漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『まぼろしまたね』第3話のネタバレ&最新話!少年穂積と図書館デート

投稿日:

糸なつみ先生の『まぼろしまたね』は漫画アクションにて新連載です。

 

『まぼろしまたね』前回(2話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『まぼろしまたね』最新話のネタバレ【2話】

糸なつみ先生の『まぼろしまたね』は漫画アクションにて新連載です。   『まぼろしまたね』前回(1話)のあらすじは・・・   中学校で【社芽出子】が授業を受けていると、【十川穂積】と ...

続きを見る

 

その少年は確かに少年時代の穂積だった。一体芽出子は何と出会ってしまったのだろうか…。芽出子は落ち着かず、深夜11時にアパートの外に出るが、そこで少年ではない方の穂積と鉢合わせする。昔二人でよく土手で遊んだ事を覚えているか聞いてみると、彼は「昔のこととか忘れた。

 

どーでもいい」とだけ言う。翌日、土手で穂積の名を呼ぶと、やはり彼は現れる。芽出子は彼に「どっか行こう!」と提案する。図書館で調べれば少年穂積の正体が何か分かるかもしれないと。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『まぼろしまたね』第3話のネタバレ&最新話!

 

少年穂積と図書館デート

穂積と手を繋ぎながら、図書館へと向かう芽出子。穂積は彼女に学校をサボるならアリバイを作らないとマズいと言う。

 

慌てて確かにそうだと思う。でも気も引ける。友達に伝えようにもあまりいい感情は抱かれないだろう。と、そこで美丘に連絡する事を思いつく。

 

早速LINEで母に内緒で学校をお休みしたいから協力してほしいと伝え、親友だから任せて欲しいと言われる。何か逆に不安になってすらきてしまった。

 

それにしても、少年穂積は普通に切符を持っている。本当は彼は幽霊でも何でもなく、穂積のそっくりさんなのかも…。

 

電車が来たから乗ろうとしたら、「どこ行くのかしら」と女性に声をかけられる。中学生なのに電車通学しているなんて、「ひとりで偉いのね」と言われる。そう、『一人で』だ。

 

少年穂積は普通の人には見えないらしい。本当は二人なのに……。

 

図書館。どこで穂積の事について分かりそうな書物を探す。

 

しかしどれもかなり難しそうなものばかりだった。と、魂の存在を科学的に実証するというような内容の本を見つけた。そこには、『魂は肉体から離れて移動する事ができ、それは生命のもう一種の存在形式である』というような内容が書かれてあった。

 

穂積はアラレちゃんを読んで笑っている。

 

と、お腹が減ったので、コンビニでおにぎりを買って食べる。穂積はお腹が減るのかは分からないが、美味そうにおにぎりを食べている。小学校の時にもこんな風な事があって懐かしいと思う。

 

それにしても、今自分達はどう見えているのだろうか。とりあえず一口穂積に分けてあげる。

 

果たしてドッペルゲンガー…?

そして帰り道、スマホに美丘から「今なにしてんのォ芽出子!」と大声で着信が入る。今日はごめんと言うが、いいのいいのと太っ腹だ。と、今日は穂積もお休みだと言う話を聞く。

 

美丘『もしもーっし、聴こえてる~?』

 

返せない。なぜなら少し前を中学生穂積が歩いているからだ。その場で体育座りする芽出子。何をしているのか少年穂積に問われるが、「穂積が…いるの」と答える。「何言って…」と言いかけた少年穂積だが、確かに彼の目にも中学生穂積が移っている。

 

少年穂積「…あれ、俺?」

 

でこの事を嫌いになってしまった『俺』なのか…。するとなんと少年穂積は中学生穂積の前に立ち塞がり、「お前! でこの事無視すんな!」と言う。何もないのにいきなり何かにぶつかる中学生穂積。周りを見渡しても何もいない。そのまま足を進める。

 

結局、少年穂積と中学生穂積が出会っても、ドッペルゲンガー現象は起きなかったようだ。それどころか本来の自身にすら認識されなかったとは……。誰の目にも映らない、そんな生き物がいるんだとしたら――

 

芽出子「……大丈夫?」

 

芽出子はむくれたような表情の少年穂積に声をかける。――それは一体なんのために生きてるの?

 

対照的な穂積

とりあえず自分の部屋に少年穂積を連れてきた芽出子。布団を敷こうかというが要らないと返される。自分が誰にも認識されない幽霊だと自覚してしまったのだろう。

 

そこで、取り出したのはクリスマスツリーの電飾。一体何に使うのかと言うと――

 

芽出子「できたよ!」

 

そこには布団を敷き、漫画も完備し、電飾でおしゃれになった押入れが…!

 

少年穂積「すごい、秘密基地じゃん!」

 

二人でそこに入って見る。綺麗だ。

 

ふと少年穂積は、でこと話ができるのは中学生の方で、自分の方はできないんだと言う。自分は何のためにいるのだろうか。でこが困るのなら自分が消えてもいいとすら言う少年穂積。

 

芽出子「ばかね」

 

消えたら嫌に決まっている。何のためでもいいから一緒にいようと声をかける。命に魂に意味なんて無くても構わない。穂澄と一緒なら楽しいのだから。

 

一方、中学生穂積の部屋。

 

母親と父親が話している。一人になったら寂しい、別れたら生きている意味がないと言う母親に、誰も別れるなんて言ってないから泣くなという父。

 

中学生穂積「あほくさ…」

 

 

『まぼろしまたね』第4話のネタバレ、最新話

ComingSoon

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.