漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

「涙雨とセレナーデ」第30話ネタバレ&最新話!

投稿日:

河内遙先生の涙雨とセレナーデは雑誌KISSで好評連載中です。今回は30話の最新話のネタバレを書いていきたいと思います。

 

「涙雨とセレナーデ」前回(29話)のネタバレは・・

漫画最新話ネタバレ
「涙雨とセレナーデ」第29話ネタバレ&最新話!貞光を味方につける

河内遙先生の涙雨とセレナーデは雑誌KISSで好評連載中です。今回は29話の最新話のネタバレを書いていきたいと思います。   「涙雨とセレナーデ」前回(28話)のネタバレは・・   陽菜の本心 ...

続きを見る

 

陽菜は雛子の代役として披露宴に出席するが、孝章はすぐに陽菜だと見破る。一方、陽菜は孝章のことが好きだという気持ちを改めて自覚するのだった。

二人は協力して雛子を連れ戻すため披露宴を抜け出す。その頃、菊之進はチヨの助けを借りて雛子を救出していた。菊之進の裏切りを知った座長は激怒する。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

「涙雨とセレナーデ」第30話ネタバレ!

 

何処の誰であろうとも

馬車の中で手を繋がれ、孝章を意識し、顔を赤くさせる陽菜。孝章が話し始める。

 

雛子が陽菜に逢いたいと言った時に今はまだ事情があるため動かない方がいいと止めた

 

だが、雛子は陽菜に逢わなければやり過ごせない程に苦しんでいたのだろう

 

本当に酷なことをした、と話す。それを聞き、陽菜は思う。

 

雛子はいつも平然としっかりしてるように見えていたが、自分と変わらないまだ生まれて15年しか経っていない女の子なんだ

 

自分の初恋に戸惑うくらい幼いのに、さっきのような席では従順な嫁、兼、娘を一手に引き受けないといけないなんて…。

 

陽菜は、せめて自分がもっと雛子の気持ちを聞いてきてあげればよかった、と後悔していた。

 

正体不明の自分を、事情も訊かずに匿うなんて相当懐深くないと…と話す陽菜に対し

「ただ一緒にいたかったんでしょう」と言う孝章。

 

「君が何処の誰であろうと君に強く惹かれて、少しでも長く…共に過ごしていたいと」

 

それを聞き、顔が真っ赤になる陽菜。

 

陽菜には奇妙な点が多すぎるが、深追いすると今にも消えてしまいそうで…と切なげな表情で話す孝章に対し、

 

孝章の真剣さにきちんと向き合わないのは失礼だとわかってはいるが、自分の事情を伝えたところでどうなるものでもないし、混乱させるのもイヤだ、と考える陽菜。

 

そうこうしているうちに馬車は目的地に到着する。

 

そこは菊之進の家だった。

 

陽菜を残し一人で向かおうとする孝章。

 

孝章が心配な陽菜は、自分も一緒に行くと聞かない。

 

一緒に行く事をしぶしぶ了承する孝章だった

 

 

捕まったチヨ

座長に見下ろされながら目を覚ますチヨ。

 

「菊に何と唆された?お前は何処までグルなのだ?」

 

顔を青くさせながらも口を割らないチヨの唇を噛む座長。

 

チヨの唇から血が流れる。

 

そして立ち上がった座長は、チヨの顔のすぐ横にナイフを投げた。

 

身体が動かないことで、初めて自分が板に拘束させられていることに気付くチヨ。

 

チヨは的あて用の大きな板に手足を固定され、そして自分の周りには無数のナイフが突き立てられていた。

 

「新しい出し物の練習をしようと思っていたんだが、的を起こす人手が足りず色々と不完全でね。菊は何処で油を売っているんだか。」

 

そう言うと、チヨにどんどんとナイフを放つ座長。チヨは涙を流し、怯えるのだった。

 

 

再会

菊之進の家の合い鍵を持っている陽菜に動揺する孝章だったが、訊けないまま、二人はドアの前までやってくる。

 

そして静かに鍵を開けると、開いた部屋から何者かに拳銃を突きつけられる孝章。

 

「名を名乗れ」

 

と、羽交い絞めにされるが、その人物の正体は菊之進だった。

 

陽菜は菊之進へ自分だと名乗ると、孝章を羽交い締めにしていた手を緩めた菊之進は、二人を中へと誘導する。

 

部屋に入ると、縛られたまま泣いている雛子の姿が。

 

「よかった雛子━━」

 

陽菜は雛子を抱きしめる。

 

菊之進は陽菜と雛子に時間がないと伝え、別室で着物を交換しにいく二人。

 

 

雛子の想い

残された孝章は、菊之進へお礼を伝える。

 

初めは悪態をつく菊之進だったが、低姿勢で丁寧な孝章の姿に打たれ、礼を受け入れるのだった。

 

一方、陽菜と雛子は着物の交換中に話をしていた。

 

菊之進は陽菜の知り合いだということ、雛子が書いた手紙のこと、そして雛子が思いを寄せる竹虎のこと。

 

竹虎への想い話す雛子は顔が真っ赤になる。そして、涙を溢れさせながら話す。

 

「…私の一方的な片想いなんですの。其れでも此の想いを…陽菜さんに知って頂けて今とても心強く嬉しいの。」

 

 

次いつ会える?

服の交換が終わった陽菜と雛子。雛子の髪は菊之進が奇麗にセットした。

 

菊之進へ名前を尋ねる雛子だったがが、もう一生会う事も無かろう、と名乗らないのだった。

 

そして雛子と二人で屋敷まで戻ろうとする孝章を眺める陽菜。

 

すると孝章も陽菜を見つめながら、「…まだ話し足りないとは思いませんか」と伝える。

 

「次いつ会える?」と返した陽菜に、「では明日参ります」と孝章は言うのだった。

 

 

菊之進の覚悟

馬車で屋敷へと戻っていった孝章と雛子。

 

自分の荷物一式を雛子の部屋に置いてきてしまったとこに気付く陽菜。

 

そんな中、菊之進がチヨと合流するため今から少し留守番を頼む、と伝える。

 

家を出る際に、自分に何か(あったら…)と言おうとするが、言わずに冗談に言い換える菊之進。

 

ドアを開け外に出ると、座長の使いが待ち構えていた。

 

「座長が呼んでいるんだろう?しっかり送り届けろよ。俺もあいつに用がある。」

 

菊之進は覚悟を決めていた。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

「涙雨とセレナーデ」第31話ネタバレ!

ComingSoon

 

 

「涙雨とセレナーデ」まとめ

今回は『涙雨とセレナーデ』第30話のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.