漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『なまいきざかり。』最新話のネタバレ【99話】眼鏡の諏訪さん

投稿日:2019年4月25日 更新日:

ミユキ蜜蜂先生の『なまいきざかり。』は花とゆめ連載中です。

 

『なまいきざかり。』前回(第98話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『なまいきざかり。』最新話のネタバレ【98話】庄司に女の子を紹介

ミユキ蜜蜂先生の『なまいきざかり。』は花とゆめ連載中です。   『なまいきざかり。』前回(第97話)のあらすじは・・・   無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。な ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

「なまいきざかり。」第99話ネタバレ&最新話!

 

眼鏡の諏訪さん

風香が諏訪の教室に行くと、眼鏡をかけた諏訪がいた。

 

黒板が見えない時たまにかけるらしい。

 

風香の萌ポイントを直撃し、これ以上モテなくていいと言う。

 

『たまに眼鏡』の殺傷力について力説するも諏訪はサラリと笑って流す。

 

(諏訪さんの隠れファンとか絶対いるし!ただでさえバスケ部はやたら顔良いオバケばっか揃ってるのにー)

 

「女子の見学とかめっちゃ来たらどうするんですか!?」

 

「まさかそんな漫画みたいなことー…」

 

体育館の前には女子の集団。

 

スマホ片手にバスケ部を覗いている。

 

「…あったね」

 

 

女子ギャラリー、殺到!!

2週間後に新人戦を控える最中、バスケ部には女子のギャラリーが集まって、練習どころではなかった。

 

「すいませんでした!!!」

 

袴田が頭を下げる。

 

どうやらネット上で袴田が拡散されているらしい。

 

ナツミは、これでバスケ部も目立っていいんじゃない、とのん気だ。

 

しかし、練習の見学中に拡散は更に広がる。

 

成瀬、周、湊、諏訪…。

 

バスケ部の顔面偏差値がハンパない!と黄色い声援はどんどん増えていった。

 

由希はそんな中でも黙々と仕事を続ける。

 

しかしやりづらい…。

 

「集中できない」

 

「もしボール飛んでって怪我させたら…」

 

そんな部員からの声が耳に入った。

 

…たしかに。

 

 

マネージャーの仕事

翌日。

 

体育館入り口にはギャラリーの定員数が書かれたポスターに、これから先は立入禁止のカラーコーン、万が一の為、任意で署名も書いてもらうという状況。

 

由希はもはや警備員並みの仕事をしていた。

 

部員達が驚いて言う。

 

「これ、全部町田さん1人で!?」

 

「ポスターとか自分で作ったんスか!?」

 

「言って下さいよ、やりますよ!」

 

「いえ、バスケ部のマネージャーなんですから、部員にさせるわけにはいきません。皆さんが練習に集中してもらう様にしないと」

 

少しでも部の皆が集中できるように、見てる人が安全なように、部を守るのがマネージャーの仕事。

 

部員に頼るわけにはいかない。

 

その日、由希の部屋。成瀬が来ていた。

 

警備員やってマネージャーやってバイトやって家でレポートを書く由希を雑な言葉ながら心配している。

 

「俺がきゃっきゃ言われて嫉妬しちゃう?」

 

「それはもう飽き……慣れた。」

 

「飽きたって何」

 

足で捕まえられる。

 

「いや、言ってない!新人戦近いんだし練習に集中して。気にしなくていいから」

 

「…言うと思ったけど」

 

 

『壁』

次の日、バスケ部の部室前。

 

由希が通りかかった時、中で話している部員達の声が聞こえた。

 

「俺高校ん時マネいなかったから分かんないすけど、皆町田さんみたいな感じスか?」

 

「マネはマネ!選手は選手!みたいな」

 

「やー、あの子は特殊じゃね?」

 

「町田さん、何だかんだで1年位はマネやってくれてるけどさー。なんか…壁作られてる感じするんだよねー」

 

壁……!!

 

由希は想像以上にショックを受けていた。

 

そして、ショックを受けている自分にも違和感があり、混乱した。

 

高校の時から、このスタンスでマネージャーやってきた。

 

それを『壁』と言われるならそれも仕方ないこと。

 

なのに。何でショック受けてんだ、私…

 

今までなら気にしなかったはずなのに…

 

手洗い場にいる由希に、女子2人が声をかけてきた。

 

バスケ部のマネージャーということで、袴田の事について質問攻めにさせる。

 

本人に聞いて下さい、と言っても、本人は近づくとすぐ逃げちゃうから、と喰らい付く。

 

由希が2人に押されてどうしようか困ってた時。

 

由希の前に成瀬が割って入った。

 

「…あんまこの人に静のこと喋らせないで。俺妬いちゃうから。すぐ。」

 

女子達は悩殺&発狂した後、「ごめんなさい!」

 

と謝って去っていった。

 

 

笑顔

「何であんなのに押されてんだよ、らしくねぇ」

 

らしく…?

 

何人かに、『変わった』と言われた事が頭をよぎる。

 

「私も、分かんない。ヘンなんだよ。今までずっと、マネージャーとして役にたてるだけで全然よかったのに…。今は…なんか…それだけじゃ『寂しい』って思ってるみたい…。なりたくない自分になってるみたいで、怖い。」

 

成瀬はしゃがんで、下からジッと由希を見上げた。

 

「ちげぇよ。なりたくない自分になってるんじゃない。見たくない自分を見てるだけだろ、ソレ。『寂しい』事を、『欲しい』もんを、ちゃんと直視できるようになってるだけで、何も怖くねぇ。
何が欲しい?由希先輩が欲しいもの、ちゃんと探してやる」

 

優しい、目。

 

由希は、思い切って言った。

 

「もっと…皆と……」

 

その時。

 

「町田さん!」

 

部室にいた部員達が慌てて駆け寄ってきた。

 

「なんかあった!?さっき女子達が来て、マネージャーさんに謝っといて下さいって…。何か言われたの!?」

 

彼女達は何もしてないと、由希は慌てて否定した。

 

「ほんならえーけど。何かあったら言うてな?」

 

「ほんっとソレ!!俺じゃ役にたたないかもだけど!」

 

「全部1人でやろうとしなくていいよ。チームなんやし」

 

…なんて、気付くのが遅いんだろう。向こう側から壁をこわしてくれるのを私はいつも、待ってるだけ。

 

いらないフリをして そう思い込んで踏み込めないでいただけ…。

 

「…じゃあ、言います。」

 

由希は次々と部員に対し直して欲しい所を言いだした。お菓子の事・洗濯カゴの事・ヘアワックスの事…いつもの調子で淡々と。

 

慌てる部員達の反応を見ながら、

 

「ふふ。うそです。大丈夫です。」

 

と、自然に、花が咲いたような笑顔を見せた。

 

袴田はもちろん、他の部員達も、まんざらでもない顔をする。

 

「だめ、見ちゃ。」

 

成瀬がその笑顔を隠す。

 

「何やねん、ケチ〜」

 

「そーだよ、今の顔もっと見せろ!」

 

「あ、皆さんあと3分で練習です」

 

全員で、賑やかに話をした。

 

あんたが『こわくない』って言ってくれるなら明日もきっともう一歩踏み出せるよ。

 

 

「なまいきざかり。」第100話ネタバレ&最新話!

漫画最新話ネタバレ
『なまいきざかり。』最新話のネタバレ【100話】ヤキモチ

ミユキ蜜蜂先生の『なまいきざかり。』は花とゆめ連載中です。今回は100話の最新話のネタバレを書いていきたいと思います。   『なまいきざかり。』の前回(99話)のネタバレ   由希 ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

 

-女性マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.