1日外出録ハンチョウのタイトル画像

青年マンガ

【1日外出録ハンチョウ】第38話ネタバレ&あらすじ

投稿日:2018年10月13日 更新日:

カイジスピンオフ第2弾!理想の飯テロ漫画!!

 

【1日外出録ハンチョウ】第38話のネタバレ&あらすじ

 

外に出た2人の目的は…

1日外出券を使って地上に出た大槻は、おおいにその日を満喫しようとしていた。
解放的な気分に浸り、公園のベンチで大きく背伸びをするが、ちょうど目の前のベンチにC班班長の小田切がいることに気付く。

顔を合わせた瞬間、今日何をするつもりで外出したのか、目的が同じであることを瞬時に察しあう二人。
先んじて駆け出した小田切に後れを取るまいと、大槻も走り出す。

 

二人の目的は、相手よりも先に、大ヒット映画「カメラを止めるな!」を鑑賞することであった。
地下の商売絡みで長きにわたって争っている二人だが、それとはまた別の争いを繰り広げていたのである。

題して地下ネタバレ合戦。
相手がまだ見ていない映画のオチやストーリーの主要部分を、油断している相手の背後に忍び寄り言いふらすという、
相手の楽しみを奪う最低の嫌がらせ行為である。

地上に出ることの多い大槻は比較的新しい作品のネタバレをし、往年の名作に詳しい小田切は過去の名作をネタバレする。
1年以上続く争いは、ついには映画のみならずマンガや小説といったジャンルにまで及んでいた。

そんな不毛な争いを続けている二人に、宮本が大ヒット映画「カメラを止めるな!」をオススメし、
しかもそれが「ネタバレ厳禁」であったことが、此度の1日外出の「目的かぶり」の発端となったのであった。

相手に先に鑑賞され、ネタバレを食らうわけにはいかない…!
何としても相手より早く、「カメラを止めるな!」を鑑賞しなければならない!

競りながら、大槻と小田切は必死に池袋の映画館に駆け込んだ。

 

襲い来るネタバレ砲弾

ところが、いざチケットカウンターに突撃すると、19時45分の上映時間まで映画館は満席であるとの返事。
二人そろって6時間強の時間がぽっかり空くことになってしまった。

小田切と別れ、空いた時間の使い方を考えるべく最寄りの喫茶店へ足を運ぶ大槻。
珈琲を飲みながら、そういえば行ってみたい洋食店があったと行先を思案していると、
喫茶店に何処か地に足がついていないような雰囲気の三人組が入ってきた。

三人組は大槻の後ろのボックス席に案内されたが、その客の様子を見た大槻の身に、突如として悪寒が走った。
三人組に、「今から何かについて語り合いたくてウズウズしているような」雰囲気を感じ取ったのである。

大槻が察した通り、三人組は今まさに「カメラを止めるな!」を鑑賞し終え、そのネタバレ感想を語り合おうとしている客であった。
慌てて会計を済ませ、大槻は喫茶店を飛び出した。

 

映画館に近い喫茶店を選んだことを悔い、別の喫茶店へ赴いた大槻だが、なんとそこでも「カメラを止めるな!」のネタバレ感想を語り合おうとしている客に遭遇。

小田切からでなくとも、地上ではどこからネタバレがあるか分からない。
地上は「ネタバレという名の砲弾が飛び交う戦場」であると痛感した大槻は、徹底的にネタバレを避けるべく行動することにした。

行こうとしていた洋食店をキャンセルし、仕切りがありネタバレの危険性が低いであろうラーメン「一蘭」で昼食を取る。
さらに比較的静かであろうマッサージ店に入り、時間を潰すことにしたが、
なんとそのマッサージ店は、客と客の仕切りはカーテンのみで、隣の客の会話が丸聞こえになる店であった。

隣の客が、「カメラを止めるな!」のネタバレ話をマッサージ師に語り始め、焦る大槻。
顔を枕に押し付け両耳を塞ぐも、それだけで外界の音全てを遮断できるものではない。

ついに万事休すかと思われたが、店の電話が鳴り、マッサージ師がその対応に追われたことで、隣の客の話は中断。
大槻は寸でのところでネタバレを受けずに済んだのだった。

 

あとは観るだけ…!

その後もネタバレ砲弾を掻い潜り続け、ついに迎えた上映時間。
大槻は映画館の前で、疲労困憊した小田切と鉢合わせる。

互いに疲れ切ったボロボロの姿を見て、同じようにネタバレの砲弾飛び交う戦地から生き延びた同士であることを一目で察し、
二人は普段の諍いを忘れたようにおかしく笑い合うのだった。

映画館で隣同士に座ると、小田切からは購入したビールで乾杯の誘いがあり、大槻も快く応じる。
そしてついに、ネタバレ戦場を無事に生き延びた二人の、「カメラを止めるな!」の鑑賞が始まったのだった。

 

 

【1日外出録ハンチョウ】第39話のネタバレ&あらすじ

 

【1日外出録ハンチョウ】第39話のネタバレ&あらすじ

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.