ド級編隊エグゼロス

青年マンガ

「ド級編隊エグゼロス」第25話 ネタバレ&最新話!マジかよ!!消えるレッドのチンコ!

投稿日:2018年11月22日 更新日:

 

 

ド級編隊エグゼロス 第25話 ネタバレ

 

第25話:嵐の前の…

シャワーを浴びる女性。

 

裸足でペタペタと歩く。

 

「ふむ…
大分この身体にも

馴染んできたわね…

……
今日をもって
エグゼロスは解散よ」

 

 

一大事

 

「やるじゃねーか…

エグゼロス…」

「そっちの方こそ…
わざわざ力勝負で

挑んでくるなんて
度胸だけはあるみたいだな」

 

「ま 俺たちにも

いろんな戦法があるってことさ…」

 

 

……?

 

「大丈夫なのだ…!?」

 

「ああ…今終わった所だ」

 

「レット…早くそいつから

離れるのダっ!」

 

 

背後に倒れていた敵の

尻尾から何か刺される。

 

「残念…詰めが甘かった人間…」

 

 

「なんだったんだ…今の…?」

 

「レット…身体は大丈夫なのだ!?」

 

 

「チクっとしただけで特には…

あのキセイ蟲の能力って

一体なんなんだ…?」

 

「そ…それは…」

 

 

!?

 

あれ…

…なんだか下半身に変な感じが…

 

 

ぴょこ

 

レットのパンツの中から

かわいらしい生き物が顔を出し、

地面に降りて走り去っていく。

 

 

!?!?!

 

「奴の名前は通称"ニョタイカ蟲"
刺された雄から男らしさを分離させて
徐々に雌化させる恐ろしいやつなのだ…」

 

「そ…それじゃあ
今逃げてったオコジョみたいのは…」

 

「レットの"男の根源"なのだ」

 

 

確かにない…

 

俺の男の根源が…!

 

「ちなみに早く捕まえて

元の場所に戻さないと

戻れなくなるのだ…」

 

「マジかよ!!(泣)」

 

 

捜索

 

「にしてもそこ行ったんだ…」

 

「匂いだとこっちの方なのだ」

 

 

「わっなんだこいつ…!?」

 

声の聞こえてきた方に向かう。

 

「ったくしょーがねー奴だな…」

 

 

「叢雨…!」

 

「え…烈人…? 奇遇だな」

 

「トーキョー住みがサイタマに

来て奇遇な訳ねーだろ…」

 

「…ちょっと星乃雲母に預けたままの

忘れ物を回収しに来ただけだよ…

 

 

それにしても炎上烈人…
お前ずいぶん髪伸びたんだな…」

 

 

「へ…?」

 

レットは女の子のような

見た目になっている。

 

 

「そっそんなことより
そのオコジョ捕まえて

くれてありがとな
ウチのペットなんだけど

逃げ出しちゃって…」

 

「ああこいつか
人のスカートの中に

逃げ込むなんて

飼い主同様スケベな

奴だったぜ」

 

 

叢雨がオコジョを握り、

フニフニと指でつつく。

 

すると、烈人は自分の根源を

握られたような感覚がした。

 

 

まさか…まだ俺と

感覚が繋がってる…!?

 

 

逃げだすオコジョを追いかける。

 

「まっ…待て…俺の根源っ…!」

 

 

戻す方法

「ふぅ…なんとか捕まえられたな
で チャチャ一体どうすれば

元に戻るんだ?」

 

「さ…最初に言ったのだ…
"元の場所"に戻せば戻るって…

つまり男の根源を元の場所に

挿し込むのだ」

 

「はぁ!?
んなこと出来る訳ねーだろ!!
他の方法は!?」

 

「そう言われても…
早くしないと手遅れになるかも

しれないのだ…?」

 

 

パンツを下ろし、

鏡に自分の身体を映す。

 

胸やお尻が、ずっと

女の子っぽくなっていた。

 

 

いざ戻そうとするが、

触っただけで全身に電撃が

走ったような感覚に力が抜けてしまう。

 

その間にオコジョは

逃げていってしまった。

 

 

お風呂

オコジョを捜していると、

帰ってきた白雪と遭遇する。

 

しかし今の姿を見て

烈人だとは気づかない。

 

 

とっさに妹の緋色だと嘘をつく。

 

なんとか切り抜けようとした時、

下半身にぞわぞわとした感覚が走る。

 

 

その時お風呂では、百花と

雲母がルンバを洗っていた。

 

ルンバにオコジョも紛れていたらしく、

一緒に洗われていたようだ。

 

 

慌ててお風呂場の扉を開ける烈人。

 

濡れてしまったのでみんなで

そのままお風呂に入ることになる。

 

 

百花と雲母の2人がオコジョを洗う。

 

その刺激に耐えられなくなった

烈人は浴槽から飛び出るが、

 

洗顔のチューブを踏んでしまって

3人そろって床に倒れ込む。

 

 

密着した3人の太ももの間に

挟まったオコジョが、
新鮮な空気を吸おうと

もぞもぞと動く。

 

 

そのまま、元の位置に挿っていった。

 

 

ボウンと煙が上がり、
烈人は元の姿に戻っていた。

 

 

「いやああああああっ」

 

 

エグゼロス解散!?

 

「続いてのニュースです
新県知事就任に伴い制定された

条例により初の逮捕者が出ました」

 

 

「皆来てっ…!」

 

本を読みながらニュースを

垂れ流して聞いていた宙が皆を呼ぶ。

 

 

「どうしたんや宙?」

 

「これ見て」

 

 

未成年に公然猥褻を強要した罪で
逮捕された容疑者はサイタマ市役所職員で

地球防衛隊と名乗る謎の課に

配属されていたようです

 

 

ド級編隊エグゼロス 第26話 ネタバレ

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.