漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『七つ屋志のぶの宝石匣 』最新話のネタバレ【36話】荒れる虎徹

投稿日:

 二ノ宮知子『七つ屋 志のぶの宝石匣 』はキッス(KISS)にて連載中です。

 

『七つ屋 志のぶの宝石匣 』の35話のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『七つ屋志のぶの宝石匣 』最新話のネタバレ【35話】

 二ノ宮知子『七つ屋 志のぶの宝石匣 』はキッス(KISS)にて連載中です。   『七つ屋 志のぶの宝石匣 』の34話のあらすじは・・・   スポンサーリンク   『七つ ...

続きを見る

 

一方鷹臣は研究者というワードから、加治木晴子に辿り着く。そして晴子が以前に住んでいた家を調べ上げ虎徹と忍び込むが、合成ダイアに関するものは何も見つからなかった。

 

するとある女性客が倉田屋へダイアを売りに来る。それは今まで探していた“怖い”合成ダイアだった。

 

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『七つ屋 志のぶの宝石匣 』第36話のネタバレ、最新話

 

話が大きすぎる

女性から買い取った“怖い”合成ダイアをラボに出したが、合成ではなくタイプIaの天然のダイアだという結果が出る。

 

一般的にタイプIaのダイアは人工的には作れないと言われている。だがそれがもし存在していたら…とつぶやく顕定に、それはありえないと話す鑑定士。

 

そしてその結果を鷹臣にも伝える。

 

鷹臣は、そんな合成が20年前に存在していて、しかも天然として売られていたとしたら相当やばい、一度に人が何人も消えてもおかしくないと話した。

 

あまりに大きすぎる話に、顕定も虎徹も鷹臣も呆然とするのだった。

 

新事実発覚

志のぶと志のぶの母はブランド品研究会の総会に来ていた。母はブランド品の気が見えるらしくみんなから絶賛されるが、志のぶには本物のブランド品と偽物のコピー品との違いが全くわからずにいた。

 

宝石はラボに出せばいいがブランド品はそうはいかない。質屋的にはブランド品の目利きが出来ない方が致命的なため、ちゃんと勉強しないとと意気込む志のぶ。

 

すると熱海にある“つるの質店”の女店主・つるのから、「久しぶり~」と声をかけられる。少し会話をすると何故かつるのは顕定のことを知っていて、そのことに驚く志のぶ。

 

つるのは何年か前の全質連の会合で顕定と知り合い、その時に身に着けていた指輪を売って欲しいと熱海にまできて頼まれたと話す。

 

その事実を初めて聞く志のぶは驚き、詳しく教えて欲しいと詰め寄るのだった。

 

荒れる虎徹

鷹臣から顕定に連絡が入る。虎徹が3日家に帰ってきていないという。志のぶはラーメン屋にいた虎徹を探し当てる。

 

虎徹はちょっと付き合ってと志のぶをカラオケに連れて行くが、お酒を飲んで酔いつぶれる。迎えに来た顕定と鷹臣に何かあったの?と聞くも苦い顔をする2人。

 

そして志のぶはあの“怖い”合成ダイアの鑑別の結果を聞く。合成ではなく天然だったと聞いて驚く志のぶ。

 

帰ろうとすると虎徹が酔いつぶれながら、こんなヤバイ話だったらもう犯人捜しはやりたくない…と話す。

 

(みんな死んでいたら、もし合成ダイアを作ったのが母さんだったら、知るのが怖い)と顔をこわばせる顕定。そして4人は解散する。

 

希望

顕定と志のぶは帰宅のためタクシーに乗るが、暗い表情のまま何も話さない顕定。志のぶはその空気を壊すように急に歌を歌いだす。

 

(希望をつながなきゃ)と、顕定へつるのから買い取ったという指輪のこと聞く。顕定は自宅へ志のぶを連れていく。

 

すると顕定は、以前志のぶの家の蔵から隠れて持ち出したというジュエリーボックスを出してくる。

 

これは叔父の店のアンティークジュエリーだと説明する顕定。そしてその中には、つるのから買い取った指輪も入っていた。

 

6年前に質屋組合の会合でつるのと出会った際に、つるのがしていた指輪がすぐに叔父が大事にしていたものだと気づき声をかけ売ってもらったという。

 

その際、つるのからその指輪は17年程前に30代くらいの怪しく“訳あり”そうな女性から買い取ったものだと聞く。その指輪は叔父のお気に入りで非売品のもの。

 

指輪を持っているということは行方不明になった叔父の事を何か知っているかもしれないと考えた顕定は、売りに来た女性の身元をつるのに聞くも、本人確認の保険証は盗まれたものだったらしく結局本名も住所もわからなかった。

 

だがつるのは一度その女性をとなりの市で見かけたとこがあって、彼女のことが気になり後をつけたところ、ある児童養護施設をのぞいていたと顕定へ話す。

 

顕定はすぐにその養護施設に向かったところ、そこには虎徹がいた。顕定は小さい頃に晴子から自分の子供が生まれたら『虎徹』と名づけると聞いていたため、すぐに気がつく。

 

叔父の宝石を持っていたのは晴子だった、そして晴子は生きている、と気づくのだった。

 

(それからずっと晴子さんの存在はオレと虎徹にとっての“希望”だったんだ)

 

その話を聞き、涙を浮かべる志のぶだった。

 

 

『七つ屋 志のぶの宝石匣 』第37話のネタバレ、最新話

ComingSoon

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『七つ屋 志のぶの宝石匣 』まとめ

今回は『七つ屋 志のぶの宝石匣』第36話のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.