『花野井くんと恋の病』第11話

女性マンガ

『花野井くんと恋の病』第11話ネタバレ&最新話!花野井に気持ちを伝えたいほたる

投稿日:2019年2月3日 更新日:

デザートに連載中!

恋に臆病な女子と愛が重い男子の初恋純粋ラブストーリー!

 

『花野井くんと恋の病』第10話のネタバレは…

花野井君と恋の病10話
『花野井くんと恋の病』10話ネタバレ&最新話!ほたるのバイト先に同級生の八尾登場。

デザートに連載中! 恋に臆病な女子と愛が重い男子の初恋純粋ラブストーリー!   『花野井くんと恋の病』前回(9話)のあらすじは・・・   高校1年生の冬、隣のクラスのイケメン・花野 ...

続きを見る

 

最新話は「デザート」に連載中です!今すぐ無料ポイントと無料期間で読みたい方はこちらからどうぞ!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

「花野井くんと恋の病」第11話ネタバレ!

 

バレンタイン

花野井くんが好き。

 

でもこの臆病虫をどうすれば撃退できるんだろう…

 

ほたるは花野井くんと一緒に図書室にいた。

 

勉強を教えてもらっていたけれど、ほたるはどうすれば自分の気持ちを伝えられるか考えていた。

 

「ほたるちゃん、疲れた?そろそろ帰ろうか」

 

花野井くんが微笑む。

 

いつもの花野井くんだ。

 

八尾くんのこと、まだ気にしてるかな…?

 

ふと、出口で花野井くんの足が止まり、壁のポスターを見ていた。

 

ポスターには……バレンタイン特集!!

 

バレンタイン!!

 

いつも食べるばかりで意識してなかったけど…。

 

これなら自然に「好き」って伝えられるかも!

 

「花野井くん、14日の午後って空いてる!?その日……デートしよ!」

 

 

いざ、下見!

バイト先でほたるは雑誌を片手にどんなチョコを作るか考えていた。

 

花野井くん、喜んでくれるかな…??

 

花野井くんの笑顔が浮かび、思わず顔が綻ぶ。

 

「ほたちゃん、手作りするんですか!?すごーい!!」

 

同じバイトの里村さんだ。

 

「初めてだし、種類たくさんあるし、どんなのがいいか迷っちゃって」

 

「それなら、今上の階の展示場でバレンタインフェアやってますよ?試食もできるし、参考になるかも!明日一緒に行きません?」

 

翌日。

 

フェアに行くのは3人。

 

まさか八尾くんも一緒とは…。

 

里村さんがコソッと言った。

 

『男子の意見も大事かと思って!』

 

まぁ…。そうかもだけど。

 

ほたるはさりげなく距離をとった。

 

「一番可愛い自分でチョコ選びしないと!」

 

気合十分の里村さんに、八尾くんが声をかけた。

 

「健気だね。かわいー」

 

ニコッと微笑む。

 

里村さんは真っ赤になって言った。

 

「な、何あの罪作りな16歳は!女の子に簡単に可愛いとか言っちゃうタイプ⁉︎どうせ浴びるほどチョコ貰ってたんでしょ⁉︎」

 

ほたるは思い出したように言った。

 

「そういえば行列は出来てたよね?」

 

「そうか?」

 

「そうだよ、それで自己紹介カード渡せなかったもん」

 

「何だよ、渡せよー。中学3年間連絡取れなかったじゃん!」

 

そのやり取りを見てた里村さんは笑いながら言った。

 

「2人とも仲良いんですねぇ」

 

2人は同時に言った。

「そうなんですよー」と八尾くん。

 

「いや、それほどでも」とほたる。

 

微妙な空気。

 

「と、とにかく食べよっ!試食!ね?」

 

3人はそれぞれ好きなチョコを試食し始めた。

 

「美味しい〜〜」

 

「トロけるぅ」

 

「本当だ、うまいなー」

 

「やっぱチョコは既製品に限るな」

 

その八尾くんの言葉に、2人の女子は一瞬にして固まった。

 

 

手作りは…ダメ?

家に帰り、チョコの材料を前に、ほたるは考えていた。

 

八尾くんの言葉が頭に浮かぶ。

 

『手作りって嬉しいけどちょっと重いっていうか』

 

『俺、一回腹壊した事あるんだよねー。その点、既製品は味も上手いし安全だしさ』

 

そうか、手作りって重いのか…。

 

私、お菓子作り初めてだしなぁ…。

 

花野井くん、たとえマズくても言わないだろなぁ。ガマンして全部食べそう…。

 

うーーーーん……。

 

「やっぱりやめよ!」

 

ほたるは材料を冷蔵庫にしまった。

 

 

2月14日

デート当日。

 

身支度を整え、鏡を見ていたほたるのケータイが鳴った。

 

花野井くんからメールだ。

 

「ごめん!待ち合わせ、1時間遅らせてもいいかな?」

 

珍しいな、花野井くんが遅れるなんて。

 

「まだ、家、だから、大丈夫、だよっと」

 

送信!!

 

結局、ソワソワして落ち着かず、待ち合わせより早く来たほたる。

 

花野井くんはまだ来ない。

 

その時メールが届いた。

 

「ごめん!まだ遅れそう…。家で待ってて?ごめんね!」

 

どうしたんだろう?

 

心配になったほたるは電話をかけた。

 

「あ、もしもし、花野井くん?」

 

「ほたるちゃん!ごめんね、もしかしてもう家出てた?」

 

「うん、それは別にいいんだけど。どうしたの?何かあった?」

 

「ちょっと家が大変な事になって!わっ!」

 

ガシャーン!と、後ろで大きな音がした。

 

「花野井くん⁉︎大丈夫⁉︎」

 

「だ、大丈夫!あと1時間、いや2時間かな、今日中には絶対会いに行くから!」

 

電話が切れた。

 

家が大変って…どういう事だろう?

 

心配だな。

 

それに…チョコ。

 

せめて今日中に渡したいな。

 

家に行ったら、迷惑かな?

 

少し考えて、ほたるは花野井くんの家に向かうことにした。

 

迷惑なら、チョコだけ渡して帰ろう。

 

花野井くんの家に着き、チャイムを鳴らす。

 

「ほたるちゃん⁉︎」

 

「急にごめんね、心配だったから…」

 

「あ、そうだよね、今開けるよ。ちょっと散らかってるんだけど」

 

散らかってる?

 

不思議に思いながら待っていると、ドアが開いて花野井くんが顔を出した。

 

汚れたエプロンに、メガネ姿。

 

「え⁉︎どうしたの⁉︎」

 

家に入るとさらに驚いた。

 

キッチンが…大変なことに。

 

「朝からチョコレートケーキ作ってたんだけど、2回とも失敗して…」

 

「チョコレートケーキ?花野井くんが、どうして?」

 

「最近、俺、自分の不安を押し付けてばかりで…ほたるちゃんを笑顔にしてあげてなかったなって。…俺が作った物で、ほたるちゃんが笑顔になってくれたら、嬉しいだろうなって、思ったんだ…」

 

そう言って花野井くんは微笑んだ。

 

「でも、全然うまくできなくて…。カッコ悪いね」

 

ほたるは花野井くんの手を握った。

 

「そんなコトない!その気持ち、すごく分かるよ!ね、私キッチンの片付け手伝うから。材料買い直して2人で作ろう?」

 

花野井くんは嬉しそうに笑った。

 

2人で話しながらケーキを作る。

 

花野井くんが好き。

 

やっぱり、大好きだなぁ。

 

恋愛のこと、わかんないけど。

 

この気持ちは、絶対本物。

 

作りながら、ふと花野井くんを見た。

 

眼鏡…。学校ではコンタクトだったんだ。

 

エプロンも汚れて、朝から頑張ってくれたんだよね。

 

ほたるは真っ直ぐに花野井くんを見て言った。

 

「花野井くんって…一見なんでも出来るように見えて、出来ない事もあるんだね。出来ない事も、すごい努力してるんだね。……私、花野井くんのそういうとこ、すごく好きだなー…」

 

そこまで言ってハッとした。

 

自然と口から出てた。

 

私、今「好き」って…

 

顔が真っ赤になる。

 

同じように、花野井くんも真っ赤だった。

 

 

告白

ケーキが焼きあがった。

 

部屋中に広まる甘くていい香り。

 

話をしながら焼きあがるのを待っていた2人は、その話の中で、お互いの事をますます知った。

 

「では、いきますっ!」

 

掛け声をかけて、花野井くんがケーキを切る。

 

二層になっていた。

 

「二層だったっけ…?」

 

「こ、これは成功なのかな?失敗なのかな?」

 

「とにかく食べてみよ!」

 

パク。

 

「お……美味しいーーー!!」

 

ほたるが満面の笑みで言った。

 

「ハッピーバレンタインだね!花野井くん!」

 

花野井くんは嬉しそうに笑った。

 

一通り食べた後、ほたるは決心した。

 

バッグからチョコを出して、花野井くんに差し出した。

 

胸が高鳴る。

 

「あ、あのね、2人で作ったのがあるからもういらないかもだけど…これ、渡したくて。…私、花野井くんが好き。花野井くんに、恋してます。」

 

 

 

「花野井くんと恋の病」第12話ネタバレ!

『花野井くんと恋の病』 第12話
『花野井くんと恋の病』 第12話ネタバレ&最新話!花野井くんに告白するほたる

デザートに連載中!   『花野井くんと恋の病』前回(第11話)のあらすじは・・・   高校1年生の冬、隣のクラスのイケメン・花野井くんがフラれる現場を見てしまったほたるは、何気なく ...

続きを見る

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-女性マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2021 All Rights Reserved.