『源君物語』第318話

青年マンガ

『源君物語』第318話ネタバレ&あらすじ!香子の乳房を吸いながら・・・

投稿日:2018年10月14日 更新日:

ヤングジャンプ連載中!

14股×美叔母×同居!

大人気現代版光源氏ストーリー!

 

『源君物語』前回(317話)までのあらすじ・・・

 

前話では、旅館で光海と香子の2人きりで泊まる。

 

そこでは、布団が並べて同じ部屋に2枚敷いてあった。

普段同居しているのに、いつもと違う空間で香子に意識してしまう光海。

その上、誘うように温泉に入る香子。一緒に温泉に入る光海だが・・・

 

 

『源君物語』 第318話ネタバレ

 

源君物語

す・う[すふ]【吸う】

[動ワ五(ハ四)]

 

1 口や鼻から(液体・気体)体の中に引き入れる

2 接吻(せっぷん)また、口に引き入れるようにして含む。

3 引きつけるようにして中に取り込む。含むように吸引する。

4 水分などを吸引する。染み込ませて取る。引き寄せる。引き付ける。

 

辞書のページを読みながらふぅんとつぶやく月子。

 

「奥が深いわ ・・・はかどるわ・・・」

と顔を赤らめながら息をつく。

 

それはまるで恋をしてるようだった。

 

「姉御・・・」

 

「辞書で赤面できるとは」

 

その表情を見た月子の妹・凪子は、無表情のまま言葉を漏らす。

 

「どう?凪子も・・・」

 

「結構です」

 

 

香子と温泉

香子と光海は温泉に使っている。

 

香子の乳房を吸いながら乳首をいじる光海。

 

コロコロと乳首を舌で転がす。

 

 

何が・・・問題・・・なんだっけ・・・

 

も・・・もっともっと先へ・・・

 

 

ちうちうと乳首を吸いながら乳房を揉む光海。

 

ぴと 光海は夢中になり香子に密着している。

 

「・・・君のが当たっているんだが」

 

 

———――――――・・・

 

赤面し口を大きく開く光海。

 

 

「あっ頭冷やしてきますっ」

と慌てて湯舟から上がる光海。

 

「神社から見える夜景・・・おすすめだぞー」

 

頬に手をつき笑みを浮かべる香子。

 

 

逃げた先に

はぁ・・・オレの理性 信じちゃダメだな

今夜・・・隣で寝たら オレ絶対・・・

香子さん・・・襲う・・・

 

 

赤面のままうつむきもぞもぞする光海。

 

ここ・・・なら誰も

いやダメだ そんなの

 

と自問自答する。

 

 

は はぁ は

 

 

今・・・吐息・・・

 

神社の裏の方から吐息が聴こえてきた。

 

神社を見上げる光海。

 

何も異変はないように思う。

 

 

いや気のせ・・・と思い直すが、やはり聴こえる。

 

・・・ひょっとして・・・誰かと誰かが?

 

神主と巫女が外で営んでいるのを想像してしまう光海。

 

ここ・・・神社だぞ?

しかもこんな暗闇の中で?

 

沢山の疑問が浮かびながら、光海は悶々としていた。

 

 

対面

は はぁ は

 

 

まだ吐息が聞こえてくる。

 

ちょっと見る・・・だけ

 

こそこそと近づく光海。

 

神社の裏に回る。

 

 

吐息の主がいた。

 

女の人が・・・一人?

 

はぁはぁと吐息を漏らしてしたのは、女の人一人だけだった。

 

 

女の人は、服を捲り上げ、下着の上から角に恥部をおしつけている。

 

 

え あの人まさか一人で!?

 

 

カサ と光海が音を立ててしまった。

 

やべ・・・音・・・と思ったとき、

 

 

女の人は赤面してこちらに気づいてしまった。

 

 

この娘どこかで・・・?

 

 

『源君物語』 第318話 感想

光海は今夜、香子への欲を理性で抑えられるのか。

そこで出会った女の人に光海は手を出してしまうのか・・・

 

そして、その女の人は誰なのか。どこかで見たことがあるのか・・・?

 

次話に疑問が沢山残る今話でした。

 

次話はどんな展開になるのでしょうか。

光海は今夜誰と過ごすのか。

 

 

『源君物語』 第319話ネタバレ!

『源君物語』 第319話 ネタバレ!神社でオ○ニーを目撃してしまった光海

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.