漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『デスサイズぷるるん』最新話のネタバレ【1話】漫画家志望のポン太

投稿日:

 さふぁ太先生の『デスサイズぷるるん』はまんがタイムきららフォワード新連載です。

 

『デスサイズぷるるん』のあらすじ

「デスサイズぷるるん」は、マンガ家の卵として出版社に作品を持ち込み続けるも「次のネームを…ラストチャンスとさせてください」「売れる可能性が低い人といつまでも作品作りはできません」と、担当編集者から最後通告をされてしまった男性・浅井ポン太が主役の物語。描く女の子がエロくないという欠点を指摘され、絶望の淵に立つ童貞・ポン太の前に謎の少女が現れる。

引用元:https://natalie.mu/comic/news/329285

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『デスサイズぷるるん』第1話のネタバレ&最新話!

 

漫画家志望の主人公

「残念ですが…このままだと浅井ポン太さんが漫画家として大成するのは難しいです…」

 

そう言われ、【浅井ポン太】と呼ばれる漫画家志望の青年は青くなっていた。

 

編集の【編山】によると、彼の描く女の子はエロくない。そんなキャラを好きになる男の子の気持ちは理解できないと。

 

ポン太はそれでもちゃんと胸を大きく描いたと言うのだが、大きく描いたからといって色気があるというわけではないのだ。大きさ以外にも要素はたくさんある。

 

そして編山は彼にとって痛い所を突く。

 

編山「ポン太さん…童貞ですか?」

 

図星を突かれ、青くなりながら「それが何か関係ありますか…?」と聞いてみると、あるとのこと。

 

ポン太が編山の所に持ち込んでもう4年。その間出した新人賞は全て一次落選。それは編集である編山自身にも責任はあるとの事だが、やはり彼の成長なしでは進めない。

 

彼は感じた事をそのまま原稿に表す事に関してはセンスがある。そこを伸ばして読者の共感を呼ぶ漫画家になればと彼女が担当になった。

 

が、今時キャラがエロくないのは致命的だ。次のネームがラストチャンスだと言われる。とにかくしぬ気で勉強してくださいと。

 

 

いざソープに

ポン太はとぼとぼと帰り道を歩く。

 

ここで見切られたら一体どうすればいいのか。受賞したこともない25歳の人間を拾ってくれる場所など他には…。何かを変えないと、漫画家として大成する夢が始まってないのに終わってしまう――…!!

 

そこでようやくソープについて調べるが、中~高級店は3万~6万円が相場とあった。彼にとっては6万円は大金である。

 

コンビニでお金を引き出すが、6万引き出した後の残高は152円だけだった。

 

と、コンビニからとぼとぼ出ていくポン太を見下ろす女性が一人……。

 

そうしてソープの前に来る。初めては好きな人と決めていたが、そんなの言っていられない。

 

これもエロい女性キャラを描くため…漫画のため…とうとう行く事を決心した…!!

 

が、ガチャについて語る学生と思わしき男子3人が目の前を通り過ぎて行ったので、慌てて通りがかりの人のフリを演じる。そして彼らが見えなくなってから、誰も見てない事を確認する。

 

そう、夢のために、彼は童貞を捨てる!! 女の身体を経験する!!

 

そして取っ手に手を伸ばし――手が震えてしまう。取っ手は掴めなかった。結局何も掴めないというのか…。

 

こんな大金…少年漫画なら100冊以上は買える。今まで漫画しか描いてこなかったし、恋人などできたことがない。

 

現実の女性など知らずとも漫画で魅力的なキャラを描けると思っていた。だがそれではダメという事なのか…?

 

やり直したい―――…人生全部……!!

 

恋人と思わしきカップルがホテルに向かう話をしている。と、少し先をとぼとぼとポン太が歩いている。

 

カップルは「ねえちょっとあの人…!!」「お、おい!! そこのお前!!」とポン太に焦ったように声をかける。ポン太は「女連れにボクの気持ちがわかっ――」と言いかけ、何かに気づく。

 

彼の目の前には大型トラックが迫っていた。

 

 

死神との契約

はじけ飛ぶ原稿と血液。彼は自分がしぬのだという事を理解した。本当…自分の人生は何だったのだろうか。

 

子供の頃『魔法陣ネコドラくん』を読んで夢中になり、自分もそんな漫画を描きたいと思って必死にマンガを描いてきた。

 

だがスタート地点にすら立てていなかった。漫画など描かずに恋人でも作った方が良かったのだろうか。

 

と、誰かが声をかけてきた。ここは天国なのだろうか。

 

「いや違うけど」

 

その娘は先ほど彼をコンビニから見ていた女性だった。それにしても随分きわどい恰好をしている。その娘は彼を浅井ポン太であると確かめると、【プルシア・プルーイット】という死神であると自己紹介する。

 

死神がやる事は一つ、彼の魂を狩る…!!

 

が、今のポン太の魂を狩っても価値はない。死神が位を上げるには、狩られる魂の価値が最も高まったところでその魂を狩る必要がある。

 

プルシアはポン太に「願いはなんじゃ?」と聞く。彼の願いは『漫画家として大成すること』。漫画家となり単行本を出し、日本中の人々に売れ渡ったらいいなと。

 

現在の日本人口は1億2680万人を超える、累計1億2700万部を超える漫画家になる

 

夢をはっきりと数値化して定めた。これで決まりだ。

 

浅井ポン太が持つ1億2700万作家の夢――今より彼女がそれを叶えるパートナーとなる。そしてその夢が叶った瞬間、彼は即しぼうだ。

 

 

 

『デスサイズぷるるん』第2話のネタバレ、最新話

ComingSoon

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.