漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『インハンド』最新話のネタバレ【17、18、19話】

投稿日:

朱戸アオ先生の『インハンド』はイブニング連載中です!今回は17、18、19話の最新のネタバレを書いていきたいと思います。

 

『インハンド』前話(16話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『インハンド』最新話のネタバレ【14、15,16話】

朱戸アオ先生の『インハンド』はイブニング連載中です!今回は14、15,16話の最新のネタバレを書いていきたいと思います。   『インハンド』前話(13話)のあらすじは・・・   右 ...

続きを見る

 

ある日の夜、免疫研究センターで大爆発が起こる…。その爆発で研究員が一人亡くなったようだ。紐倉は毎朝自分の糞便をライフログとして保存するために凍らせていた。

免疫研究センターで糞便を保存していた紐倉は急いでそこに行く。そして昔、紐倉と共に世界中の糞便サンプルを集めたという衛藤という研究員と会う。今回衛藤が発表するはずだった研究は世界を変える存在になるらしい…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『インハンド』第17話のネタバレ&最新話!

 

燃えた研究室

 

どうやら亡くなったのは、このラボのナンバー2だった専任研究員・水野和吉。

 

ドアの前を遠心分離機で塞ぎ、逃げられないようにした放火さつ人らしい…。

 

燃焼促進剤は実験用のアルコール、爆発原因は液体窒素である。さらに防犯カメラも火災消火装置も作動してなかったようだ…。

 

彼は出口のない密室で焼きころされたのだ………。

 

駄目になった機材も沢山ある。例えばDNAシークエンサーだ。あれを使えば空気中で生きられない腸内細胞だろうと、誰の腸にどんな細菌がいるか分析できたのだ…。

 

マウスや菌も苦労して育てたのに、全て燃えてしまった。ポスドクの中には涙するものまでいる。

 

その中でも目黒はこのままでは今やっている論文が任期中に終わらないと悪態をつく。何も実績を残せず任期が終わり、次のポストが見つからないとまで…。

 

一方、紐倉は自分のウンコちゃん達を危険にさらした輩がいる事が許せなかった。

 

なお、衛藤の研究は発表前ということもあり、紐倉相手でも言えなかった。紐倉は特許関係であると推測し、秘密保持契約を結んだ出資者の名前を言うよう要求する…。

 

 

認知症を『予防』する菌

 

―――花田発酵生命研究所。

 

オープンイノベーション部門の室田が紐倉と高家に挨拶する。

 

彼は様々な研究者と共同研究を進めるという部署だと説明するが、紐倉は研究費に困っている社外の研究者を低賃金で働かせ、金になりそうな特許を押さえる部署だと言い放つ。

 

室田は発表前だが紐倉なら見せられると、論文の草稿を渡す。そこに書かれてあったのは―――

 

紐倉「…認知症か」

 

曰く、衛藤研究室は世界で初めて認知症を予防する腸内細胞を発見したらしい。

 

歯周病の菌がアルツハイマーの患者の脳から発見されたのと似ているようなものだが、衛藤が発見したのは認知症を『予防』する細菌だ。

 

認知症の人とそうでない人の腸内細菌バランスが違うという研究は既にある。つまり腸内細菌と認知症の関係性は明らかだ。

 

………この発見された『B-エトウ株』を、年に数回摂取すれば認知症を発症しない。

 

室田はそう言う。これが本当なら、人をころす程の価値は確かにあるが、果たして本当なのか…。

 

 

細菌増えた疾患と腸内細菌

 

―――研究室を後にする2人。

 

妙にあっさり論文を見せてくれたのは怪しいが、花田発酵は創薬の分野でしっかりした実績がある企業だ。実際、認知症の薬も出している。

 

細菌の腸内細菌の研究進化は凄まじい。糖尿病やアレルギー、精神疾患やさらには先天性のASD(自閉症スペクトラム障害)はすべて腸内細菌のバランスが崩れたから増えたのだと紐倉は自論を述べる。

 

さらには寄生虫を全て駆除したのもまずかったと、自分の得意分野である寄生虫を交えた見解まで述べる。

 

腸は免疫の司令塔だ。本来食べ物とう異物を分解して体に取り入れるのは危険な行為。だからとうぜん腸内細胞の花畑(フローラ)は体の至る所で繋がっている…。

 

 

―――紐倉研究所。

 

牧野はそんな菌が発見されたら大儲けだと言う。やはり衛藤ラボメンバーの中にスパイがいるのだろうか…。

 

牧野は水野はスパイの正体を知ったためにころされ、犯人は研究を遅らせるために放火し、その間に特許を取得するつもりだったのではと推測する。

 

その話を訊いた紐倉は、とりあえず特許を調べてみる。

 

それからASDと腸内細胞の話になる。ASD患者の腸内細胞は多様性が乏しい。そのためにガードが薄くなって神経炎症が起き、脳が傷つけられる。

 

ここ数十年で増えてきた様々な疾患は、フローラの変化で起きた可能性が高いらしい…。

 

 

―――と、誰かからメールが届く。

 

そこにはこう書いてあった。

 

『後藤の論文は捏造』

 

慌てて貰った論文を調べる。すると、とんでもない記述が見つかる。………道理であっさり論文を見せてくれたのだ。

 

論文の共著者の欄に、紐倉の名前が書かれてあった…。

 

 

『インハンド』第18話のネタバレ&最新話!

ComingSoon

 

 

『インハンド』第19話のネタバレ&最新話!

ComingSoon

 

 

『インハンド』まとめ

今回は『インハンド』第17話、18、19話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.