漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

【ミステリと言う勿れ】7話ネタバレ&最新話!暖かいのか温かいのか

投稿日:2019年1月22日 更新日:

月刊flowers連載中!

 

【ミステリと言う勿れ】前回(6話)のあらすじは・・・

 

なぜか難事件を解決してしまう久世整。ある日、彼は偶然出会った男の犯罪計画を見抜き、刑事の池本に知らせ事件を未遂に終わらせる。

 

その後、土手から落ちた整は、検査入院させられた病院で同室となった“老人”の告白から、ある事件の真相を知る。

 

【ミステリと言う勿れ】7話ネタバレ!

 

誤字だらけの掲示板

検査が終わり、退院まで暇を持て余した整は、病院内の掲示板に目を留めた。

 

すると、いくつもある張り紙の中で、誤字が多数あるのを発見する。

 

・温かい→暖かい
・室外機→質外機
・三時→賛辞
・招かれざる→紹かれざる
・待機→対機

 

誤字のあった張り紙は、どれも手書きで筆跡が似ていた。

 

“温室 三時 招待”

 

「いや、まさか。え?何かのメッセージ?まさか、ガロくん…?」

 

整は、とりあえず温室へ行ってみることにした。

 

 

鍵を発見

温室には、沢山の多肉植物があった。それぞれの植物には、名前が添えられている。端から見ていくと、1つの鉢の前で目が止まった。

 

「違う。これは“乙女心”じゃない」

 

すると、その鉢の影に“夕映え”という名札が落ちているのを発見した。整が“夕映え”を探し、名札を置くと、鉢の下に何かが挟まっている。

 

取り出してみると、それは鍵だった。

 

「…やっぱり誰かがメッセージを送ってる気がする」

 

 

鍵のかかった部屋

整は、手に入れた鍵を使って温室の奥にあった扉を開けた。

 

「あの、僕、いつもはこんなことしません。勝手に入ったりしませんので。でもしかし、ガロくんかもしれない。何か僕に伝えようとしてるんじゃ…」

 

そう言って整が鍵のかかっていた部屋に入ると、部屋の床にはいくつもの数字が書かれていた。整は、とりあえずそれを写真に撮る。

 

するとその時、係の女性がやって来て追い出されてしまった。

 

 

数字のメッセージ

 

「なんだったんだろう…。誰かに導かれた気がしたけど、気のせいなのかな」

 

整は、再び病室のベッドの上で鬱々としていた。そして、近くにあった『自省録』を手に取り読み始める。

 

読み進めるうちに、ふとページ数の数字が目に入り、先ほど温室で見た数字のことを思い出す。

 

そして、なんとなく数字をページ数ー行数ー文字数に当てはめてみることにした。すると、出来上がった文章は、

 

「夜 三時 もどって 来るがよい」

 

だった。

 

 

隠されていたのは…

そして、夜3時、整が再び温室に入ると、昼間に見た時とは違う数字が書かれていた。

 

それを『自省録』に当てはめると、

 

「正面 右奥 大きな はちの土の中の中を見よ」

 

となった。そして、その指示通り該当の土の中を見ると、高価そうなワニ皮のバッグが出て来た。

 

「なんでそこにあるのがわかったの。なんで知ってんの」

 

その声の主は、昼間にあった温室係の女性。

 

その女性は、親しくしていた入院患者の宗像さんというおばさまの死後、宗像さんのバッグを持ってきてしまったものだそうだ。

 

女性の話を聞いた整は、数字の暗号を思い出し、

 

「「中の中を見よ」カバンの中を見て」

 

と指示した。女性がバッグを開けると、そこには1通の手紙が入っている。宛名は、梅津真波様、温室係の女性の名前だ。

 

手紙には、

 

“あなたのおかげで入院生活がとても豊かなものになりました。本当にありがとう。あなたにお礼がしたいの。

 

無粋だけど現金でバッグに入れておきます。このバッグは、あなたが使うか捨てるか、好きにしてください”

 

と記されていた。

 

その後、梅津さんは弁護士に連絡し、

 

「すっきりしてきます」

 

と、整に言って去って行った。

 

 

ライカ

梅津さんが去った後、整は温室に向かって呼びかける。

 

「あの、誰かそのへんにいますか?僕をここへ呼んだ人。昼間撮った写真に、影が写ってた」

 

すると、植物の影から1人の女性が現れた。女性は、数字を言う。再び『自省録』と照らし合わせると、

 

「おつかれ。君はその目的を達した」

 

となる。そして、

 

「私は、ライカ」

 

と言い、再び数字を唱えた。

 

「明日 昼 三時 この場所で」

 

 

 

【ミステリと言う勿れ】8話ネタバレ!

 

ComingSoon

 

 

-女性マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.