はねバド!

青年マンガ

「はねバド!」第69話のネタバレ&最新話!綾乃のクロスファイア。コニー対路の準決勝

投稿日:2018年11月22日 更新日:

goodアフタヌーン連載中!

 

「はねバド!」前回(68話)のあらすじは・・・

 

インターハイ個人戦ベスト4最後の1人を決めるなぎさVSコニーの戦いは、劣勢の中、驚異的な粘りを見せたなぎさを下し、コニーが勝利。

準決勝に駒を進める。同じくベスト4に勝ち上がった綾乃は母親の病状を知り混乱した状態のまま春の選抜の覇者・唯華に戦いを挑む。

 

唯華の巧みな試合運びに攻撃の糸口を掴めない綾乃は苛立ちを募らせらるが、限界まで集中した綾乃が唯華のフェイクを攻略。試合は一進一退のまま、第二ゲームにもつれ込むのだった。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

「はねバド!」第69話のネタバレ

 

綾乃のクロスファイア

第二ゲームで20-18で綾乃のゲームポイント。

 

 

勝負を決めるべく、綾乃からクロスファイアが放たれる。

 

 

綾乃のクロスファイアの鋭さと変化に対応しきれない唯華。

 

 

第二ゲームは綾乃の勝利。

 

 

クロスファイアはここまで徹底的に封じられていたため、打球の変化をより大きく感じさせるのだった。

 

 

その変化の大きさに会場は興奮に包まれる。

 

 

しかし泪は冷静に見ていた。

 

 

「今の変化は私とする前の試合でも見せてたヤツと同じだよ。

 

一番乱発してるベーシックな神藤のクロスファイア」

 

 

あくまでクロスファイアは相手の体感をどうコントロールするかがポイントだと言う。

 

 

だからこれまで見たものと同じ回転数なのだ。

 

 

第三ゲーム

このまま綾乃がラリーの主導権を握り唯華は後手に回ると思われたが、なかなか引き離すことが出来ない。

 

 

10-9で綾乃が僅差でリードしている状態だ。

 

 

立花は唯華を見て、

 

「相手のミスを逃さない。

 

さらに自らは絶対にミスを犯さないと言う高い集中力が志波姫がまだ失っていないからだ。

 

簡単に崩れるメンタルではない。流石だよ」

 

と評する。

 

 

唯華は冷静に考えていた。

 

 

自分と綾乃は長所短所の違いはあれど、総合的に見て互角。

 

 

そう考えると、綾乃のクロスファイアは『不意を突かれた隙』でも『唯華自身のミス』でもない。

 

 

綾乃がこの試合を通して唯華に対応しはじめたのだ。

 

 

そうなった以上、唯華は後手に回っている。

 

 

『この先も事あるごとにクロスファイアは打ち込まれる。

 

そう見るべきだ。対策を立てねば…』

 

 

そして試合は綾乃リードのまま11-10を迎えインターバル。

 

 

親友の言葉

唯華はベンチでクロスファイアの種類について考える。

 

 

綾乃が同じフォームから繰り出せる攻めは5つ。

 

 

回転数の強弱を分けたショット2種とストレートスマッシュ、勢いを殺したドロップ、そしてもう1つ。

 

 

泪との試合で見せた謎の軌道のショットだ。

 

 

考えているとさきがベンチまでやってくる。

 

 

さきは

 

「いつも通りはやめて!」

 

と怒る。

 

 

「最後の夏だから言うよ。唯華…今相手を分析して受けに回って立ち回ろうとしてるよね。

 

小学生の頃から知ってる私から言わせると、このパターンの時の唯華は負けを受け入れようとしている時の唯華だよ…!」

 

 

さきに発破をかけられ、唯華はハッとする。

 

 

「…ちょっとカッコ悪くなるけど、戦ってきてもいいかな」

 

 

唯華の底力

唯華達の試合に遅れてはじまるもう一つの準決勝、コニー対路。

 

 

『津幡 路?唯華にも勝ったことあるみたいだけどハッキリ言って私の敵じゃないわ』

 

 

立花は遅れて始まるもう一つの準決勝戦の影響を考えていた

 

 

『これがこの先の決勝に影響を与える事も…』

 

 

すると倉石が声をかける。

 

 

「決勝はとにかくアドレナリンが凄いそうだ。

 

ベンチもドキドキしっぱなし。だから事前に何を考えていたってあまり意味がない」

 

「続けろよ立花くん。君も君のできるペースで」

 

 

立花は顔を俯け、考えるのだった。

 

 

一方、コートで顔を合わせる綾乃たち。

 

 

綾乃は唯華の微妙は変化を敏感に感じ取る。

 

 

「前よりも、もっと表情が明るく見える」

 

 

そして試合再開。

 

 

『唯華ちゃんのプレイを読むたびに頭が痛い。目の奥が重い。鼻水がたれそう』

 

 

綾乃は自分の望みのため、負担を感じながらも必死に戦う。

 

 

唯華もなんとか変化もを見抜こうと観察する。

 

 

そして綾乃がクロスファイアを打つ時、肘に僅かな変化が生まれた事に気付きクロスファイアを完璧に返す。

 

 

クロスファイアを見抜かれたことで焦る綾乃は、ついに泪戦で使った「5つ目」の一打を放つのだった。

 

 

 

「はねバド!」第70話のネタバレ

漫画最新話ネタバレ
『はねバド!』70話ネタバレ&最新話!唯華対綾乃、勝負の行方は。ハルダウン・クロスファイアとは?

goodアフタヌーン連載中!   『はねバド!』前回(69話)のあらすじは・・・   インターハイ個人戦ベスト4最後の1人を決める、なぎさ対コニーの戦いは、驚異的な粘りを見せたなぎ ...

続きを見る

 

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.