彼岸島48日後のタイトル

青年マンガ

彼岸島 48日後… 178話のあらすじ&ネタバレ

投稿日:2018年10月16日 更新日:

前回(177話)のあらすじは・・・

吸血鬼の首領・雅を倒す為、東京の中心へ向かう明たち。

しかし旅の途中に大切な仲間の勝次を敵にさらわれてしまう。

明たちは勝次を救出すべく上野を目指していた。

その道中に筏の修理をしようと立ち寄った巣鴨で吸血鬼に襲われている二人の男を助けたのだった。

 

彼岸島 48日後…第178話のネタバレ、あらすじ

 

邪鬼退治の依頼

「邪鬼退治を手伝ってくれ」
吸血鬼に捕まっていた男・山下が言うには、邪鬼退治に行く途中で吸血鬼に見つかってしまったらしい。

「助けてもらって何言ってんだよてめェ!」
興奮しながらそんな危険なことは出来ない、工具だけよこせと叫ぶネズミ。

頼む…と山下が泣きそうになりながら話す。

「嫁と子供がその邪鬼にさらわれちまったんだ」

それを聞いて疑問に思う鮫島。
「邪鬼にさらわれた?喰われたの間違いじゃねェのか?」

その邪鬼は人間を生かしたまま捕まえ、身動き取れない状態で餌を与えて飼うという。

鮫島はさらに疑問に思う。
「飼う?なんのためにだよ」

「その人間たちが出す汚物を 奴は食糧にしているんだ」

噂によると、年寄りの邪鬼で若者の汚物を食べると若返ると信じているらしい。

意味不明な邪鬼にネズミも鮫島もぞっとする。
「化け物なりのいかれたアンチエイジングってわけか」

そして改めて山下は邪鬼退治を懇願する。
「とにかく嫁と子供はまだ生きている 助け出したいんだ 手伝ってくれ」

 

勝次の行方

「断る」
明はにべもなく答える。

少し驚く鮫島とあからさまに喜ぶネズミ。

どんな邪鬼だろうと戦うからには命を賭けなければならない。
こんなところで危険は冒せない、と明は言うのだった。

鮫島も明の言うことが決定事項だと言い、工具だけ渡して貰おうとする。

「俺たち二人じゃ絶対にやられる…どうすればいいんだ」

断られて途方にくれる涙する山下。

山下の友人が辛いのは俺たちだけじゃない、と慰めようとする。
家族と一緒に捕まった男の子もかわいそうじゃないか、と。

その言葉に反応する鮫島。
「男の子?」

その男の子は一人で町に逃げて来たが、すぐに邪鬼に捕まってしまったとのこと。
それを聞いて鮫島は顔を青ざめる。
このご時世に子供が一人でいるなんてそうそうない。

「まさか勝っちゃんじゃねェよな」

山下たちは名前まではわからないと言う。
鮫島は男に飛びかかり、その子が野球帽をかぶってなかったかと問い詰める。

「被ってたよ」
山下の友人が答える。
帽子についてたマークを石で地面に書く。
それはまさに勝次の帽子のマークと同じものだった。

 

邪鬼退治

そのマークを見た鮫島は興奮して、早く邪鬼のところへ案内しろと男の胸ぐらを摑みかかる。
「どこだその邪鬼は!!さっさと案内しろ!!」

明もなぜこんなところに勝次が居るのかと疑問を持ちながらも、勝次を助けるために邪鬼退治をすることにする。

一度断られた山下たちは希望を得て、少し笑顔になる。

明は鮫島に気合入れろよ、と注意する。
「吸血鬼とはレベルが違う 邪鬼は手強いからな」

「願ってもねェぜ ちょうど暴れたりなかったところだよ」

一人で筏に残され、吸血鬼の死体掃除をしていた由香の元へ二人の男を連れて戻り、早速邪鬼のところへ向かう。

夕方に到着した場所は寂れたお寺で、かつてはとげぬき地蔵で有名な寺だった。

寺の入り口あたりまで筏で行き、その先はネズミと由香を筏に残して泳いで行くことにする。

寺の中には包帯のようなものでグルグル巻きにされた人間たちが、虫の卵のようにギュウギュウ詰めにされていた。
口元以外の全身を覆われており、顔の判別は難しい。

そこにシワだらけの顔の邪鬼が現れ、間一髪で明たちは水の中に潜ったのだった。

 

 

彼岸島 48日後…第179話のネタバレ、あらすじ

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.