漫画最新話ネタバレ

女性マンガ

『婚姻届に判を捺しただけですが』第13話ネタバレ&最新話!旭と美晴はヨリを戻せるのか

投稿日:2019年2月5日 更新日:

FEEL YOUNG連載中の人気漫画!

 

『婚姻届に判を捺しただけですが』前回(第12話)のあらすじは・・・

 

偽装夫婦のはずが、百瀬に恋してしまった明葉。借金返済による離婚危機に揺れる中、家出中の美晴を家に泊めることに。

 

想い人とひとつ屋根の下、百瀬の気持ちに変化は訪れる…?一方、美晴が旭を選んだ理由を知った明葉は、彼女が好きだったのは弟の百瀬の方ではと思い当たり…。

 

『婚姻届に判を捺しただけですが』第13話のネタバレ!

 

旭と美晴はヨリを戻せるのか

本当は美晴は百瀬が好きだったのではないか、という質問を飲み込んだ明葉。

 

“これは絶対開けちゃいけないパンドラの箱。もし中に予想したものが入ってたら…、誰も幸せになれる気がしない”

 

美晴は、離婚届を持参していた。

 

「これ、旭くんと話し合って、提出する時は証人欄2人にお願いしたくて」

 

美晴から離婚の話を聞いた百瀬は、極度のストレスで熱を出してしまった。

 

百瀬をベッドに寝かせ、明葉が眼鏡を取ろうとすると、熱で虚ろな百瀬は、

 

「…指紋つけないで」

 

と注意した。

 

そして、「俺、どうしたらいいんだろう。何かできるのかな…。美晴と兄貴のために」と言った。

 

そんな百瀬を見て、明葉は、「だ、大丈夫!まかせて下さい。私が2人のヨリ必ず戻してみせます!!」と約束した。

 

 

恋愛と結婚

とは言ったものの、作戦などない明葉は、とりあえず昼休みに旭の弁当屋を手伝いに行った。

 

いつもは美晴が一緒だったと嘆く旭。

 

「きのう美晴に言われたんだ。オレへの気持ちがわからなくなってるって」

 

明葉が閉じ込めていたパンドラの箱が少しずつ開き始めている。

 

「他に好きなやつが!?そ…そいつのことがずっと好きで、オレと結婚したのは生活のためとか!?だってよく言うよね?恋愛と結婚は別だって…」

 

偽装結婚をした明葉は、言葉に詰まりながらも必死にフォローした。

 

「夫婦になったからわかる好きだってありますよ?お義兄さん言ってましたよね?綻びがあれば繕うって…」

 

しかし、旭は依然落ち込んでいた。

 

「繕う意味…あんのかな。そう思ってるのがオレだけでも?繕ってまで夫婦を続けたいほど、美晴がオレを好きじゃなくても?」

 

旭の言葉に、明葉は何も言えなくなってしまった。

 

 

家族

一方、家では美晴が洗濯をしていた。

 

「それ終わったら俺も使うから声かけて」

 

百瀬が声を掛けると、美晴は今からでも一緒に洗おうかと聞いた。

 

百瀬がさすがにそれはと遠慮すると、美晴は、

 

「でも柊くんが帰省中、ぜんぶ一緒に洗って干してるよ、私。だって家族だし」

 

と笑った。

 

それを聞いた百瀬は、洗濯機を止めてこう言った。

 

「洗う。俺のも一緒に。兄貴のも、親父のも、母さんのも、これからも一緒に」

 

 

迷子

仕事が終わった明葉が帰宅すると、百瀬と美晴が接近していた。

 

2人がキスをしていると勘違いした明葉は、慌てて部屋へ飛び込んだが、実際は眼鏡の傷を見ていただけだった。

 

「明葉ちゃんは、柊くんのこと本当に好きなのね」

 

と美晴に言われた明葉は、今日旭と会ったことを明かした。

 

「今日お義兄さんに会って、美晴さんの気持ちが迷子になってるって聞いたので」

 

すると美晴は、

 

「…迷子か。そうだったらいいのにって私も思ってる。あったものを失くすのと、最初からなかったんじゃぜんぜん違うでしょう?旭くんともっとちゃんと向き合ってみるわ。迷子なら、探せば見つかるかもしれないから」

 

と笑った。

 

明葉は、“ま、迷子であってくれ…!!”と、切に願っていた。

 

 

旭の容態は…!?

次の日、美晴が出掛けると、人だかりに出くわした。

 

「おいっ、あんた弁当屋の嫁だろ!?なにしてんだ。早く病院行ってやんな」

 

突然の出来事に事態が飲み込めない美晴。

 

「火事だよ、火事!店の隣の家、中に人がいたとかで、あんたのダンナ助けに飛び込んで救急車で運ばれたって!」

 

 

 

『婚姻届に判を捺しただけですが』第14話のネタバレ!

 

ComingSoon

 

 

-女性マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.