『源君物語』第322話

青年マンガ

『源君物語』第322話ネタバレ&最新話!何でもするって言ったよね?源君は明石に・・

投稿日:

ヤングジャンプ連載中!

14股×美叔母×同居!

大人気現代版光源氏ストーリー!

 

『源君物語』前回(321話)のあらすじは・・・

『源君物語』第321話ネタバレ&最新話!オ○ニーを見られ赤面する夢告

夜の神社で自慰をしていたことをバラされないか心配する明石。

 

光海は言わないと言うが、信用できない。

 

普通はバラすだろうと疑いの目をかけていた。

 

そして、秘密にしてくれるなら何でもすると持ち掛ける。

 

 

『源君物語』第322話 ネタバレ!

 

どっち?

 

「連絡先教えてもーてええ?」

 

光海の手を握り迫る明石。

 

 

その様子を見守る香子と美也。

 

 

「先輩…葵の上 明石の方は源氏の君の子を身ごもって…つまり…」

 

 

「ああ…六条の察しのとおりあの2人に契りを結んでもらう」

 

 

しっかりと前を見て淡々と言う香子の顔を伺う美也。

 

 

……

 

 

「簡単に言いますね」

 

 

「そういう研究だ」

 

 

何でも

大学のオープンテラスで向かい合い手を繋ぐ光海と明石。

 

 

「あ…あの…………さっき何でもするって…」

 

 

「はい…」

 

 

「ほ 本当に何でもいいんですか?」

 

 

改めて、頬を赤らめ目をまっすぐと見て尋ねる光海。

 

 

明石は手を握ったまま、少し考えた後顔を赤らめうなずいた。

 

 

「ひとつ質問です。性別…どっちかわかりますか?」

 

 

光海の問いに男性ですよね、と即答する明石。

 

 

オレが男とわかってて何でもって…

 

 

向き合い対峙する2人。

 

 

「…さぁ望みを言うてください」

 

 

……では

 

「オレが男ってことるりちゃんに黙っててもらえませんか?」

 

 

唇に人差し指を当ててお願いする光海。

 

 

明石は予想外の答えにきょとんとする。

 

 

光海の思惑はこうだ。

 

 

るりちゃんは信じてた黒髭に裏切られてまだ3ヵ月しか経ってない

 

オレにまで騙されてたと知ったら…できるならば

 

もう少しだけ「女友達」と思い込んでいてもらいたい

 

 

「………そ そんなんでええんですか?いやあの もっと」

 

 

少し黙りこくったあとうろたえる明石。

 

 

うそやろ、と繰り返す。

 

 

「充分充分」

 

となだめる光海。

 

 

2人は何度も押し問答を繰り返す。

 

 

状況把握

 

「こっちですこっちです」

 

 

ザワザワとしている講義室でるりと凪子に呼ばれる明石。

 

 

「席ありがとー」

 

 

「先生まだですー」

 

 

隣に座るるりを見て、もう男って気づいてるんちゃうの?と思う。

 

 

「あのさ…てるみさんとるりちゃんって何つながりなん?」

 

 

「つながり…ちょっとその言いづらいんですけど…」

 

とうつむき考え込むるり。

 

 

あーごめんムリにはと慌てる明石。

 

 

「私…助けてもらったんです。てるみさんは私の最強のお姉様…です」

 

 

最強…

 

 

「へ…へぇ…」

 

 

キラキラとした笑顔を浮かべるるりの奥で凪子がかすかに笑っているように見えた。

 

 

!! 凪子…笑ってる!?

 

 

そーなんだー はいっ!

 

と笑顔で会話している凪子を見て驚く明石。

 

 

凪子…

 

 

るりの間違いわかってて面白がってる

 

 

その様子を見てしばらく考える。

 

 

……

 

バラさへんねんやったら…えーか

 

 

カバンからスマホを取り出す。

 

 

源 光海(ミナモト テルミ)と表示された画面。

 

 

てるみ…さん

 

 

悪い人やのーてよかったわー

 

 

もっと仲よぉーなりたいわぁー

 

と呟いた。

 

 

源君物語 第322話 感想

神社での自慰行為を見られ、それをバラされないかと気が気じゃない明石。

 

普通の人間だったら面白がって言いふらすのではないか…

 

と危惧するが、光海は香子以外の誰にも言ってはいなかった。

 

光海の会話を重ねるうちに徐々にあれ? 悪い人じゃないな?

 

と評価が良くなっていく。

 

ウブな獲物(おとめ)がまた一人…。と煽りがあった。

 

結局連絡先を交換している描写もある。

 

香子の目論見の通りになりそうだ。

 

そして、るりはやはり光海のことを女性だと認識していた。

 

純粋なキラキラとした笑顔がまぶしいるりと、わかっていて面白がる凪子。

 

そして、隠すように言われている明石——

 

3人の関係性がすごくおもしろい。

 

 

『源君物語』 第323話 ネタバレ&次の最新話!

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.