ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~第23話

女性マンガ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~第23話ネタバレ&最新話!弥生の父への手紙

投稿日:2019年1月29日 更新日:

まんが王国連載中。丘上あい先生の漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第23話のネタバレです。

 

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~前回(第22話)のあらすじは・・・

ギルティ ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 分冊版(22)
ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ 第22話ネタバレ&最新話!一真が捨てた元嫁は死んでいた・・・

丘上あい先生の漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第22話のネタバレです。   ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~前回(第21話)のあらすじは・・・   夫・一真の浮気相手が瑠衣 ...

続きを見る

 

偶然再会した高校時代の元彼・秋山が、瑠衣の兄であることが発覚し、爽は、一真と向き合って話し合うことを決意した。そして、瑠衣の共犯者である寺嶋は、一真の元妻・弥生の弟であることが発覚。一真が睦月から呼び出された場所は、弥生の墓前。一真は、そこで初めて弥生が死んでいたことを知ったのだった。

 

無料試し読み(登録不要!2500冊!)をするならマンガ王国

マンガ王国へ行く

▲最新刊を先行配信で読むなら上をタップ▲

スポンサーリンク

 

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~第23話のネタバレ!

 

弥生の想い

爽が一真と睦月の元へ辿り着いた時、睦月は跪く一真にナイフを突き立てていた。

 

「寺嶋…くん…?ねえ…、なにしてるの…。やめて…」

 

爽が近づくと、一真は、「来るな!」と叫んだ。

 

睦月は、目の前の墓で、自分の姉であり一真の元妻の弥生が眠っていること、一真のせいで弥生が死んだことを話した。

 

そして睦月は、一通の手紙を取り出した。

 

「ちょうどよかった。これ読んでください。荻野さん。声に出して」

 

それは、弥生が弥生の父に宛てた手紙だった。

 

そこには、好きな人と結婚して家庭を作ることが唯一の夢であること、大学の頃から片想いしていた一真が父の会社に入社したことを知り、お見合いをしてほしいと頼んだことが書かれていた。

 

 

犠牲の上の幸せは幸せなのか

「…見る目ねえわ。ほんと。あんたが家族捨てて出ていったあと、姉貴は親と絶縁してでも駿を育てるって家を出た。狭いアパートだったけど幸せそうだったのに、何年かしたら姉貴の様子がおかしくなってった」

 

睦月の話を聞いた爽は、「…もしかして、私とカズくんが結婚したせい…?」と問う。

 

睦月は爽に目もくれず話を続けた。

 

「時期的にそうなんじゃない?駿は、一度実家に引き取られて、そのあと環境を変えるために転校したけど、そこでも噂は広まり、学校にも行けず駿は引きこもった。駿は、何度も姉貴のところに行こうとした」

 

爽は、自分たちの幸せが、こんな犠牲の上にあったことを知り、呆然としている。

 

一真はずっと顔面蒼白のままだ。

 

 

睦月の葛藤

そして、睦月は一真を起こし、ナイフを握り直した。

 

「!!やめて!」

 

爽が咄嗟に間に入ると、ナイフは爽の頬をかすめ髪の毛が切れた。

 

一真は睦月に掴みかかるが、睦月も引かない。

 

「返せ…。姉ちゃんを…。駿の人生を…」

 

睦月の鬼気迫る顔を見た一真は、睦月から手を離した。

 

「…弥生が死んだことも、駿の顔すら思い出せないことも、もう…どうしたって詫びようがない。俺を殺して気が済むならそうしてくれ。でも、頼むからこの人だけは傷つけないでほしい。俺のせいでもう充分苦しんだ」

 

一真は爽を抱きしめる。

 

「…今さら夫婦ごっこかよ。じゃあ望み通りにしてやるよ。どのみち俺はもう一生地獄から抜け出せないし」

 

それを聞いた爽は、以前睦月が話していたことを思い出した。

 

「ちがう。あの記事…。高校生の時に読んだって言ってた…。寺嶋くんの言葉は嘘ばっかりだったけど、あの言葉は嘘じゃないよね。あれはきっとお姉さんと駿くんのことだったんだよね…」

 

次第に睦月は、弥生と駿のことを思い出し、爽と弥生を重ねていたことに気付く。

 

「あの時、寺嶋くんは私になにもしなかった。全部、瑠衣に言われてやったんでしょ?瑠衣は私を恨んでる。寺嶋くん…、睦月くんをこんなふうにしたのは、私のせいでもあるの。ごめんね…。一生懸命立ち直ろうとしてたはずなのに…、ごめんね…。お姉さんを助けられなかった自分のことも、もう許してあげて…」

 

睦月は、“やめろ。謝るな。俺を許すな。姉ちゃん”と葛藤し、駿のことを思い起こしてナイフをしまった。

 

そして、「記事は出しますから」と言い残して去って行った。

 

 

別れ

残された爽と一真。一真は、爽を抱きしめ、謝り続けた。

 

「俺は、両親が大嫌いだった。でもそれは弥生と駿を愛さない理由にしちゃいけなかったのに。俺は、全部捨てて逃げたんだ。さーちゃん…、愛してるよ。だから、俺と別れてください…」

 

2人は、抱きしめ合って号泣した。

 

そして、1人タクシーに乗って帰宅した爽を待ち受けていたのは、なんと秋山だった。

 

「おー、やっと帰ってきた。おまえと話しにきた」

 

 

 

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~第24話のネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~第24話ネタバレ&最新話!秋山から話される、瑠衣の過去

まんが王国連載中。丘上あい先生の漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」第24話のネタバレです。   ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~前回(第23話)のあらすじは・・・   睦月か ...

続きを見る

 

 

無料試し読み(登録不要!2500冊!)をするならマンガ王国

マンガ王国へ行く

▲最新刊を先行配信で読むなら上をタップ▲

 

 

-女性マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.