漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『響〜小説家になる方法〜』最新話のネタバレ【114話】最終回!

投稿日:

柳本光晴先生の『響 〜小説家になる方法〜』はビッグコミックスペリオールで連載中です。今回が最終回となってしまいました。

 

『響 〜小説家になる方法〜』前話(113話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『響〜小説家になる方法〜』最新話のネタバレ【113話】響の言葉

柳本光晴先生の『響 〜小説家になる方法〜』はビッグコミックスペリオールで連載中です。   『響 〜小説家になる方法〜』前話(112話)のあらすじは・・・   響はIELTSの総合評 ...

続きを見る

 

北瀬戸高校の卒業式が行われるが、響が参加していない。彼女は文芸部室におり、卒業生を送る飾りの手伝いでもしていた方がいいとの事。だがこれ以上放っておくわけにはいかない後輩たちにより強制的に体育館に運ばれる。

既に答辞は塚本が行ったが改めて響からも何かいう事に。響は皆への感謝よりも明日からイギリスで暮らす事に対する楽しみを語り、3年間ありがとうと締める……。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

 

『響 〜小説家になる方法〜』第114話(最終話)のネタバレ&最新話!

 

響、イギリスへ

 

―――イギリス。

 

彼女はそこにいた。流石英国、掲示板に貼ってある紙一枚一枚が全て英語で書かれてある。

 

アパートに引っ越してきた響。慣れない英語を大家にゆっくり話してもらって何とか対応していると、同居人のイギリス人2人が現れる。

 

響は彼女たちに自己紹介をする。小説を読みたくてイギリスに来たのだと……。

 

それから自分が18歳だと明かし、少し驚かれる。

 

なお、彼女らが仲良くしている日本人の子は少し子供じみていて、大人も子供もアニメやコミックばかり見ているから精神年齢が低いのではと言う。

 

他にもこの国はロックンロールの国であり、若者は必ずロックを通ると言う。

 

金髪の18歳の子がヴィヴィアン・クーパーと自己紹介をする。ロックで世界を変えたいらしい。

 

丁度今夜バンドのライブがあり、招待してくれる事に。響も興味があると言う。

 

 

イギリス人なら誰しも一度は通るロックンロール

 

―――アパートの外。

 

茶髪の22歳のシャーロッテ・ブラントと外を歩く。

 

疲れていないか聞かれるが、響は知らない国を見るのはとても楽しいと言う。

 

どうやらクラスメートの日本人はとてもシャイであり、本心を言わないのは日本人の気質だと言っていた。

 

日本人にも色々いるが、イギリス人だけは全員一度はロックンロールを通るらしい…。

 

ただ、シャーロッテは音楽は辞めてしまったらしい。4年間活動しても解散ライブの客はたったの20人。曰く、その程度だったとの事。

 

やはりロックで成功するのは一握りというのは変わらないらしい…。

 

それに対し響が目指すという小説はエディライターになるなどの潰しが効いてよさそうだと言われる。音楽は何の潰しにもならないらしい。

 

 

響の書いた歌詞

 

―――ライブハウス。

 

シャーロッテと響はヴィヴィアンのライブを見る。初めてのロックンロールは響曰く「Nice!」である。

 

ヴィヴィアンのバンドはレベルが高いそうだ。それでもソールアウトには程遠いようだが…。

 

テクは高いが何かが足りないとシャーロッテは評す。

 

ヴィヴィアンの演奏を見ていた響は―――紙を手に取って何かを書く。それを見せられたシャーロッテは………

 

………演奏終了後、ヴィヴィアンに感想を聞かれる響。

 

すごくかっこよかったと響に言われ、喜ぶヴィヴィアン。

 

ドラム担当の者は果たして自分たちの演奏など日本人に分かるものかと言うが、響はリズムが気持ちよかったと言って彼を喜ばせる。

 

演奏も歌もまるでプロみたいだったらしい。……歌詞だけが全くセンスが無かったが。

 

………彼らは固まる。

 

当然だろう。歌詞はヴィヴィアンが書いているのだから。

 

曰く、皮肉やジョークが空回りしてセンスもない。

 

響「私も書いてみた」

 

響がシャーロッテに見せたのは、響が即興で書いてみた歌詞だった。

 

それを見るヴィヴィアン……。

 

シャーロッテはそういえば日本のクレイジーガールの存在を聞いたことがある。確か彼女の名が―――

 

シャーロッテは響のファミリーネームを聞く。響は「アクイ」と答える。

 

日本では苗字と名前が逆だったのを思い出し、ではファーストネームは何かと聞くと………

 

響「響。」

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『響 〜小説家になる方法〜』第114話(最終回)の感想

 

イギリスでは誰しもロックンロールを一度は通るらしいです……なんだか面白い国ですね。

 

それにしても響の世界の方では、日本はイギリスで馬鹿にされています。

 

見ていてあまり気持ちのいいものではないですが、思った事を正直に口にする文化の方がいいのか響はイギリスでの生活の方が日本よりイキイキとしているように思えます。

 

果たして響は将来どんな小説家になるのでしょうか。英文作家を目指すのでしょうか。

 

もう最終回なのですが、響がこれからイギリスでどのように活躍していけるのかと思うと楽しみです。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『響 〜小説家になる方法〜』まとめ

今回は『響 〜小説家になる方法〜』第114話(最終回)のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.