【クノイチノイチ! ノ弐】第34話

青年マンガ

【クノイチノイチ! ノ弐】第34話のネタバレ&最新話!イチのファンクラブが結成される。

投稿日:2018年12月26日 更新日:

ヤングジャンプ連載中!

 

【クノイチノイチ!ノ弐】前回(33話)のあらすじは・・・

【クノイチノイチ! ノ弐】第33話のネタバレ&最新話!イチの股間から忍法帖が…

無事イチの家にたどり着いたイチとあやめ。

 

その時八重からメールが届く。

 

どうやら忍法帖は祠に移せなかったらしく、その祠は忍法帖ではなく男の力を移す所だったそうだ。

 

イチが男に戻るには男性ホルモンを大量分泌しないといけないらしい。

 

イチが入浴している最中にあやめが乱入するなトラブルが起きながらも、無事に就寝することができた。

 

しかし、寝ている間にイチに手を出そうとするあやめだったが、当のイチは女同士の淫夢を見ており、思わず殴りつけてしまう。

 

 

『クノイチノイチ! ノ弐』第34話のネタバレ!

 

屋上での話し合い

 

「なにぃ!? 女になったぁ!?」

 

 

屋上で渚、イチ、あやめが話し合う。

 

 

こうなってしまったら、また一から忍法帖の問題に取り組まないといけない。

 

 

まぁなってしまったものは仕方がない、と渚は言う。が…

 

 

「巨乳になた覚悟はしとけよ?」

 

 

相変わらず胸にコンプレックスを抱く渚。

 

 

だがそれどころではない。

 

 

学校ではこれからプールの授業があるのだ。

 

 

更衣室にて

 

「初っ端からあいつ一人で大丈夫か…?」

 

 

女子更衣室で、イチはドジだから心配だと話している女子たち。

 

 

あやめも心配なのではないのかと問われるが、「大丈夫です…」との返答。

 

 

「イチさんに何かあったらすぐ助けに行きますから…!」

 

 

一方、男子更衣室では…

 

 

五十嵐が病院に行ってから来るらしいことを言っている男子たち。

 

 

「それよりなんか変じゃね…」

 

 

イチの様子がおかしいことを話す男子たち。何しろ…

 

 

「女感増してね…?」

 

 

かなりの視線を感じているイチだが、まだ今のところは大丈夫だ。

 

 

しかし、上を脱いでしまったら一発アウト。

 

 

「あ…というか体調悪いことにして見学すればいいんじゃ…」

 

 

今更気づくイチ。その時…

 

 

「うぇーい」

 

 

なんとクラスの栗田が悪ふざけでいきなり抱きついてきたのだ。

 

 

驚くイチ。すると栗田がイチの違和感に気づく。

 

 

「んん? なんかやわらかくね…?」

 

 

イチの胸を揉む。

 

 

「お前これ…」

 

 

急に体調が悪くなったので早退すると伝えるイチ。

 

 

かなり怪しまれたが、何とかばれずに済んだ。

 

 

さっきので巻いていたさらしが緩んだため、今のうちに巻き直さないといけない。

 

 

しかし、更なるトラブルが訪れようとしていた。

 

 

遅れてきた五十嵐

 

「やべぇ遅れた…! ちゃちゃっと着替えて女子覗かねぇと!」

 

 

病院へ行っていた五十嵐。ようやく学校へ着いたのだ。

 

 

「スク水祭りじゃぁぁぁ!!!」

 

 

男子更衣室のドアを思いっきり開ける五十嵐。そこには…

 

 

胸にさらしを巻いている、巨乳のイチの姿が。

 

 

驚くイチだが、五十嵐は女子更衣室だと勘違いして謝罪しながら慌てて出ていこうとする。

 

 

(あれ…もしかして五十嵐君気づいてない…?)

 

 

すると振り返る五十嵐。

 

 

「えっ…つうか君…」

 

 

「あの時の俺の好みビキビキストレートの子じゃね!?」

 

 

言い訳をしようとするイチだが、その時巻いていたさらしが解けてしまう。

 

 

その時、イチの忍法帖が反応し、五十嵐が影響を受けてしまう。

 

 

五十嵐の様子がおかしくなる。

 

 

「今日は日差しが強いからなぁ…ちゃんとUVカットしなきゃだぜぇ…?」

 

 

目があらぬ方向を向きながら、手にクリームを持つ五十嵐。

 

 

(まさか暴発して街が…!?)

 

 

そのまま襲われるイチ。

 

 

乳首を弄られ、感じる。

 

 

こんなので気持ちよくなってちゃ本当に女の子になっちゃうよぉ…!!

 

 

「ちゃんと下の方も塗んなきゃなぁ…?」

 

 

「えっ…?」

 

 

今度は股の方にも手を伸ばす。

 

 

そして秘所に触れる。

 

 

「やば…めっちゃぬるぬるして…」

 

 

るん!?

 

 

後ろから何者かに首を叩かれて気絶する五十嵐。

 

 

助けに来た人物、その人は…

 

 

「あやめちゃん…!!」

 

 

忍気の乱れを察知して来たのだそうだ。

 

 

イチに服を着るように促し、気絶した五十嵐の対処を考える。

 

 

このまま何もせず意識を取り戻されても困るのだ。

 

 

何か忍術でいい方法でもあればと思うあやめ。

 

 

その時名案を思い付いた。

 

 

「じゃあ『イチさんは元々女の子だった』という幻術とかは…!」

 

 

「…」

 

 

「最初からそうすれば良かったんじゃ…」

 

 

「あっ…」

 

 

そして翌日。

 

 

イチが登校すると、

 

「よっおはようイチ子」

 

女子制服姿のイチに対し、皆普通に女の子として接してくれている。

 

 

クラスメイト全員に幻術をかけている忍者組は疲労困憊中だが。

 

 

「でも…」

 

 

「イチ子ちゃん今日も可愛いっす!!」

 

 

「方お揉みしましょうか!!」

 

 

「結構です…」

 

 

いまどき珍しいファンクラブが結成されてしまった。

 

 

『クノイチノイチ! ノ弐』第35話のネタバレ!

【クノイチノイチ! ノ弐】第35話のネタバレ&最新話!シキの秘密

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.