青年マンガ

『はねバド!』第71話のネタバレ&最新話!唯華は何を語る、三強と綾乃、コニーと路

投稿日:2019年2月16日 更新日:

goodアフタヌーン連載中!

 

『はねバド!』前回(70話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『はねバド!』70話ネタバレ&最新話!唯華対綾乃、勝負の行方は。ハルダウン・クロスファイアとは?

goodアフタヌーン連載中!   『はねバド!』前回(69話)のあらすじは・・・   インターハイ個人戦ベスト4最後の1人を決める、なぎさ対コニーの戦いは、驚異的な粘りを見せたなぎ ...

続きを見る

 

インターハイ個人戦準決勝。春の選抜の覇者・唯華に挑む綾乃は、硬直した展開を打破するため必殺の「ハルクダウン・クロスファイア」を解禁した。一方、返球不能なショットを目の当たりにしても、唯華はさらなる熱戦に自らを奮わせて勝負を譲らない。

 

激しいラリーで疲労が限界に達しても、秘球を撃ち続ける綾乃と、徐々に対応していく唯華。綾乃がマッチポイントを迎えた最終局面、ついに唯華のラケットがその秘球を捉えたが、力及ばず羽根はコートの外へ。激戦を制した綾乃は何を語る――。

 

最新話は「goodアフタヌーン」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『はねバド!』第71話のネタバレ&最新話!

 

唯華は何を語るか

 

「試合終了!! マッチワンバイ羽咲綾乃、神奈川・北小町高校。20-22、21-18、22-20」

 

唯華20点、綾乃22点。

 

「バッ…カ野郎が…負けやがった……!!」

 

互いにまだ呼吸が乱れている綾乃と唯華

 

綾乃「わ…私の技、もう見極めて……」

 

唯華「いい試合だったね。…おめでとう羽咲。私も全力を出した。最後まで諦めなかったよ…」

 

しかし、納得のいかない綾乃。またすぐやらないと気が済まない。

 

勘弁してよ、と唯華。

 

唯華「行ってきな、全国の決勝へ…胸を張って。一年生でそこまで辿り着いたんだ」

 

唯華は胸を張って戻るつもりだ。全力で戦い抜いたのだから。

 

握手を交わす二人。

 

ついでにいつか宮城に遊びにおいでと誘われる綾乃。

 

そして礼を言う。

 

「益子に続いて、志波姫までが去るか……」

 

綾乃たちはそのまま向き合う。気を付けの号令がかかる。

 

「ありがとう唯華」

 

「礼!!」の号令と同時に「ありがとうございました!!!」と言う。

 

泣き出す唯華。それを抱きしめて慰める仲間。

 

次はさきの番だからね、と言う彼女に対し、任せてと言う。

 

「益子ちゃん倒しちゃう!! 当たって砕けろだから」

 

 

三強と綾乃

 

「Mr.ソウイチロー」

 

声を掛けられる壮一郎。ウィゴだ。

 

ウィゴは昔私と戦ったことがあるか尋ねる。

 

記憶力には自信がある壮一郎。一度だけ確かに戦った。

 

 

もっとも、ウィゴとまともにやり合える力はなかったが。

 

 

しかし今日は互角以上だ。壮一郎は「志波姫君が優秀だったから」と言う。

 

ウィゴ「綾乃ちゃんの馬鹿さは浮き彫りになりましたが」

 

壮一郎「?」

 

いずれまた、と去っていくウィゴ。

 

壮一郎「厳しい方ですな…」

 

対戦結果票を見るあかね達。

 

豊橋と話す。

 

志波姫が一年に負けたなど信じたくない。

 

だが、益子も唯華もたった一人の一年に負けたのだ。

 

悔しいがそれが全てである。

 

豊橋は素直に綾乃の凄さを受け入れるが、あかねは「私は常に挑戦者なんだ!」と言って去っていく。

 

豊橋たちの世代は、上のいくつかの世代よりもレベルの高い世代と言われていた。

 

三強がいたからだけではない。彼女や久御山も昔から上級生に負けないくらいの力があった。

 

しかし、その彼女らでも三強には勝てない。勝てずに6年経ってしまった。

 

何度も路とは戦ったが、何度も破れた。

 

益子がNo.1なのは認めるが、それに唯一勝てるのが唯華一人だ。

 

だが、路も劣っているとは思わない。

 

この三強と何度も戦ってきた豊橋からすれば…。

 

 

コニーと路

路とコニーの戦い。

 

路の凄まじいスマッシュをコニーは受けきれなかった。12-11だ。

 

コニー(このドライブが…重い!!!)

 

彼女は何かが違う、と思うコニー。

 

速さもパワーも高校ナンバー1の称号は、唯のものだろう。

 

コニー「くックソがァァァァァ!!!!」

 

流石のコニーの口調も崩れる。

 

コニーも重量級の中では機動力は高いが、反射神経なら唯の方にある。

 

綾乃はコニーの弱点を分析している。

 

唯は言う。いくらコニーが世界で戦ってきたと言っても、自分たちもユースでそういう経験を持っていると。

 

その上、戦術とテクニック。

 

高校最高のフィジカルにそれらを上乗せした、それが彼女のパワーだ。

 

他の三強と彼女はずっと戦ってきた。

 

そう、こっちは本物の天才をずっと見てきたのだ。

 

「ポッと出のアンタなんかに負けるかよ!!」

 

互角の攻防がしばらく続く。

 

が、唯がラケットを落としてしまう。

 

コニー「私はコニー・クリステンセン、私の前に貴女は平伏すだけ」

 

 

 

『はねバド!』第72話のネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
『はねバド!』第72話のネタバレ&最新話!綾乃と母有千歌との確執

goodアフタヌーン連載中!   『はねバド!』前回(71話)のあらすじは・・・   綾乃に敗れた唯華。互いに全力を出したが、それでもまだ納得がいかずにもう一度戦いたい綾乃。そんな ...

続きを見る

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.