漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『響〜小説家になる方法〜』最新話のネタバレ【107話】幾田からの連絡

投稿日:2019年7月10日 更新日:

柳本光晴先生の『響 〜小説家になる方法〜』はビッグコミックスペリオールで連載中です。

 

『響 〜小説家になる方法〜』前話(106話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『響〜小説家になる方法〜』最新話のネタバレ【106話】青天の響

柳本光晴先生の『響 〜小説家になる方法〜』はビッグコミックスペリオールで連載中です。   『響 〜小説家になる方法〜』前話(105話)のあらすじは・・・ 響たちは文芸部の合宿で海に来ていた。 ...

続きを見る

響はこの間自分を蹴った琴子に報復するため、津久井に掛け合って檸檬畑の収録最中に乗り込んで琴子を殴り飛ばす。津久井は一応琴子に「あのオバサンは強いぞ」と忠告する。

 

それから響はふみらに掛け合い、幾田の机の引き出しから漫画版『お伽の庭』の漫画原稿を取り出す。一体何に使うのか……。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『響 〜小説家になる方法〜』第107話のネタバレ&最新話!

 

幾田からの連絡

鏑木は部屋の中で響著作の原作版『お伽の庭』を呼んでいた。天才漫画家の中で再構築される『お伽の庭』。その傑作の行方は果たして……。

 

鏑木は思う。小説にはさほど詳しくはないが、純文学はエンタメに比べて技術や理屈を相当削っており、恐ろしく才能勝負の世界だ…。

 

『お伽の庭』がどうしてこんなに面白いかは鏑木にも未だ分からない。なぜ響がたかが15歳の時点でここまでの世界観が持てたのかも……。

 

漫画『お伽の庭』連載開始まであと一月ちょっとだ。結局響は何もせずか……。鏑木は響の才能が10代の今だけの感性だろうと思っていた。成長したら周りがどうしても見えてしまう。そうなれば今までと同じようには書けない。

 

まあ彼女の事などどうでもいい。漫画『お伽の国』を傑作にするだけだ。と、外を歩いていた鏑木の携帯に着信が入る。3話のネームができたと幾田に言う鏑木だが、幾田は編集部から1話の原稿尾が消えたと言う。真顔になる鏑木。

 

どうも彼のいない間に、幾田の机を漁っていた小柄な女性がいたらしい。鏑木は引き続き電話をしながら自分の家に帰る。まさか……

 

響、不法侵入

仕事場の窓ガラスは一部が破られており、そこから鍵を開けて侵入したらしい。その部屋には既に響とふみがおり、盗んできた鏑木のネームを呼んでいる所だった。

 

響「おかえり。あなたの描いた『お伽の庭』の漫画読ませてもらった。」

 

鏑木「………原稿は見つけた。取りに来い。」

 

ふみはそのまま鏑木の横を通り、案内したのは自分だから後は好きにすればいいと言って庭に出る。庭には撮影しているあの女性が。女性は二人だけにしてもいいのかと聞くが、響が話を付けるからいいと返す。それよりその映像を無断使用したら訴えると伝える。

 

響「漫画の原稿って初めて見たけど、すごく手間がかかってるのね。これってどこまであなたが描いたの?そういえばあなたの名前なんだっけ?」

 

鏑木「……用件は?」

 

響は確かにこの作品は面白いと言い、売られた喧嘩を買いにきたのだと言う。響は今この場で殴り合いの喧嘩でケリを付けるつもりらしい。鏑木が勝ったら原稿も連載も好きにすればいいが、自分が勝ったら原稿はこの場で灰にすると……

 

ガタイの違う喧嘩

言い終わった瞬間に鏑木は動いていた。椅子を掴み、響に投げつける。響はそれを躱し、間合いを詰めた鏑木の拳を避けて、竹刀で鏑木の胸を突く。

 

鏑木「がはっ!」

 

響「漫画家の職場って色んなものがあるのね。」

 

起き上がった鏑木を竹刀で横向きに叩くが、鏑木はそれを腕で防ぎ、響きの腹に強烈な蹴りをお見舞いする。

 

冊艇していた女性「痛った…!」

 

鏑木「!」

 

響「……っ。」

 

響は腹に本を入れており、あまりダメージは受けていないらしい。鏑木は容赦なく「次はツラを狙う。」と宣言する。

 

だがそれでもガタイが違いすぎる。鏑木は身長170cm以上あるが、響の方は160cmもないだろうし、ウェイトの差も20kgはある。竹刀や本を使わなければ勝負にはならない。

 

響きは大型の電子機器で鏑木を殴りつけ、それを鏑木は腕で防ぐ。流石に腕がビリビリ痺れている。そして次の瞬間、響の強烈なストレートが鏑木の腹に直撃する。

 

撮影していた女性「モロに入ったー!」

 

だが鏑木は表情を変えず、響の顔面を殴りつける。響はそのまま倒れてしまう。倒れた響の首を鏑木は片手で掴んで絞める。

 

不意をつかれなきゃ響の細腕などいくらでも耐えられる。図書館の時のように足を動かそうとしてもそれも読まれて防がれる。

 

鏑木「負けを認めるか、オチるかするまでシメ続ける。あきらめろ。」

 

 

『響 〜小説家になる方法〜』第108話のネタバレ&最新話!

漫画最新話ネタバレ
『響〜小説家になる方法〜』最新話のネタバレ【108話】鏑木の自論

柳本光晴先生の『響 〜小説家になる方法〜』はビッグコミックスペリオールで連載中です。   『響 〜小説家になる方法〜』前話(107話)のあらすじは・・・ 鏑木は夜道を散歩中、幾田から漫画『お ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『響 〜小説家になる方法〜』まとめ

今回は『響 〜小説家になる方法〜』第107話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.