に気付いた理央と遊びに来ていた由奈が2人して顔を出す。

 

泣きながら帰ってきた朱里に、2人とも慌てて話を聞いた。

 

さっきの事を全て話した朱里。

 

「俺なら、アメリカは遠すぎて、行けって言えないかも。だからそれを言ったカズは…よっぽどの覚悟で言ったと思うんだ」

 

「分かってる。乾くんがわざと冷たい言い方したのも……分かってる。」

 

朱里は今の想いを涙ながらに話した。

 

それでも、和臣と離れるのは嫌だ。

 

離れたら、人の気持ちなんてどうなるか分かんない。

 

だって、私だよ?

 

私は私の事なんて信用できない。

 

由奈は静かに優しく笑って、言った。

 

「そう思ってるのは朱里ちゃんだけだよ。今の朱里ちゃんを見て、そんな事思う人いないのに。昔の朱里ちゃんも、その時はその時なりの理由があったと思うけど。……でも今は違うって。変わったって、自分でも分かるでしょ?」

 

朱里は由奈に抱きついた。

 

由奈は優しく受け止める。

 

 

今の自分が、好きなのは。

「和くんと離れたくないって素直に言える朱里ちゃんが、今の朱里ちゃんだよ」

 

朱里の目を真っ直ぐに見て、由奈が言った。

 

朱里の顔に、笑顔が戻った。

 

由奈と2人で、笑い合う。

 

自分で選んで

 

自分に足して

 

嫌いな自分を捨ててきた。

 

私達は、皆それぞれあの頃の自分じゃない。

 

「うん。…乾くんと、もう一回ちゃんと話さないとね」

 

部屋で、ベッドに横になる朱里。

 

今までの、和臣との色んな思い出が頭に浮かんだ。

 

…思い返せば、ずっと乾くんに片想いしてたな。

 

こんなに誰かに執着したの、初めてだ、私。

 

ほんと変わったなー…

 

その変わった私が

 

好きになった人が

 

乾くんなんだ。

 

 

仲直り。そして…

メールを送り、土曜日に会う約束をした。

 

待ち合わせの見晴らし台で、和臣を待つ朱里。

 

和臣が来た。

 

「い……、和臣」

 

名前で、呼んだ。

 

「…朱里。」

 

2人とも、笑顔になる。

 

「これで仲直りね。」

 

朱里は和臣の目を真っ直ぐに見て、話し出した。

 

正直な、気持ち。

 

「私はやっぱりアメリカには行きたくない。乾くんと離れたくない。些細な話でもこの目で乾くんを見ながら、この耳で乾くんの声を聞きたい。この手で乾くんに触れてたいの。それが出来なくなるなんて考えられない。これが私の素直な気持ちです。」

 

和臣が、答えた。

 

「それは俺も同じだよ。でも…」

 

そこまで言って、朱里がそれを遮る。

 

「うん。だから私行くね」

 

和臣は驚き、俯いていた顔を上げた。

 

朱里は笑っていたが、涙が溢れて止まらなかった。

 

それでも笑顔で、言った。

 

「アメリカに、行くよ。」

 

 

 

「思い、思われ、ふり、ふられ」第48話ネタバレ&最新話!

ComingSoon

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

 

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

 

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.