漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『監禁嬢』最新話のネタバレ【70話】カコの正体が判明。これはひどい笑

投稿日:2019年6月23日 更新日:

河野那歩也先生の『監禁嬢』漫画アクション連載中です!今回は70話の最新のネタバレを書いていきます。

 

『監禁嬢』前話(69話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『監禁嬢』最新話のネタバレ【69話】踏切に着く裕行

河野那歩也先生の『監禁嬢』漫画アクション連載中です!今回は69話の最新のネタバレを書いていきます。   『監禁嬢』前話(68話)のあらすじは・・・   高校教師の岩野裕行は、ある日 ...

続きを見る

 

高校教師の岩野裕行は、ある日謎の女カコに監禁され、自分が誰で何が目的か当ててみるよう言われる。それからカコは周辺人物を巧みに巻き込み、監禁から1か月が経った文化祭での事件で裕行は家庭と職を失う。

 

自分の過去に何かあるのではと考えた裕行は、大学時代を過ごした大阪へ向かう……カフェハウスから出た裕行は警報機の鳴る踏切を待つ。電車が通過したその瞬間、裕行はカコの言葉から何か重要な事を思い出し、走り出していた――

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『監禁嬢』第70話のネタバレ&最新話!

 

走り続ける裕行

裕行「ハァッハァッ」

 

ザッザッと裕行は雪道を走る。…舞の言う通りだ。確かに中三の夏―――と、ツルッと足を滑らせ、裕行は後ろ向きに転んでしまう。

 

その裕行の脳裏には中学校時代に男友達5人で遊んだ思い出が。あの頃の俺たちは性に逆上(のぼ)せていた――

 

裕行「っ!!」 裕行はドッと背中から倒れる。

 

そして「ハァッハァッ…っ…」と呼吸を整える。と、ケラケラ笑う声が。雪遊びをしていた子供2人が彼を笑っていた。

 

笑っちゃいけないと女の子の方が言うが、男の子の方が「だって…」と返す。 裕行は別にいいよと詰まりながら言う。裕行が姉弟かと聞くと当たっていた。

 

こんな風に転ぶから気を付けてなと言って、彼はその場から移動する。

 

裕行「………ハズ…」

 

姉弟が見えなくなってから、裕行はダッシュで走り回り、タクシー乗り場の辺りを通りすぎる。そして過去の回想に入る――

 

思い当たる場所

裕行『…ねぇ舞……もっと強く握って…』

 

舞『…こう?』

 

裕行『…いや…もっと強く…』

 

舞『…このぐらい?』

 

裕行は舞に手で処理してもらっていた。そして舞のへその辺りに出す。そろそろ手から先に進みたいと言うが…

 

それから裕行は友達と学校のトイレにいた。彼は鏡で髪を弄っていた。姉に身体を大事にしろと言われたと言うと、翔一が笑う。

 

裕行『オイ翔一、何で笑うー』

 

翔一『だって俺らん中で彼女おんのお前だけじゃん』

 

他の者も「そーじゃそーじゃ」と囃し立てる。そりゃあ当然誰も童貞一抜けなどされたくないだろうと。

 

裕行はまだ髪を弄っており、そんな事をいつまでしても変わらないと言われてしまう。そして今日も放課後に和崎の家に行くぞと言われる。

 

裕行『んーーー…ほーい』

 

その過去のやり取りを思い出しながら、現在既に成人している裕行は「ハァッハァッ」と息を乱しながら走って行く。

 

そして坂を登り、『立ち入り禁止』と書かれた柵を飛び越える。 飛び越えた裕行の目の前にあったもの。それは既に動かなくなった巨大で立派な蒸気機関車だった。

 

裕行「ハァッハァッハァ……」 「んっ…」と一息つきながらゴクリと唾を飲み込む。

 

そして息を吐き出すと、蒸気機関車に向かって歩み始める。

 

カコの本当の正体

……中学三年生の夏――彼女がいても、決してさせてなどくれなかった。だが発散されない性に対する異常な興味と執着……そして性に狂う14歳という年齢。

 

――裕行は蒸気機関車の入り口の前まで来ていた。 そう、吐け口が無いのだ。そして無いのなら仕方がないと、とある方法。

 

誰も疑問を持たず、誰も止めなかった。とにかく、ただ純粋だった。裕行の脳裏には、なぜかゲイポルノでしかないような男性同士の性交についての光景が甦ってきて……

 

裕行はその想像に思わず手を抑え、「んぐっ…」と吐き出したかったものをこらえた。そして蒸気機関車内にスッ…とお邪魔する。

 

……と、ボコッと近くの壁に雪玉がぶつかる。

 

裕行「っ!!」 「ん~~~おしいっ!」

 

顔を出す裕行。 「待ちくたびれましたよ岩野さん…」

 

そこにはあの女、カコが壁のあたりに座っていた。そして「ここに来たって事は…思い出してくれたんですよね?」と問いかける。

 

裕行「………ああ…お前は俺の知ってる女じゃない…」

 

そして、裕行の口からとうとう、思いがけぬ…いや、想像の斜め上の人物の名前が挙げられる。

 

裕行「合原陽太。お前…男じゃろ…!!」 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

『監禁嬢』第71話の感想と考察

 

お盛んすぎる裕行

とうとうカコの正体が判明しましたね。それにしても、まさかの男とは……!!流行りの男の娘ネタにでも走ったのでしょうか…。

 

確かにカコの顔を見てみると、男性とも取る事ができなくもない…ですね。あの赤い口紅などの濃いメイクも不自然さを隠すためなのでしょうか。

 

カコの正体ですが、『合原陽太』という人物らしいです。恐らく70話に出てきた中学時代の男友達か、あるいは全く関係のない同級生なのでしょう。彼女がさせてくれないからって男にまで手を出すとは、裕行達はあまりにもお盛んすぎですねぇ。

 

62話の予測の答え合わせ

気になるのは、カコが舞と瓜二つな容姿だった事です。以前62話のネタバレ記事で舞とカコの関係性を予測した記事を書きましたが、予想としては以下でした。

 

① 親戚か兄弟。
② カコが舞そっくりに整形した。
③ 生まれつき瓜二つだった。
④ 実はカコの協力者である。

 

合原がいくら女性的な容姿だったとしても、舞と瓜二つである事は説明がつきません。なので、どこかで舞そっくりに整形したのだと思います。私は②の説を推していたので、これで正解だったと思われます。まあ考えてみれば当たり前なのですが…。

 

これからの展開と残る謎

それにしても合原と裕行は過去に一体何があったのでしょう。単純な予測だと、裕行に貞操を奪われた合原が彼を恨んで舞そっくりに整形し、今更ながら復讐しに来たといった感じでしょうか。

 

それなら予測③の補足で予想した『裕行が過去に舞と何かひと悶着起こし、舞そっくりのカコがそれに巻き込まれて害を被った。だから裕行に復讐するためにこの計画を練った』という予想も当たっている事になります。

 

カコは以前裕行に「私はアナタを殺せません」と言いましたが、例え恨みを抱いているとしても、一度は情事を交わした仲なので割り切れない感情もあるのかもしれません。

 

ただ一つ、裕行が『女を怒らせないように生きてきた』と回想するシーンがありましたね。これは一体どんな意味があるのでしょうか。

 

裕行はカコの怒りの他にも、今まで自分の事ばかりでないがしろにしてきた女性関係に対しけじめを取る必要も出てくるかもしれません……。

 

 

『監禁嬢』第71話のネタバレ&最新話!

漫画最新話ネタバレ
『監禁嬢』最新話のネタバレ【71話】男同士の情事

河野那歩也先生の『監禁嬢』漫画アクション連載中です!今回は70話の最新のネタバレを書いていきます。   『監禁嬢』前話(70話)のあらすじは・・・ カコの正体について何か思い当たった裕行はあ ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

まとめ

今回は『監禁嬢』第70話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.