漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『彼岸島 48日後…』ネタバレ&最新話【223、224、225話】

投稿日:2019年11月15日 更新日:

松本光司先生の『彼岸島 48日後…』はヤングマガジンに連載中です。今回は最新話のネタバレ223、224、225話です。

 

『彼岸島 48日後…』前回(220、221、222話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『彼岸島 48日後…』ネタバレ&最新話【217、218、219話】

松本光司先生の『彼岸島 48日後…』はヤングマガジンに連載中です。今回は最新話のネタバレ217、218、219話です。   『彼岸島 48日後…』前回(214、215、216話)のあらすじは ...

続きを見る

 

国会議事堂に行くという話になるが、勝次と左吉の腹が鳴る。まずは腹ごしらえとして由香が監禁されていたというマンションで吸血鬼を皆ごろしにして食料を奪う事に。由香は失禁するほどのトラウマを抱えていたが、吸血鬼たちに屈しない意地を見せる。

明たちは吸血鬼たちを全滅させ、囚われていた他のアイドルを救出する。鮫島が国会議事堂へ向かうと話すと、アイドルの一人がそこに『蟲の王』というボスがいると話す……。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『彼岸島 48日後…』第223話のネタバレ&最新話!

 

姑獲鳥を超える『蟲の王』

 

『蟲の王』………国会議事堂に陣取っている吸血鬼たちのボスである。

 

果たして一体どんな奴なのか。アイドルの一人は実際に自分が見たわけではないが、それでも雅の4男だと言われていたと話す。

 

雅の息子にそんな区分けがあったとは…。どうやら強さ順に長男から並べたらしい。

 

…ネズミは安心して水を飲む。4男という事は弱い方だ。あの姑獲鳥を倒した明なら苦戦せずに倒せるかもしれない。

 

所で姑獲鳥は何番目だろうか、2番目か、それとも3番目辺りか―――

 

「確か5男です」

 

「ぶはっ」

 

ネズミは水を吐き出してしまう。じゃあ姑獲鳥よりやばいじゃんか!!

 

ネズミは止めた方がいいのではと言い、アイドルの一人もそれに同意だ。どうやら自衛隊の1個中隊が戦車で挑んでも壊滅したらしい。

 

これには勝次も青くなり、ネズミはますます行くなと言い始める。

 

…が、明は行くつもりだ。雅の息子がいるという事は雅本人もいる可能性が高い。明は雅も蟲の王も斬りころすだけだ。

 

勝次はそれを聞いて行く決意をし、左吉も勝次に同意する。

 

 

由香への裏切りコール

 

―――と、由香がなんとか部屋に入ってくる。

 

トラウマで限界なのか、歩くのもやっとだ。

 

すると、アイドルの一人が由香が来た事に驚き、急いで駆け寄る。感動の再会って奴―――

 

パァン

 

なんとそのアイドルは憎しみの涙を流しながら由香を引っぱたく。

 

曰く、よくもノコノコと顔を出せたものだと…。さらに髪を掴んで、由香の頭を壁に投げつける。

 

……話を訊くと、由香のせいでここの吸血鬼が増長して大変な事になったらしい。

 

最初は自さつをほのめかす事で、彼女らのファンだった吸血鬼に本番行為までさせずに済んでいたのだ。

 

だが、新入りの由香が何でもいう事を聞いてしまったせいで歯止めが利かなくなり、何人かころされてしまったらしい…。

 

中には吐しゃ物や排泄物を喰わされた者までいる。その上で由香一人だけで逃げたのだ。

 

出ていけコールが始まる。ネズミは止めろと言うが、一人に金的を喰らって悶絶する。

 

とうとう物まで投げつけられ、由香は部屋から出て行ってしまう…。

 

……一応のフォローとして、鮫島が自分たちが由香の案内で来たからお前らは助かったんだと言っておく。

 

本当に悪いのは吸血鬼共だと勝次も言う。とにかくこれ以上誰を責めても仕方ない。今は助かった事を喜ぶ事に。

 

 

由香、決意し直す

 

―――明たちは外に出る。

 

どうやらあのタワーを隅々まで探しても由香はいなかったようだ。さらに入り口の『I・R・T』の文字も消えていた。

 

由香が消し去ったのだろうか。

 

…と、イカダの所に行くと由香が待っていた。

 

由香は自分は裏切り者の意気地なしのどうしようもない女だと言う。本来なら皆といる資格はないが、他に行く場所もない。

 

だからお願いをする。何でもするから一緒に乗っていいかと…。

 

………明は「早く来いよ」とだけ言う。

 

誰でも後ろめたい過去はある。もう気にしなくてもいいと…。

 

さっそく由香に帆を張る手伝いを頼む。仲間同士の結束力を高め、いざ国会議事堂へ!!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『彼岸島 48日後…』第223話の感想

まさか………あの姑獲鳥が5人の内の最下位…!?

 

あいつのパンチや攻撃は地面に巨大な亀裂を走らせる程であり、明でもなければ戦えない程の強さでした。

 

そんな彼より強い奴が4位の『蟲の王』含め4人もいるなんて…。もはや明だけでなく鮫島たちも一丸となって戦わないと絶対勝てない相手でしょう。

 

…そして由香。

 

トラウマをほじくり返された上に仲間だと思っていた者たちに責められてはもう精神も限界だったのではないでしょうか。

 

それでも生き残る為とは言え、自分の弱さを認め、明たちに謝罪して必死に頑張ろうとするのは感涙を誘いますね。

 

ネズミもそんな由香の態度に涙を流して喜んでましたが、彼も由香のファンならその姿勢をもっと見習うべきでしょう…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

 

『彼岸島 48日後…』次話(224話)の予想

恐らく『蟲の王』が次話以降で登場するのではないでしょうか…。

 

そしてその強さの秘密などが次々明かされていく…。

 

次話では、明たちが国会議事堂に向かう途中で『蟲の王』の情報を収集する…といった内容だと予想しておきます。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『彼岸島 48日後…』第224話のネタバレ&最新話!

 

建物に避難する明たち

―――雨が振り出す。…ここは国会議事堂。

 

ばさっばさっばさっ……そのてっぺんには雅の描かれた旗が立っている。

 

そして……新章開幕だ…!

 

…一人の男が国会議事堂から少し離れた地点からそこを見つめている……彼は自衛官のようだ。

 

吸血鬼たちに仲間をころされ、その上国会議事堂を乗っ取られてしまった。

 

自衛官は虚しく自分たちの仲間を返せと叫ぶ…。

 

 

―――明たちは帆を広げたイカダで移動している。

 

だがこの雨だ。皆寒さに凍えて冷えてくる。そのうち勝次がくしゃみをする。

 

そこかで雨宿りをしようという勝次の意見で、廃墟となった建物の中に非難する…。

 

 

―――建物の中に避難すると、ひとまず皆で腹ごしらえをする。

 

所で、勝次の顔の腫れが引いてきて元の端正な顔立ちが見えている。子供は回復が早いのだ。

 

ネズミと鮫島は国会議事堂との距離について話し、明は雅が息子の集落を次々に巡っているという話を思い出している。

 

…奴は国会議事堂にいるのだろうか―――

 

 

飛んできた銃弾

ヒュッ

 

バスッ

 

明は「え?」と言う。何かが明の頬を掠め、明の斜め後ろの床にヒビを入れたからだ。

 

…なんと、何かが飛んできた方向の窓が割れて穴が空いている。これは…!

 

「狙撃だ!! 隠れろ!!」「撃ってきたぞ!!」

 

避難する明の足元にも銃弾が飛んでくる。慌ててカーテンを閉め、窓の脇に皆で隠れる。

 

…向かいのビルからだ。だがなぜ銃で狙撃を…? 吸血鬼たちが警察署でも襲ったのだろうか。

 

もし雨が降ってなかったら確実に明に命中していたはずだ。

 

 

―――明は皆に隠れているよう言い、鮫島と一緒に泳いで向こうのビルの敵を倒しに行く事に。

 

1階へ続く水没した階段から水中に入り、そのまま水没した外の道路に泳いで出る。

 

…だが水中にも関わらず銃弾が着水してくる。2人はイカダの下に隠れ、ロープを切ってイカダで上を守りながら移動する。

 

イカダは向こうのビルに到着し、そこから向こうのビルに侵入する。

 

とりあえず狙撃手のいる部屋は水中で目星を付けた。

 

 

捕まる由香たち

―――その部屋では自衛官の男がハァハァと息を切らしている。

 

明「動くな」

 

…いつの間にか背後にいた明に仕込み刀を首に付きつけられる。

 

「なっ」と言って男が振り返ると、彼は冒頭で国会議事堂の近くにいたあの自衛官だった…。明もまさか撃ってきた相手が人間だったと知って驚く。

 

………一方、由香たちは明たちの身を案じていた。

 

スッ

 

…そこに、なんと銃を構えた自衛官たちが現れる。一気に窮地に立たされる4人―――

 

ネズミ「ひいいいいいいい」

 

…ネズミの叫び声が明たちの所にも届く。そう、この自衛官が囮だったのだ!!

 

明は彼に何者なのかと尋ねる。自衛官は「第一師団普通科連隊、陸上自衛隊だ」と答える。

 

自衛隊…だと…?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『彼岸島 48日後…』第224話の感想

……おお!! 人間の陸上自衛隊の登場です!!

 

まさか明たち以外にも戦えそうな人間がいたとは…。

 

由香たちの所に銃を持った兵士が4人もやってきましたが、武器を所持している彼らと一緒なら国会議事堂にも何とか潜入できるかもしれません…!!

 

…が、裏を返せば次の敵『蟲の王』は彼らの協力なしには倒せない程の相手という事でしょうか。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『彼岸島 48日後…』次話(225話)以降の予想

最初は明たちの事をイマイチ信用しない自衛官達ですが、明が姑獲鳥を倒したと聞いて『蟲の王』についての情報を話す事になるのではないでしょうか。

 

…そういえば『蟲の王』は姑獲鳥より強いらしいですが、どのような戦い方をするのでしょうか。

 

まだパワーで姑獲鳥を上回るとは限りません。前々話で予想したように、強力な蟲を支配できるとかではないでしょうか。

 

蟲も何匹も集まれば戦車を破壊する程の攻撃力を伴うはずですし…。

 

…そこが次回で明らかになると思います。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『彼岸島 48日後…』第225話のネタバレ&最新話!

 

人質になった勝次たち

 

明「自衛…隊?」

 

タワーでも確かに自衛隊の生き残りについてアイドルから聞いた。

 

…彼は陸上自衛隊、第一師団普通科連隊小隊長だ。こんな所で自衛隊が何をしているのか…。

 

彼の話だと、彼の隊は吸血鬼と戦闘中。よってこの辺りは民間人の立ち入りが禁じられており、侵入者は全員ころせとの命令だ。

 

…と、トランシーバーから由香たちを確保したと連絡が入る。

 

………明たちのアジト。

 

銃を付きつけられる皆。これで皆捕まってしまった。

 

鮫島はトランシーバーを掴むと、向こうに小隊長と人質交換だと言う。

 

 

―――ボートを漕いで明たち3人はアジトに向かう。

 

…だが以前として、勝次たちに銃が向けられたまま。

 

さらに食料を物色し始めるので、耐えきれず勝次は「無能集団!! 税金泥棒が!!」と叫ぶ。

 

慌てて勝次の口をネズミが抑える。反抗的なのはコイツ一人で、この馬鹿を煮るなり焼くなり好きにすれば……と言っていると―――

 

 

ネズミの勇気、左吉のピンチ

 

「なんだこの女は」

 

由香「ひっ」

 

なんと由香が目を付けられて…!

 

ばっ

 

ネズミは由香の前に立ち塞がった。この子には手出しをするなと言うネズミ。

 

だが銃を付きつけられて漏らしてしまう。それでも逃げないネズミ。

 

勝次は逃げないなんてやるじゃないかと彼を見直す。

 

…さらに左吉も自衛隊に喧嘩を売る。蟲の王に負けた腹いせに弱い者いじめをしているんだろう…と。

 

キレた隊員の一人が「クソガキ!!」と左吉を蹴とばして壁にぶつける。

 

さらにナイフを左目に付きつける。曰く、陸上自衛隊は無敵で蟲の王だろうと負けはしないと…。

 

ナイフの切っ先が左吉の眼球に触れる―――

 

 

危機一髪

 

「やめろ!」

 

………明たちが入ってきた。

 

止めるよう言ったのは小隊長。怒りに任せて人間をころすなと連隊長から言われているはずだと…。

 

思わず左吉は明に向かって駆け出す。だが人質は動くなと言ったはず―――

 

ドンッ

 

一人の撃った銃弾が左吉の左肩を貫通し、壁にヒビを入れる。次は頭を吹っ飛ばすぞと脅しをかけると―――

 

ダッ

 

明は駆け出し、シュッと刀を振るう…。

 

パキッ

 

「え?」

 

…撃った自衛官の銃が真っ二つになった。

 

シャッ シャッ シャッ

 

なんとその場にいた自衛官の銃は全て明の刀で切断された…!

 

そのまま小隊長を壁に押し付ける。鮫島はあわてて左吉を保護する。

 

そのまま鮫島は自衛隊員を掴んで皆ごろしにしようと言うが、明がそれを止める。

 

…明は小隊長に聞く。ここにいる7人以外の生き残り隊員は何人いるのかと。全部で大体50人ほどと返答する。あとは吸血鬼になるかタヒ亡したと…。

 

彼らのボスは連隊長殿。連隊長は蟲の王と直接戦った唯一の生き残りだ。

 

―――明はそのボスの元に案内するよう言う…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『彼岸島 48日後…』第225話の感想

なんと……自衛隊も人でなしになってしまったのですね。

 

こんな事態だから仕方ないかもしれませんが、だったらなおさら明たちと強力すべきでしょう。これからする事になるんでしょうが…。

 

…そしてネズミ。またちょっと失望したと思ったら再度見直せる展開になりましたね。

 

勝次が自衛隊を罵倒した時に黙らせたのはナイスだと思いましたが、その後に勝手に彼を売ろうとした際は「またかよ…」と思いました。

 

しかし、由香を咄嗟に守った時は「さすが!」と思いました。やるじゃないですか。やはり彼も明と同じチームメンバーの一人だという事ですね!!

 

左吉の左肩を撃ち抜かれた時は彼がころされたような錯覚にも陥りましたが、なんとか無事なようですね…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『彼岸島 48日後…』次話(226話)以降の予想

恐らく連隊長が登場すると思います。

 

蟲の王との戦いの生き残りならきっと奴がどんな存在か教えてくれるはずです。

 

姑獲鳥より強い蟲の王には明たちの力だけでなく自衛隊の協力も必要不可欠になるはずですからね…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『彼岸島 48日後…』まとめ

今回は『彼岸島 48日後…』第223、224、225話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.